03-5224-5551 (代表)

初診来院予約はこちら 医師による診察初診来院予約

健康と見た目のマネジメント

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

火曜日 :  10:00 〜 14:00
15:00 〜 18:00 ※1
水曜日 :  13:00 〜 18:00 ※1
木曜日 :  10:00 〜 17:00
15:00 〜 18:00 ※1
金曜日 :  10:00 〜 13:30
15:00 〜 18:00 ※1
土曜日 :  10:00 〜 14:30 ※2

※1 川島眞特別外来
※2 第2・4・5土曜のみ

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

Dクリニック東京 メンズ  > 代表的な皮膚の症状と治療法  > 代表的な治療法

代表的な治療法

Qスイッチルビーレーザー

ルビーを通過してくる694nmの単一波長の光線を非常に短い時間で発振できる装置で、この波長が選択的に吸収されるメラニン色素を有する細胞のみで熱エネルギーに変換され、それが短時間であるために周囲の細胞には影響を少なくできるため、副作用を極力抑えて色素沈着を治療することのできる機器です。シミ、そばかす、太田母斑、扁平母斑などの治療に用います。照射時に輪ゴムではじかれるような痛みがあります。広い範囲に照射する際には、クリームによる麻酔を30分行ってから治療します。

【解消が期待できる症状】
シミそばかすタトゥー

IPL光治療

IPLとはintense pulsed lightの略ですが、紫外線を除いた可視光線から近赤外線の領域の光を強力に発振する機器です。一般にフォトフェイシャルと呼ばれているものと同様の治療器です。レーザー機器は単一波長の光を発振するのに対し、IPLは515~1200nmの幅広い光を発振します。そのため、様々な色調の変化に対応できる特徴があり、シミや赤ら顔、毛穴の開きまで改善することができます。そして最大の利点は、ダウンタイム(治療あとが目立つ状態が続く期間)がないことです。わずかに小さなかさぶたがシミのところにできることがありますが、2,3日で取れてしまいますし、ほとんど気づかれることはありません。ただし、レーザーほどのパワーの光ではありませんので、Qスイッチルビーレーザーなどのように一度でシミが取れる、というわけにはいきません。月に1回程度、半年以上はかけて徐々にシミをうすくしていく治療法です。軽い痛みはありますが、我慢できる程度です。全顔に照射しますが、約20分で終了します。直後はわずかに赤みがでますが、1時間程度で消えてしまいます。当日から普段通りの生活、洗顔、洗髪、入浴が可能です。小ジワや皮膚の弾力性の改善、脱毛効果もあり満足度が高い治療法です。赤ら顔の治療では、血液に吸収が高い波長を中心に照射して、血管を少しずつ減少させ、赤みを減らしていきます。ダイレーザーなどによる血管病変治療のようなダウンタイムはありません。

【解消が期待できる症状】
シミそばかすくすみ・くま毛穴の開き赤ら顔(酒皶,しゅさ)

炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスレーザーとは、水分に反応して熱エネルギーに変わるレーザー光を出す治療器です。皮膚には水分が含まれていますので、取りたい腫瘍にこのレーザー光を当てるとその部分のみを蒸散(はじき飛ばす)してくれます。取りたい部分は十分に、周囲の正常部分は最低限に照射し、治療します。腫瘍を削りますので、施術中は多少の出血はありますが、血管をつぶしながら取り除きますので、治療後の出血はほとんどなく、自宅での処置は簡単に済みます。治療後は傷の赤みがしばらく残ります。完全に消えるには2,3か月かかることもありますが、多くの場合は1か月以内にはほとんど気にならなくなります。治療には麻酔が必要です。小さい腫瘍で数が多い場合はクリームを30分くらい塗って麻酔をします。数が少ない場合、大きい腫瘍の場合は注射で麻酔をします。

【解消が期待できる症状】
ほくろ老人いぼスキンタッグ

水光注射

クリーム麻酔ののち、皮膚に細かい穴を無数に開け、その穴から美白成分やコラーゲン再生に役立つ成分を入れる治療法です。傷である針穴が治る自己修復過程を促進することで、コラーゲン線維、ヒアルロン酸などの産生が高まり、シワ、張り、凹んだ痕の改善が得られます。治療後数日間、赤くなることがあります。美肌治療、ニキビ痕治療に使用されます。

【解消が期待できる症状】
毛穴の開きニキビ痕シワ

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸とは、正常な皮膚の真皮に存在してコラーゲン線維や弾性線維の間を埋めている基質です。関節の中にも存在しており、摩擦を減らす役割があります。光老化によるシワの治療の一つとして、足りなくなったヒアルロン酸を注入する方法があります。ヒアルロン酸を真皮に注入すると水分を吸収して体積が増します。その作用で足りなくなった基質の代わりとなって、凹んだ皮膚、すなわちシワやたるみを平らにします。注入した瞬間に目立たなくなり、即効性のある治療法です。以前にシワ治療に用いられていたコラーゲンに比べると、現在使用されるヒアルロン酸は合成されたもので、異物反応などのアレルギーを起こしにくいものが使用されています。麻酔薬を配合したものもあり、注入時の痛みが緩和されます。注入されたヒアルロン酸は徐々に分解・吸収されて、8か月から12か月ほどでほぼ消失します。繰り返しの治療は必要です。針痕、出血斑が1週間くらい残ることがあります。水分を吸収しすぎて腫れることがまれにありますが、ヒアルロン酸を溶かす注射で改善します。

【解消が期待できる症状】
シワたるみ

ボツリヌス毒素注入(ボトックス治療)

ボツリヌス毒素注入(ボトックス治療)にはボツリヌス毒素を使いますが、この毒素はボツリヌス菌が産生するもので、食中毒の原因として知られています。その作用は神経からのアセチルコリンという筋肉の収縮をもたらす物質の放出を止めることにより、筋肉をゆるんだままにします。この作用を利用して、最初はまぶたがぴくぴくする眼瞼痙攣や片側の筋肉が収縮して首が曲がったままになる斜頸などの治療に用いられましたが、眼瞼痙攣の治療後に目じりのシワがなくなったことから、美容にも使えるのではということになり、全身的には悪影響のない量で、額や目じりや眉間に少量注射することにより、我々が笑ったり、怒ったりする表情を作るときに使う筋肉(表情筋)の収縮を止めることにより、表情ジワの治療に応用されたのです。また普段からみられるシワにも効果があり、徐々に目立たなくなっていきます。おそらくは、我々は常に筋肉をわずかに収縮させているために普段からシワができているものと思われます。それをボトックスはゆるめてくれるのでシワが消えるものと思われます。額や眉間で量を打ちすぎたり、注射する部位が適切でなかったりすると、眼瞼下垂が生じてしまうことがあります。
ボトックスには神経からアセチルコリンの放出を止めて、汗を出すという指令が出ないようにする作用もあります。そのため、わき汗や手のひらから垂れるように出てくる汗をわきや手のひらに注射することで止めることも可能です。副作用は少ないですが、注射時には痛みがあります。効果は注射3日後くらいから現れ、約8ヶ月程度持続しますが、くり返しの治療は必要です。まれに抗体ができてしまい、効果が得られなくなることがあります。

【解消が期待できる症状】
表情ジワえら

イントラジェン治療

RF(高周波)の熱を与える医療機器を用いた治療です。一般にサーマクールと呼ばれる治療に類似したものです。RFの熱作用は真皮、脂肪組織、筋膜、靱帯までと深部に及びます。照射直後に真皮の膠原線維が収縮し、引き締め効果が現れます。さらにその後、皮膚の創傷治癒反応により、2~3ヶ月かけて大量のコラーゲンが新生され、太くて強度の高い膠原線維に再構築されます。その結果、肌全体のハリと弾力が高まりたるみが改善します。この機器は「縦」「横」「奥行き」の3次元に働くため、顔全体のボリュームを縮めます。目元のたるみの引き締めにも有効な治療です。治療中の痛みはほとんどありませんが、部位により多少の痛みはあります。治療時間は部位により異なりますが、おおむね全顔で約20~40分程度です。

【解消が期待できる症状】
たるみ二重あご

HIFU(ウルトラセル)治療

HIFU(高密度集束超音波)の熱を与える医療機器を用いた治療です。超音波のエネルギーを一定の深さの1点に集めることで、ピンポイントで高い熱エネルギーを発生させることが可能な機器で、皮下脂肪と筋肉の間にある表在性筋膜(SMAS)をピンポイントで加熱します。照射直後にSMASのタンパク質が縮み、リフトアップ効果が現れます。さらにその後、皮膚の創傷治癒反応により、2~3か月かけて大量のコラーゲンが新生され、太くて強度の高い膠原線維に再構築されます。その結果、肌全体のハリと弾力が高まり、リフトアップ効果が持続します。治療中の痛みはほとんどありませんが、部位によっては多少チリチリした痛みを感じる場合があります。治療時間は部位や症例により異なりますが、全顔で約30~40分程度です。

【解消が期待できる症状】
たるみ

マイクロボトックスリフト

シワ改善の治療で使用するボトックスを、皮膚のごく浅い層に、微量に細かく注入する治療法です。ボトックス注射とは異なり、筋肉には直接作用しないため、表情の変化はありません。頬全体、フェイスラインの広範囲にボトックスを細かく注入することで、小ジワを解消し、肌を引き締めます。また、毛穴の開きの引き締めや、発汗を抑える効果もあり、化粧崩れしにくい肌へと改善します。当院では複数本の針で同時に注入できる自動注入器を用いて行うため、スピーディーにかつ均一量の注入が可能です。施術直後は針の穴が点状に見えたり、軽度の赤みが生じることもありますが、ほとんどの場合1日程度で消失します。施術直後からのお化粧直しは可能です。クリーム麻酔を塗ってから治療を行います。治療時間は約10~20分程度です。

【解消が期待できる症状】
毛穴の開きたるみ

ダーマペン

クリーム麻酔後に、細かい数本の針を機械を用いて皮膚の上を滑らせながら刺入することにより、多数の小さな穴を開け、その穴が自分の力で治る過程でコラーゲンの増生、ヒアルロン酸産生、表皮の再生が得られ、肌の若返り、凹んだ痕が改善され滑らかな皮膚になります。施術後、軽度の出血がみられたり、数日間は赤く腫れたりすることもありますが、様々な肌の老化現象やニキビ痕の改善に効果の高い治療法です。

【解消が期待できる症状】
毛穴の開きニキビ痕

ケミカルピーリング

フルーツ酸を顔面全体に塗って、顔全体の古くなった余分な角質を除去します。くすみなどの色素沈着に効果があるとともに、毛穴の出口の角質が取れますので、ニキビの始まりの面皰(コメド)の治療および予防に効果的です。ピリピリとした刺激感がありますが、フルーツ酸を塗っている数分だけですのでがまんできます。余分な角質を除く方法ですが、表皮から角層が正常化すると真皮内のコラーゲンの再生が促されて、小ジワや張りも改善されます。

【解消が期待できる症状】
肝斑くすみ・くま毛穴の開きニキビ(ざ瘡)ニキビ痕

エレクトロポレーション

皮膚に微弱な電流を流して、細胞同士の接着を一時的にゆるめて、その隙間から美肌成分、美白成分を吸収させようとする方法です。使用する成分により、皮膚の保湿性を高めたり、美白効果を求めたり、張りを持たせるなどの美肌を目的とすることができます。美肌施術一般、肝斑の治療、他の美白治療後の維持療法などに用いられます。顔の一部ではチリチリした軽い痛みを感じることがあります。

【解消が期待できる症状】
肝斑くすみ・くまシワ

Nd:YAGレーザー

1,064nm波長のNd:YAGレーザーは皮膚の深部にまで浸透して、メラニン色素にも反応しますので、レーザー脱毛機器として使用されるとともに、レーザーフェイシャル治療として、小ジワや張りの改善にも使用されます。
レーザー脱毛としては、真皮深層の毛の根元にまで到達し、そこに存在するメラニン色素を持つメラノサイトで熱エネルギーに変換され、メラノサイトを傷害するとともに近傍に存在する毛を作る毛母細胞も障害することにより脱毛効果を発揮します。ただし、ヘアーサイクルがあり、伸びている毛と休んでいる毛があり、休んでいる毛には効果が低く、数か月おきに5,6回は繰り返し照射する必要があります。
またレーザーフェイシャル治療では、Nd:YAGレーザー光が真皮内に熱を与えることで、膠原線維や弾性線維の産生を促します。ふっくらとしたハリと弾力のある肌へと導きます。また温熱作用により毛穴を引き締める効果も認められます。1回の治療でも効果が現れますが、治療には個人差があり、約1か月おきに5回程度の治療を通常行います。照射中は多少チリチリした痛みを感じますが、照射中はエアークーリングを行いますのでほとんど気になりません。治療時間は約20~40分程度です。

【解消が期待できる症状】
毛穴の開きシワ多毛

脂肪溶解注射(BNLS Neo)

脂肪溶解作用のある医薬品、デオキシコール酸を主成分とし、そのほかに脂肪溶解、リンパ循環排出作用、引き締め効果を有する8種類の成分が含まれている注射薬です。これまで脂肪溶解に使用されてきたフォスファチジルコリンなどと異なり、注射後の腫れや熱を持つことが少ない脂肪溶解薬です。

【解消が期待できる症状】
たるみ二重あご脂肪沈着

輪郭注射(MLM)

脂肪が増えたためのフェイスラインの改善に用いる輪郭注射MLMには、天然のメディカルハーブを主成分とし、脂肪を分解しリンパの流れを良くする成分、脂肪を燃焼させる成分、引き締め作用のある成分が含まれています。2週間に1回くらいの間隔で3,4回行うと効果が実感できます。軽い腫れや痛みが出ることはありますが、1~2日で消えます。

【解消が期待できる症状】
たるみ

輪郭注射plus(Lipofirm)

加齢による脂肪の萎縮や脂肪溶解注射や輪郭注射のあとで脂肪が減少して皮膚が余ってしまい、皮膚のゆるみに対して行うのが輪郭注射plus(Lipofirm)です。筋肉を収縮させるジメチルアミノエタノールと脂質代謝作用のあるアーティチョークを含んでおり、筋肉に浅く打つことで皮膚のゆるみが改善されます。2週間くらいの間隔で3~4回の注射を行います。脂肪溶解注射や輪郭注射と同時に行うのも効果的です。痛みはわずかにありますが、腫れたりすることはありません。

【解消が期待できる症状】
たるみ二重あご皮膚のゆるみ

AcGen高周波治療

高周波による熱刺激を加えることにより、ニキビ治療に高い効果を発揮し、また汗管腫や毛穴の開きの治療にも有効な治療器です。
ニキビ治療では、できやすい顔の部分全体に平板チップで高周波を流します。この高周波による熱作用で皮脂腺の活動性を抑え、毛穴に潜んでいるニキビ菌も減らします。そのあと、面皰(コメド)と炎症性皮疹(赤いニキビ、黄色いニキビ)に極細の針を刺入し、針先の部分だけに高周波を流します。これにより高い熱が毛穴の奥で発生し、ニキビ菌を死滅させ、炎症を起こす細胞を減少させ、皮脂腺を傷害することにより、短期間でニキビの症状を改善します。 汗管腫の治療では、細い針だけで治療します。汗管腫の盛り上がりに針を刺し、先端部分に高周波を流し、真皮内の汗管腫の細胞が集まっている部分に部分に熱エネルギーを与え、腫瘍を作っている細胞を少しずつ減らしていきます。瘢痕(傷あと)を残す可能性が極めて少ない治療法ですが、一度の治療では十分な数の腫瘍細胞を除くことはできないため、3,4週間ごとに3回から5回の治療が必要となります。完全に取り去ってしまうというよりも、腫瘍細胞を減らして平らにして目立たなくする治療です。麻酔を行ってから施術します。
毛穴に対しては、極細の針を開大している毛穴に刺入し高周波を流し、軽い熱傷を毛穴に起こして、それが治る過程で毛穴が収縮することにより毛穴の開きを減らしていきます。

【解消が期待できる症状】
汗管腫毛穴の開きニキビ(ざ瘡)ニキビ痕

PRP(多血小板血漿)治療

PRPとは多血小板血漿のことです。血液を固まらせて、出血を止めるのに重要な血小板には、様々なサイトカイン、成長因子が豊富に含まれており、傷が治る過程などに役立っています。PRPは、その血小板を濃縮した成分のことを言います。まず、血液検査の時のように血液を60ml採血します。それを菌が混入しないように注意しながら濃縮して5mlのPRPを精製します。この中には多量の様々なサイトカイン、成長因子が入っていますので、注射により少量ずつ再生させたい部位に注入していきます。整形外科や歯科領域では関節や歯根部に以前から行われてきました。皮膚の領域では、目の周りやほうれい線などのシワや張りの改善に使用されています。また、発毛を促す因子も含まれており、頭皮にも注入されています。5mlを1か月に1回くらい、1~3回に分けて注入します。自分の血液から作られたものですから、感染などの心配のない安全な治療法です。注入直後にジンジンする痛みとじんま疹が15分~30分程度みられます。その後は腫れが続くようなことはありません。

【解消が期待できる症状】
シワ男性型脱毛症(AGA)女性の薄毛

しみ、しわ、たるみ、イボなど外見に関するお悩みを治療する皮膚専門外来です。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

顔のしみ、しわ、たるみ、イボが気になる方は当院にお問い合わせください。
皮膚科専門医で美容皮膚科診療の第一人者が改善します。

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

PAGE TOP

男性皮膚専門外来