男性妊活 精液検査機器

複数の検査で精子の状態を確認

当クリニックでは複数の検査をすることにより、より精緻な精子の状態を確認することができます。

精液検査は1台の機器による検査か、もしくはマクラーチャンバー(医師の目視)による検査のどちらかでおこなう医療機関が多いようですが、当院の精液検査はLensHook、SQA-Vという2台の専用の機器とマクラーチャンバーを組み合わせた測定をおこないます。
検査機器はメーカーによって計測値に差が生まれるため複数台使用することで誤差をなくすことと、機械では計測しきれない精子の状態を医師の目で確認することにより、より正しい精子の状態を患者さまにお伝えするためです。
またオプション検査で精子クロマチン構造検査(DNAが損傷している精子の割合や核が未熟な精子の割合を測定)や抗酸化力検査(精液中の酸化ストレスへの抵抗力を測定)などもご用意しており、多角的に精子の状態を検査することで、精緻な状態を把握することが可能となります。

LensHooke

最新の精液検査機器。検査結果では実際の精子の動きなどを見ることができ、患者さまの精子の状況をわかりやすく表示。

LensHookeの検査結果(イメージ)

SQA-V

多くの産婦人科でも使用される検査機器。産婦人科での検査のご経験がある方や、今後ご夫婦で産婦人科をご利用する際にデータを共有することが可能です。

SQA-Vの検査レポート(イメージ)

マクラチャンバー

器具の中心に精液を一滴落とし、専門医や培養士など専門のスタッフが顕微鏡で観察しカウント。
精液量・総精子数(1mlあたり)・精子運動率・精子奇形率などを測定します。

マクラチャンバーの検査結果(イメージ)

精子DNA断片化検査(DFI)

DNAが損傷している精子の割合を計測し、DFIという値で表示します。
DNAが損傷している精子や、核が未熟な精子が多いほど、不妊治療における受精率や妊娠率が低く、流産率が高いといわれています。

精子DNA断片化検査の検査結果(イメージ)

酸化ストレス検査

精液中の酸化ストレスへの抵抗力を測定する検査です。
不妊男性では精漿中の抗酸化物質濃度が低く、抗酸化力を高めることでDNA損傷率を軽減するとの報告があります。

その他の検査(精液所見以外の体の健康状態を見るための検査)

超音波検査

精巣・前立腺がんの状態を検査。
精巣の状態・大きさ、精管の状態、前立腺の状態が正常かどうかの判断をします。

超音波検査の画像(イメージ)

血管内皮機能検査(FMD)

健康の基礎となる血管の状態を検査。
不妊や勃起障害の原因ともされる血管内皮細胞の機能障害の傾向を把握することで、より最適な治療の提案につなげます。

診療時間のご案内

休診日

休診日

休診日

休診日

15:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

休診日

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

新CM公開中! 薄毛治療を相談する
WEB予約
電話 03-5539-6191