03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP > 抜け毛 > ジヒドロテストステロンとは?AGAの原因を知って薄毛をストップ!

ジヒドロテストステロンとは?AGAの原因を知って薄毛をストップ!

AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)だと考えられています。あまり見慣れない名前かもしれませんが、男性ホルモンの一種で、AGAの専門外来ではジヒドロテストステロンの生成を阻害する薬などを使用して治療を行います。
今回は、ジヒドロテストステロンとAGA治療、さらにジヒドロテストステロンの生成を抑制する生活習慣について解説します。

ジヒドロテストステロンとAGAにどんな関係があるの?

ジヒドロテストステロンとはどんな物質なのでしょうか。ジヒドロテストステロンとAGAの関係について説明します。

●ジヒドロテストステロンとは

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンの「テストステロン」に5αリダクターゼという還元酵素が結びつくことで生成されます。
テストステロンとは、男性を男性らしくする働きのあるホルモンで、筋肉や骨格を形成したり、ヒゲや体毛の成長を促す作用があります。また、精子の生成や性欲など男性の生殖機能を増進させる働きをします。

しかし、テストステロンがジヒドロテストステロンに姿を変えると、髪の毛を作り出す作用のある毛母細胞の働きを低下させて、AGAを引き起こします。

髪の毛は成長して抜けて、また新しく生えるというヘアサイクルが正しく繰り返されることで、薄毛にならずにふさふさとした状態を維持できます。ジヒドロテストステロンが増えると、このヘアサイクルに悪影響を与え、太くて丈夫な髪の毛に育たないまま抜け落ちたり、新しい髪の毛が生えにくくなったりして薄毛になります。

つまり、ジヒドロテストステロンが生成されないようにすることで、AGAに対する治療ができるということです。
ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼという還元酵素がなければ生成されないので、5αリダクターゼの作用を抑制することが治療の狙いです。

●ジヒドロテストステロンの重要な働き

ジヒドロテストステロンは、男の胎児が生殖器を発達させるときに必要なホルモンです。その一方で、思春期以降の男性には、AGAのほかに前立腺肥大やニキビなどの原因となります。

ジヒドロテストステロンの生成を抑制するAGA治療

AGAの治療は、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する治療薬が使われます。それぞれの薬について詳しくお伝えします。

●AGA治療薬の主な種類

1.フィナステリド
フィナステリドは5αリダクターゼを抑制し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを阻害する働きがあります。
フィナステリドを主成分にする治療薬に「プロペシア」があります。プロペシアは、アメリカのメルク社が開発した内服薬です。プロペシアにはフィナステリドが0.2mgと1mg配合された2種類の製品(錠剤)があります。
ドラッグストアなどでは販売されておらず、医師の処方が必要です。
完全に髪の毛がなくなってからではなく、抜け毛や薄毛が気になり始めたら、早めにAGAの専門外来を受診して治療を開始することで、より効果が期待できます。

2.ミノキシジル
ミノキシジルはアメリカで血管拡張薬として開発されたもので、その後、脱毛症に効果があることがわかり、AGA治療薬として使われるようになりました。
海外では「ロゲイン」、日本では「リアップ」という商品名で販売されており、ドラッグストアなどで購入できます。
ただし、市販薬は濃度が決まっていますが、AGAの専門外来では、患者それぞれの症状に合わせた濃度のミノキシジルが処方されます。

ミノキシジルは頭皮に直接塗布して使う外用薬です。頭皮に塗ると、ヘアサイクル休止期の毛包に直接作用して発毛を促進したり、成長期の毛包を大きく成長させて、健康な髪に育てる効果があります。

3.デュタステリド
ジヒドロテストステロンの生成に関与する5αリダクターゼには、I型とII型があります。フィナステリドがII型の働きしか抑えられないのに対して、デュタステリドはI型とII型の両方の型に対応します。
そのため、フィナステリドよりもデュタステリドのほうがジヒドロテストステロンの生成をより強く抑え、AGA治療に高い効果を示します。
デュタステリドは「ザガーロ」という商品名の内服薬で、医師の処方が必要です。イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発し、日本では2016年6月から販売開始された新しい治療薬です。ザガーロにはデュタステリドが0.1mgと0.5mg配合された2種類があります。

アメリカ皮膚科学会の臨床試験データによると、デュタステリドはII型に対してフィナステリドの3倍、I型に対しては100倍以上働きを抑える効果があると報告されています。また、ザガーロ0.5mgはプロペシア1mgの 約1.6倍の発毛効果があるという報告もあります。

ジヒドロテストステロンの生成を抑制する生活習慣

AGA治療薬の使用と並行させて生活習慣を改善することも大切です。どのように改善すべきか、具体的にお伝えします。

●食生活を改善する

栄養バランスがとれた食事を心がけ、動物性脂肪の多いファストフードは避けましょう。バランスの良い食事として知られる「まごわやさしい」を目安にすると、日頃の食生活に欠けている点を理解できて、改善しやすいでしょう。
さらに「肉・卵・乳製品」といった動物性タンパク質を適度に取るようにすると、健康な髪の成長に効果的です。

ま:豆類
ご:ごま
わ:わかめなどの海藻類
や:野菜
さ:魚
し:しいたけ
い:いも類

髪の毛は、タンパク質の一種「ケラチン」が主成分です。ケラチンを作り出すのに欠かせないのが亜鉛です。亜鉛にはジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制する効果もあるといわれます。
亜鉛は牡蠣、レバー、カニ、しじみ、うなぎ、ニシンなどに多く含まれています。

ビタミンも大切です。中でもビタミンB2やB6が頭皮に行き渡れば、毛母細胞の分裂が活性化し髪の毛の成長に役立ちます。
ビタミンB2はレバーに、B6はニンニクやマグロ、カツオ、レバー、ナッツ類に多く含まれています。

ほかには、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンの摂取もおすすめです。イソフラボンには、5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるといわれます。
イソフラボンは納豆、豆腐、豆乳、みそ、しょう油、きなこなどに多く含まれます。

●嗜好品を控える

タバコやお酒などの嗜好品もできるだけ控えたほうが良いでしょう。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、頭皮の血行に悪影響を及ぼすことが考えられます。また、タバコを吸うことで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果のある亜鉛を必要以上に消費します。

お酒も適量なら大丈夫ですが、飲みすぎると、アセトアルデヒドという有害物質が二日酔いなどの症状を起こします。アセトアルデヒドは、ジヒドロテストステロンを増やす働きがあるとされ、AGAを進行させる可能性があります。

●十分な睡眠時間を確保する

髪の毛は寝ている間に成長します。それは就寝中に成長ホルモンが分泌されるからで、眠ってから3時間を過ぎた頃の眠りの深い時間帯に髪の毛が作られるといわれます。

不規則な生活をすると、眠りが浅くなり、成長ホルモンの分泌が阻害されるおそれがあります。規則正しい生活を心がけ、良質な睡眠を取るとともに、できれば6~8時間くらいの睡眠時間を確保しましょう。

●適度な運動をする

ストレスがたまると、自律神経に影響を及ぼし、血行や新陳代謝の機能が低下するといわれます。その結果、髪の成長に必要な栄養分が毛根に届かず、薄毛の原因となります。
適度な運動はストレスの発散に効果的で、血行を良くします。ウォーキングやストレッチなどを毎日の生活習慣に取り入れると良いでしょう。

AGAの原因はジヒドロテストステロン。専門外来で治療を始めよう

AGAの主な原因はジヒドロテストステロンであり、治療にはジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果のある薬を使用します。治療効果は人それぞれですが、AGAは決して治せないものではありません。そのためには、薄毛が気になり始めたらなるべく早い時期に専門外来を受診することが大切です。早めに治療を開始すれば、それだけ効果も出やすくなるでしょう。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。