03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > AGA治療 > 薄毛(うす毛)と薄毛治療

薄毛と薄毛治療

成功する薄毛治療の進め方

第一に、薄毛治療では「自分の状態を知ること」が最重要と言われます。
薄毛・抜け毛の原因は幅広く症状の個人差も大きいため、ピッタリ合う対策でなければ効果が出ないからです。「皮膚に原因がある薄毛」とAGAのように「男性ホルモンが原因の薄毛」では治療内容が異なるのは明白です。貴重な時間・費用をムダにしないためにも、《原因を特定すること》が何より大切な薄毛治療の第一歩です。頭髪の専門医師が在籍する病院で、適切なカウンセリングと検査を受けましょう。

次に、具体的な治療方針を考えます。
薄毛治療には、大きく分けて2種類あります。抜け毛をストップさせ薄毛の進行を抑える《ディフェンス治療》と、発毛を促進させる《オフェンス治療》です。まだ薄毛が初期の患者様では、《ディフェンス治療》での現状維持で十分な方もいらっしゃいます。また、「もっと髪の毛を増やしたい」と《オフェンス治療》を希望される方もいらっしゃいます。

よく“薄毛治療にはゴールがない”と言われることがあるようですが…実際には“ゴールがない”のではなく、「どうなりたいか」「どこまで治療するか」自分で設定できるのが薄毛治療と言えます。患者様一人ひとりちがう「なりたいイメージ」と時間・費用のバランスを専門医師と話し合い、薄毛の治療方針を決めていきましょう。

現在、皮膚科などの一般病院でも薄毛治療は行われています。が、上記でお伝えした細やかな診療・ケアが可能な《頭髪の専門医師》は在籍していないケースがほとんどです。
薄毛治療は個人差が大きく、正確なカウンセリングや患者様に合わせた治療プラン作りには高い専門性が必要です。
東京で薄毛治療をする病院は数多いですが、せっかく治療するのであれば、まずは薄毛治療の専門病院でカウンセリングを受けてみてください。近年こうした専門病院では、発毛効果が見られる症例がほとんどとなっています。

薄毛・抜け毛の原因

加齢による薄毛・抜け毛(進行性)

年をとるにつれ毛母細胞の活動性が低下し、髪がやせてハリやコシが無くなっていきます。

男性型脱毛症(進行するもの)

遺伝的な要素と男性ホルモンの変動が重要な関わりを持つと考えられ、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素によって変換され、ジヒドロテストステロンが作られると、毛乳頭が委縮し毛母細胞の成長が抑制され軟毛化が進み、薄毛が目立つようになります。

ストレス

ストレスは身体を緊張状態にして血行不良の原因にもなり、毛細血管の血流を妨げ、毛髪を作る毛乳頭や毛母細胞に十分な栄養が与えられなくなり、毛髪の成長を阻害します。

自己免疫疾患

円形脱毛症はストレスが原因といわれることが多いと思いますが、医学的根拠は無く、最近では自己免疫疾患の一種という見方が有力の様です。

その他に薬剤性の脱毛やヘアケアのダメージによるものなど多数ありますので、気になるようであれば当院にご相談ください。

薄毛対策・薄毛治療の最前線‐遺伝子診断技術を用いた
フィナステリド効果判定と薄毛治療の未来

薄毛は生活習慣の乱れや遺伝的影響によって起こると考えられています。現在、最大の原因として考えられているのが、テストステロン、即ち男性ホルモンが原因で起こる薄毛です。男性ホルモンは、5αリダクターゼという酵素の働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変換され、このDHTが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、発毛を抑制する働きをしてしまうのです。男性ホルモンが原因で起きる「男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)」を、AGAと呼びます。

AGAの治療はプロペシアが中心

このAGAは最近、薬物により治療することが一般的になっています。治療に使われるのはプロペシア(メルク社商品名)などフィナステリドを主成分とする医薬品です。これらの医薬品は医師の管理の下、適正に投薬されるのが基本です。効果的に発毛を促す為には、投薬のタイミングや投薬量などにも注意を払う必要があるからです。

遺伝子診断技術を用いたフィナステリド効果判定に関する研究発表

オーストラリア、ケアンズで平成22年に開催された第6回国際毛髪研究学会(6th World Congress for Hair Research)において、『日本人におけるアンドロゲンレセプターの遺伝子多型および血清中のホルモン測定とフィナステリドの効果判定』と題する注目すべき研究発表がありました。

アンドロゲンレセプター(AR)遺伝子のリピート配列長が短い人は男性型脱毛症になりやすい

プロペシアなどフィナステリドを主成分とする薬物を用いた薄毛治療は、有効性の確認まで、大体6カ月以上の治療期間が必要とされています。何故なら、多様な薄毛の原因がある中で、フィナステリドの効果が期待されるのは、特にAGAに対する治療であり、中でもAR遺伝子の3塩基リピート配列長が短いという遺伝的特徴を持つ人に対しては更に顕著な効果があるからです。一般的な薄毛治療では、遺伝子診断まで行っていないため、フィナステリドに顕著な効果が期待できるのか予測は難しく、効果を見ながら治療を進める必要があります。

AR遺伝子のリピート配列長が短い人は、フィナステリド投与によりDHT量が減少する

この研究の発表者らによれば、AR遺伝子のリピート配列長が短い人は長い人と比較して、フィナステリド投与によりDHT量が減少するという事実が知られているそうです。そこで、AR遺伝子のリピート配列長と血液中のDHT量を調べ、更に脱毛症を診断する方法として知られるLee分類とHamilton-Norwood分類を組み合わせた独自の診断基準を用いたところ、フィナステリドの有効性診断を僅か1~2カ月で行えるようになったとのことです。

遺伝子診断の薄毛治療への応用

私たちは、両親から受け継いだ固有の遺伝子配列、先天的な「体質」を持っています。今や予め遺伝子を調べることで癌や白血病に罹患する可能性さえ診断できる時代になりました。薄毛になりやすい体質も、予め知ることが出来る時代になってきました。現在、AGA治療は発症してからの治療が主ですが、急速に進む遺伝子診断が、更に確立されたものとなれば、薄毛になる前にプロペシアを投与するなど、AGA治療の予防的な展開も可能となるかも知れません。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

薄毛(うす毛)になる原因、薄毛治療の最前線について解説。薄毛にお悩みでしたら、薄毛治療専門病院での治療をおすすめします。薄毛の原因は個人個人で違います。それぞれの症状にあわせた薄毛治療を行うことで、効果的に治療をおこなうことができます。

薄毛(うす毛)・薄毛治療について