03-5224-5551(代表)onmousedown=

診療時間

  • 金曜日 14:00 ~ 19:00(毎週)
  • 土曜日 9:30 ~ 19:00
        (第1・3・5土曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性妊活外来 > 男性不妊の原因~不妊になりやすい人の特徴~

男性不妊の原因~不妊になりやすい人の特徴~

男性不妊の原因になる生活習慣をまとました。これから結婚・妊活を予定している方はぜひお読みいただき、不妊になる要因を減らす心がけをしましょう。

男性不妊の原因とは

男性不妊の原因には大きく分けて先天性のものと後天性のものがあります。先天性の男性不妊の原因は、さまざまな遺伝的要因や、発育段階で受けた影響などにより性機能不全になるものです。性機能不全には、勃起障害(ED、勃起の状態や持続時間が不十分で性行為が行えない又は不十分な状態)、早漏(射精が早期に生じ、性行為に満足を得られない)、オルガスム障害・遅漏(オルガスムに達しない、又は時間がかかりすぎ、射精困難で満足が得られない)などが挙げられます。また、後天性の原因については、ストレス、アルコール、喫煙、肥満・糖尿病、病気や薬の影響、精巣の損傷もしくは機能障害などがあります。

先天性の要因

クラインフェルター症候群

染色体の異常により生じるものです。先天的な性染色体の異常が原因となり、ホルモンの不均衡が生じます。

先天性精管欠損

生まれつき精管が備わっておらず、精子が精巣内に閉じこめられた状態のことを言います。

後天性の要因

飲酒

日常的な過度な飲酒により体内からアルコールが抜けないような状態では、精子が正常に形成されません。奇形の精子やアルコールに酔った状態の精子ができてしまうことになり、不妊の原因になります。

喫煙

喫煙は精子の数を減少させ、頭がないなどの精子の奇形、運動能力の低下につながって、不妊の原因になります。また、仮に受精しても胎児に異常をきたして流産や先天性奇形などの原因にもなります。

生活習慣からみる「不妊になりやすい人」の特徴とは

男性不妊リスクを上げる生活習慣を挙げてみました

①喫煙

「百害あって一利なし」というタバコは、男性不妊の原因にもなります。実際に喫煙者は非喫煙者に比べて精子量が10~17%減少、精子の運動量減少などという結果も出ています。

②飲酒

アルコールを分解する酵素というものがあるのですが、それは精巣内にあります。過度なアルコール摂取により、アルコールを分解する際にできるアセトアルデヒドという毒性の高い物質が精巣内で増えてしまい、精子を作る力を減退させてしまいます。

③野菜不足(ビタミン不足)

精子は活性酸素の攻撃を受けやすいため、活性酸素に対抗するビタミンが不足することも不妊の原因となります。活性酸素を消去する働きのある抗酸化ビタミンを緑黄色野菜や果物から積極的にとるようにしましょう。ビタミンEは脂質を主成分とする細胞膜内にとどまって酸化を防いでくれますし、ビタミンCは細胞内で活性酸素を消す働きをします。

④コレステロール不足

生活習慣病の原因になるなど悪いイメージのあるコレステロールですが、不妊を避けるためにはある程度のコレステロールが必要とされています。コレステロールは女性ホルモンや男性ホルモンの原料であるため、コレステロールが少ないと月経、排卵が不規則になり、男性にいたっては精子が未熟になってしまいます。不妊症の人には、やせている、肉をあまり食べないなど低コレステロールの傾向もみられます。コレステロールは高くても低くても妊活に関しては影響を与えます。

⑤疲労・ストレス

現代人とは切っても切り離せない疲労やストレスも男性不妊の原因とされています。疲労やストレスが、男性ホルモンのテストステロンの分泌量を低下させ、性欲の減退や精子数減少、精子の運動量低下などを引き起こします。

⑥肥満

肥満の程度を示す数値であるBMI。そのBMIが高いほど正常な精子数や精子の量が少なかったという実験の結果があります。原因に、精巣の周囲の過剰な脂肪による加熱や、肥満によるホルモン値の変化などがあげられています。とはいえ、逆に過度のダイエットも男性不妊の原因にもなります。食べることもダイエットも、適度を心がけることが大切です。

メンズヘルスクリニック東京は、婦人科での不妊治療やブライダルチェックをためらっている方のための
男性妊活外来を設立しております。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

婦人科での不妊治療やブライダルチェックをためらっている方は、当院にお問い合わせください。
日本生殖医学会認定の専門医が適切なアドバイスをし、安心で安全な治療やアドバイスをご提供、ご提案します。

PAGE TOP

男性妊活外来