脱脂術の正式名称は「経結膜的下眼瞼脱脂術(けいけつまくてきかがんけんだっしじゅつ)」といいます。
皮膚を切ることなく、下まぶたの裏側から、目の下のクマの原因となるたるみやふくらみを改善することができます。
施術時間は30分程度、また1回の治療で終了するため、通院のご負担はありません。

目の下のクマの種類と原因 Dark circles

クマを根本的に治すには美容医療(脱脂術や注入治療)が必要になります。
眼窩脂肪の量が多いと、目の下のふくらみが大きくなる傾向があり、年を重ねていくと、強くたるみも出るようになります。

  • 中高年の男性に多い黒クマは、皮膚や眼輪筋により支えきれなくなった眼窩脂肪が、徐々に前方に押し出されてくることで目立つようになります。
    眼窩脂肪によるふくらみやたるみがより強くなってくると、目の下に凹凸ができ、暗く影ができるようになります。

  • 眼窩脂肪の突出には加齢性変化の他に、元々の骨格や遺伝も関係しています。
    眼窩脂肪を支える眼輪筋や眼窩隔膜が経年的にゆるく弱まっていくことで、目の下のふくらみやたるみは強くなっていきます。
    また、目の下のふくらみやたるみができやすい方は、脂肪の防波堤となっている骨の壁が低く、脂肪が手前にこぼれやすくなっているのです。

    脱脂術で適正な量の眼窩脂肪を取り除けば、目の下のふくらみは無くなり、ゆるんだ眼輪筋もハリを取り戻すことで、若々しいお目元にできます。

  • 目の下の眼窩脂肪は内側、中央、外側の3つのコンパートメント(区画)に分かれています。
    局所麻酔を下まぶたに注射し、裏側の結膜(赤い部分)に5-8mmの小切開を行います。患者様のお目元の状態に応じ、この3つのコンパートメントから適切に眼窩脂肪を取り除いていきます。

  • すべての処置を裏側から行うため、お顔に傷は一切できません。なお、切開した結膜は数日で自然治癒するため縫合は不要ですので、抜糸のご負担もありません。
    施術は30分ほど。静脈麻酔を併用することで、ほぼお休みいただいているようなリラックスした状態で施術を終了します。
    Dクリニック東京プラスでは、外科的手技に精通した美容外科医師が施術を行うため、美しい仕上がりになることはもちろんのこと。術後の腫れや内出血も最小限にできることが特長です。

Dクリニック東京PLUSの3つのPOINT

  • POINT1

    男性専用だから安心

    Dクリニック東京PLUSは、男性専用の美容クリニックです。
    脱脂術の診察は男性医師が診療を担当します。経験豊富な看護師やスタッフが、患者様に寄り添った対応をいたします。

  • POINT2

    安心価格

    Dクリニック東京PLUSは、高品質な医療を低価格でご提供します。
    治療中の麻酔代や治療後に必要な薬代も、すべて含まれた料金となっています。また、初回料金と2回目以降で大きく価格が上がることもありません。価格はWEBサイトに掲載されている費用のみです。

  • POINT3

    無理な営業はゼロ

    お客様の希望しない施術や商品などへの無理な営業は一切行いません。
    また、じっくり検討されたい場合は、診察後に一度お帰りいただき、後日再予約をしていただくことも可能です。

料金 Price

※ 施術中の痛み止めとして用いる局所麻酔は、上記価格に含まれています。
※ 静脈麻酔代別途 49,500円(税込)

治療の流れ Flow

よくある質問 Q&A

  • 目の下のたるみ取りの手術後はいつから仕事ができますか?

    翌日から可能ですが、目の周辺は腫れやすい方もいるため、接客業などの方はお休みを取っていただいた方が安心です。

  • 当日は車の運転はできますか?

    脱脂術の当日は自動車や自転車の運転は控えてください。

  • 後日、再来院して抜糸は必要ですか?

    縫合を行わないため、後日の抜糸はありません。切開したまぶたの裏側(結膜)は数日で自然に治癒していきます。

  • 脱脂術の効果はどのくらい継続しますか?

    脱脂術の完成は約1か月後になり、持続効果は半永久的です。

  • 脂肪の量や取り出すコンパートメント(区画)の数により費用は変わりますか?

    変わりません。Dクリニック東京プラスでは一律料金で3つのコンパートメントから適切に脱脂術を行います。

  • 下眼瞼脱脂術の傷痕は残りますか?

    残りません。別名「切らない脱脂術」とも呼ばれており、下まぶたの裏側から小切開し、表面は切開しないため、傷痕は残りません。

新CM公開中! 薄毛治療を相談する
WEB予約
電話 03-5539-6191