03-5224-5551(代表)onmousedown=

診察予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約

診療時間

  • 水曜日 14:00 ~ 19:00
        (第2・4水曜)
  • 木曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • 金曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • 土曜日 9:30 ~ 19:00
        (第1・3・5土曜)
  • 日曜日 9:30 ~ 18:00
        (第1・3・5日曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。
  • ※初診は午前のみの受付となります。
  • (レノーヴァを除く)
  • 木曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性更年期専門外来 > テストステロン > テストステロンとは?~男性ホルモンの基礎知識~

テストステロンとは?~男性ホルモンの基礎知識~

男性ホルモンのひとつである「テストステロン」とは何か?基礎知識・メカニズムを詳しく説明していきます。

テストステロンとは?―男性ホルモンのメカニズム-

男性ホルモンは筋肉や骨の形成を促し、生殖機能にも大きな役割を果たす大切なホルモンで日々のバイタリティーやモチベーション、心身の健康維持にも重要な役割を担っているものです。男性ホルモンはといえば「テストステロン」となる方が多いかもしれませんが、実は数々の種類がありそれぞれがスムーズに働くことで本来の力を発揮します。その中でも重要な位置に立つ3種を今回お話していきます。

男性ホルモンの種類

テストステロン 精巣でつくられ、最も分泌量が多く強い作用をもちます。男性ホルモンの影響といわれるものは、ほぼテストステロンの影響といっても過言ではありません。ご存知の通り、骨格や筋肉などを強化してたくましい肉体を形成し生殖機能を向上させることで有名です。他にはストレス処理を促し精神の安定を保つことや「幸福感」 をもたらすドーパミンの産生。集中力、記憶力の向上。また身体面でも血管を若く保つ働きをもち生活習慣病のリスクを下げたりとを心身の健康に関わる重要なもの
デヒドロエピアンドロステロン 副腎でつくられ、ホルモンの母ともいわれており、テストステロンやプロゲステロンという男性ホルモン、女性ホルモンだけでなく様々なホルモンへ変換されていきます。1番の働きとしては抗酸化作用。免疫機能を助けストレスと戦いサビない身体を保ちます。それはがんの抑制をはじめ様々な病気の予防につながります。免疫力が上がることで記憶力の改善や活力の向上が望め、まさにアンチエイジングのホルモンといえるでしょう。ただ、年齢ととも分泌量は低下して新たに作り出されることはなく、男性は40代、女性は20代を境に減っていくといわれています
アンドロステンジオン 副腎、性腺でつくられる性ホルモンの前駆体でありご存知テストステロンや女性ホルモンのエストロゲンに変換されるもの。 筋肉増強に強い効果を現すものの、女性にとっては嬉しい効果を与えるエストロゲンの働きで、男性の場合乳房の肥大化など女性化現象を与えることがある

男性ホルモン分泌のメカニズム

脳の視床下部から、様々なホルモンの働きをコントロールする下垂体に性腺刺激ホルモン分泌の指令が出ます。その後下垂体が性腺刺激ホルモンを「精巣」に送り出し男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。もうひとつは副腎から分泌されるもので、同じように脳の視床下部からの指令で下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが「副腎」に働きかけ、男性ホルモンを分泌していきます。

健康長寿のためにもテストステロンは多い方がいい

近年の研究で、テストステロンが高いと脳梗塞や心筋梗塞、がんなどの病気になる割合が低くなるという報告があります。これはアメリカの大学の研究結果で脳梗塞や心筋梗塞は5割、がんは3割少なくなると出たようです。反対に低いと心筋梗塞の発症率が4倍も上がるという報告も上がっています。これはテストステロンの血管を若く保つ作用や免疫機能のアップ、抗酸化作用が関係しているのでしょう。 また、テストステロン低下によりやる気の減退や集中力低下、感情のコントロールが難しくなることで精神的な障害も生じさせてしまいます。実際にうつ病になり易いことも分かっており、心身の健康維持にテストステロンは重要な役割を担っていると認識させられます。

自分のテストステロン量を知るには

男性ホルモンを中心とした血液検査で計測することが可能です。また幅広いお悩みに対応するために、希望であれば身体的・精神的・性的の側面からアプロした検査も行うことが可能です。血液検査にプラスして血管年齢や超音波での骨密度の検査、睡眠時の勃起力の測定など。多方面から原因を追及していきます。「なんだか調子が悪い…」原因が予想出来ず、何科にかかれば良いのか迷う方もいらっしゃるかもしれません。男性更年期、男性特有のお悩みを専門としたクリニックであれば総合的なサポートができるため、どことなく感じていた不調を改善へと向かわせることができるでしょう。

メンズヘルスクリニック東京では男性の心身のお悩みをサポートする男性更年期専門外来を開設しています。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

男性の更年期はまだまだ認知されているとは言い難い状況です。
もし男性更年期(LOH症候群)と疑わしい症状を自覚したら、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP

男性更年期専門外来