AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.231 ソチ

kobayashiDR


先週末に引き続き今週末も首都圏には記録的な雪(東北・北海道の方々からすればそれが何か?のレベルですけど)が降りました。相変わらずインフルエンザは警戒レベルで猛威を振るったままですし、コラム読者の皆様方はその後もお元気にお過ごしでしょうか?

先週は週末であったため出勤の方々は比較的少なく交通網も大混乱とはなりませんでしたが、当院スタッフにも見事に帰宅難民となってしまったり、土日であろうとなかろうとこの時季には大学入試や、我々の時代には2月ではなかった(しかも現在のように3日もなく2日間で済んでいた)医師国家試験の受験生もいたり、それはそれで大変な思いをした人はそれなりにいらっしゃったようです。

「何でまた一生に1回の(予定の)国試当日に、よりによって俺の時にまったく・・・」と呟いた医者の卵は沢山いたと思いますが、これから医者に孵化してから待ち受ける試練なんて(公共々)こんなもんではありませんから、グダグダ言わないで早いとこ合格して医者になってしまいなさい!(笑)

それでなくてもシラケきっていた東京都知事選もこの大雪のおかげでめっきり味噌をつけられてしまったようで、投票率もあまり上がらず結局は組織票の勝利となってしまったようです。安倍首相も「2人でオリンピックを成功させたいと思う」なんて言っていましたが、果たしてオリンピック開催の時にどちら様もまだ首相や都知事の椅子に座っている事は出来るのでしょうか?

一方冬季のソチオリンピックも無事開幕しましたが、最後まで悲しい事件(テロ等)が勃発しないことを祈るのみです。「取らぬ狸の・・・メダル数」ではありませんが、どうも期待していたような結果が日本選手団は出せていないようです。ところで羽生結弦君のショートプログラムの音楽(パリの散歩道)が始まると、リンクの上に“セクスィー部長”(ご存じない方はNKHのコント番組で「サラリーマンNEO」をご検索ください)の姿を追い求めてしまうのは私だけでしょうか?(爆)

そこで世間は只今ソチでもちきりなのですが、私も長年かかわっていた精神科救急の臨床の場に於いてはソチと言う言葉を聞くと、十中八九反射的にオリンピックではなく「入院?」となってしまうのです。一般の方々にはナンじゃそれは?だと思いますが、精神科における入院の形態は数種類ございましてその1つに『措置』入院という形態があり、ここで少し精神科の入院に関しての解説をさせて頂きましょう。

まず1つ目が『任意入院』です。これはほぼ普通の身体的疾患で入院される場合と同じと思っていただいて結構かと存じます。つまり医師から入院加療の必要性についての説明を受けて、自分の“意志”で入院を決める形態ですから、もし入院加療の途中で自ら退院を希望すれば自由に退院することが出来ます。

続いて2つ目は『医療保護入院』と言います。これは患者さんに明らかに精神疾患が存在し、国が認めた資格を有する精神保健指定医(もちろん私も資格を有しております)により入院加療が必要であると診断され、尚且つその患者さんの保護者または扶養義務者(ケースによってまちまちですが配偶者だったり親だったりになることが殆どです)がその入院に同意をした場合に成立する入院形態です。ですから患者さん自身の意志は問われませんのでまず患者さん側からすると強制的な入院となります。

そして3つ目にお待たせしました『措置入院』がやってきます。これは患者さん自身に精神疾患がもちろん存在し、精神保健指定医2名による個別の診察が行われます。そしてその症状により自傷他害の恐れが認められるため措置入院が適当であるとする診断が一致した場合に、都道府県知事または政令指定都市の市長がその入院を決めるものであります。

まだ少し違う入院形態もありますが字数の関係と今回はとにかく“ソチ”のお話ですからそのあたりは割愛させて頂いて、その措置入院のお話です。でございますので入院を受ける側といたしましては措置入院と聞くと上記のような手はずを踏んでの事ですから、まあ「それなり」のケースだなとある種の覚悟は持たざるを得ないわけです。

場合によっては傷害絡みの警察沙汰になっている状況や、親族と全くコンタクトが取れず身元もはっきりしなかったり、当然精神症状も“自傷他害の恐れ”ですから落ち着いて疎通をとることも厳しいレベルに達していたりと、加療する側にも通常の入院加療以上に「それなり」の治療に対する自覚と準備と責任を持つことが必要とされるのです。

ですから「ソチ」という言葉を耳にすると、まさにパブロフの犬の如く反射的に身が引き締まり臨戦態勢のような思いに駆り立てられる2014年2月中旬といったところでございました。

 
 

「ソチ」以外にも身が縮こまるようなkeywordは家庭内にはゴロゴロ転がっているのですが・・・。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報