03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

脱毛症について

脱毛症の原因

男性
ホルモン
男性ホルモン(テストステロン)はひげや胸毛など体毛の成長を促進させますが、髪にとっては逆です。テストステロンは毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛根細胞を萎縮させるため、髪の成長は止まり早く抜け落ちてしまいます。
遺伝 遺伝的要素は薄毛に大きく関係しているということが分かっています。
男性ホルモンに対する感受性は母方からの遺伝による影響が大きいと報告されています。
ストレス あらゆる病気に悪影響をあたえるストレス。薄毛に関してもそれは同じです。
ストレスが自立神経やホルモンのバランスを乱し、血流が悪化します。
それによって毛根に栄養分を十分運べないことが最終的に抜け毛につながると考えられています。
食事・
生活習慣
髪も健康を保つには栄養が必要です。
不規則な生活や偏った食事などの生活が続くことは髪の成長に決して良いとは言えません。たばこのニコチンは血流を悪化させるため、薄毛になる一因となります。

脱毛症の種類

脱毛症は大きく2種類に分類されます。
髪が成長途中で抜けてしまう『成長期脱毛』、代表的なものに円形脱毛症があります。これに対して、成長期の髪が休止期に移行して抜けるものが『休止期脱毛』で、代表的なものがAGA(男性型脱毛症)です。

休止期脱毛

AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)

男性にみられる最も多い脱毛症
一般的に思春期以降に額の生え際や頭頂部の毛髪のどちらか一方、または双方から薄くなり進行するのが特徴。
硬毛の軟毛化が引き起こされ、毛が細く短くなります(毛髪のミニチュア化)。

AGA(男性型脱毛症)

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

マラセチア菌という常在真菌が増殖し皮膚に炎症を起こし、フケやかゆみといった症状を引き起こします。そしてその炎症が悪化してしまうと毛髪の毛穴にまで波及して毛穴が毛根を保持できなくなり、脱毛を引き起こす原因となります。

脂漏性皮膚炎

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠とは、いわゆるフケのことで、乾燥したフケが毛穴をふさぎ毛髪の成長を妨げたり、頭皮が炎症を起こして脱毛を促進させる状態をいいます。

粃糠(ひこう)性脱毛症

ダイエットによる脱毛症

毛はケラチンとたんぱく質からできており、毛を作るためには十分な栄養が必要です。過度なダイエットによりたんぱく質が不足すると、髪のツヤが無くなり細い毛になる恐れやびまん性の脱毛(頭部全体が均等に脱毛)が起きたりすることがあります。

成長期脱毛

円形脱毛症

円形脱毛症

自己免疫機能と関係が深いことがわかってきており、何の前ぶれもなく突然、髪が円形や不整形に抜けてしまいます。老若男女問わず誰にでも起こる脱毛症です。

円形脱毛症

薬剤性脱毛症

抗がん剤など、薬の副作用によって脱毛することがあります。
抗がん剤は、がん細胞の分裂を抑えることにより、がんを治療するため、細胞分裂の活発な毛母細胞も影響を受け、毛根が萎縮した状態となり、成長期の髪が脱毛します。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。