AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.030 パスポート

読者の皆様の中にも、既に夏休みの計画を立てていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?国内外を問わず、北へ南へと色々な場所で素敵な夏の思い出を作ってくださいね。この夏、ひょんな所でばったりと僕と出会うことがあるかもしれませんが、絶対に道は聞かないでください。(ここで笑えない人はコラム2回前がとんでます!)

海外にお出かけになる皆さんは当然パスポートなるものが必携になります。最近アメリカでは入国時に指紋押捺までさせられてしまうようで、あの旅券の顔写真そのものが、いかに意味を為さなくなっているかがわかります。そうは言っても「こんな写り方では申請できません」というパターンはやはりあるようです。

そこで、先日診療中に「パスポートの写真でカツラの装着はしても良いのか?」という疑問を投げかけられました。当然髪の毛の治療中の患者さんには、治療効果が自覚できて安心できるまではカツラを併用しながらの加療継続を余儀なくされる人も少なくありません。しかし本人である事をきちんと証明する写真である以上、カツラは変装行為になってしまうのではなかろうか?という率直な疑問です。もちろん主治医としていい加減な返答は出来ませんので、診察を中断して、しましたよ、電話を、都庁のパスポートを申請する担当の方に!ピッ、ポッ、パッ、ポッ、パッ。プルルルル〜、プルルルル〜。ガチャ。

「はい、こちら東京都生活文化局旅券課の担当××でございます」

「お忙しいところ大変申し訳ございません。あの〜私、臨床の現場で髪の毛の治療を行っております医師の小林と申しますが、パスポートの写真のことでお伺いいたします」

「はいどうぞ」

「パスポートの写真として不適当な例として、“サングラスを掛け人物を特定できないもの”とか、“幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れているもの”とかは提示されているのですが、髪の毛の治療の経過上において“カツラ”を装着している人はどのような写真を提出するべきなのでしょうか?」

「はい↑?(イントネーション的に“い”が上がって↑しまう感じの言い方です)」

「おそらく不適当な写真とは、本人を正確に同定できないようなものをさしているのだと思いますが、そう理解してよろしいですよね」

「え、ええ、はいそうです」

「そこで変装用とは言いませんが、日常生活上装着しているタイプのものでは、過去にその写真で申請が承諾された例はあるのですか?」

「一口にカツラと言われましても様々なタイプがございますから、直接ご本人に来ていただいてからでないと・・・・」

「ですから、お聞きしたいのは過去にこの様なケースで申請が通った事があるかどうかをお尋ねしているのですがぁ!」

「そういったことは、直接ご本人様に来ていただいた上で担当の者とお会いいただいた上でですね、・・・・」

(ブチッ、と切れた音。って、電話が切れたのではなく私が切れた音)

「だ〜か〜ら〜、私の患者さんが今どうかではなくて、過去のケースでの確認をしているんですけど!!」

「個々によりまして様々な場合が想定されますので・・・」

「分かりました!じゃあ、それが適切かどうかは誰の権限で決定してるんですかっ!!!」

「受付担当の係官です」

「・・・・・・(しばし沈黙)先ほど申しましたように、私は薄くなってしまった髪を蘇らせる治療を現在行っておりますが、それでは10年間有効なパスポートの場合、申請時とその10年後では、“すっかり別人のように”髪が薄くなってしまう方も決して少なくはないと思いますが、それはそれでそのパスポートは有効なのですね!」

「それは出入国の審査官の判断により・・・・」

(ブチ、ブチ、ブチッ、と沢山切れた音。もちろん私が!)

「分かりました。どうもお忙しいところ、御丁寧にありがとうございました」

(ガチャン!これは電話が切れた音)

つまり、下手に「大丈夫です」の一言を言ってしまおうものなら、後日テロリストが変装用のカツラで登場して、「あの時、担当の××さんがカツラでも大丈夫と言った!」などと言い張られてしまう事など“絶対”ないように、自分の発言に最終的な責任を“絶対”持たせないという、まさにこれぞ『究極のお役所的対応の模範』ともいえるやりとりでございました。う〜〜〜ん、ご立派。敵ながらアッパレ!そんな感じですね。まあ前回も指摘しちゃいましたが、その公務員の頂点である日本国首相(と、私は思っておりますが)からして、“絶対”責任を持とうとしない発言を繰り返している国ですからね〜。

おっと、勿論、診療現場では、私自身の発言には“絶対的な”責任を持って患者さんに対応しているつもりでございます。キッパリ!

 

でも家庭内での発言は・・・ここ最近はチョッと自信喪失の感は否めません。ヤッパリ! 

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報