ほくろができる
原因と治療方法

ほくろを改善する治療をご紹介

ほくろができる原因と治療方法 ほくろができる原因と治療方法

ほくろとは

顔や体にできる黒くて丸い斑点のことを、一般的にほくろと呼びます。ほくろの医学的な名称は「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」または「色素性母斑(しきそせいぼはん)」です。母斑細胞は、メラノサイトと呼ばれるメラニンを作り出す細胞が変質してできたもので、ほくろはこの母斑細胞が増殖することで生じます。
ほくろは先天性のものと後天性のものがあり、母斑細胞が増殖する部分によって大きく3つの種類に分けることが可能です。

ほくろの分類図

境界母斑:皮膚の浅い部分(表皮と真皮の境目部分)に母斑細胞が存在している状態
複合母斑:皮膚の浅い部分・深い部分の両方に母斑細胞が存在している状態
真皮内母斑:皮膚の深い部分(真皮)に母斑細胞が存在している状態

境界母斑→複合母斑→真皮内母斑と、ほくろは時間の経過とともに変化していき、母斑細胞が皮膚の奥で増えるほど皮膚が盛り上がっていきます。
なお、ほとんどの場合ほくろは良性腫瘍のため除去は必要ありませんが、見た目が気になって除去を希望される方は多くいらっしゃいます。特に顔にあるほくろは目につきやすいため、その人の印象を左右してしまうこともあるでしょう。ほくろでお悩みの方は、まずは医療機関で診察を受けてみるのがおすすめです。

ほくろの種類一覧

  Miescher母斑 Unna母斑 Clark母斑 Spitz母斑
発生部位 顔・頭・首 上腕・太もも・首 全身(手のひら・足の裏を含む) 全身
タイプ 複合母斑・真皮内母斑 複合母斑・真皮内母斑 境界母斑・複合母斑 境界母斑・複合母斑・真皮内母斑
Miescher母斑
発生部位 顔・頭・首
タイプ 複合母斑・真皮内母斑
Unna母斑
特徴 上腕・太もも・首
主な原因 複合母斑・真皮内母斑
Clark母斑
特徴 全身(手のひら・足の裏を含む)
主な原因 境界母斑・複合母斑
Spitz母斑
特徴 全身
主な原因 境界母斑・複合母斑・真皮内母斑

ほくろは母斑細胞が増殖している部位によって、3つに分類できるとお伝えしましたが、形状や発生時期によって、さらに4つのタイプに分類することが可能です。ほくろの種類をそれぞれ確認していきましょう。

Miescher(ミーシャー)母斑

Miescher母斑は、幼児期や小児期に発生することの多いほくろです。ドーム状にふくらんでいる黒褐色のかたまりで、毛が生えていることもあります。顔のほくろで除去を希望される場合は、大半がこのタイプのほくろです。

Unna(ウンナ)母斑

Unna母斑は柔らかくふくらんでいるほくろで、くびれがある場合もあります。大きさは1cm前後のことが多く、ほくろの表面に凹凸があるのも特徴です。

Clark(クラーク)母斑

Clark母斑は楕円形のほくろです。中央は色が濃く、外側は色が薄いという特徴があります。

Spitz(スピッツ)母斑

Spitz母斑は、半数が幼児期に発生するほくろです。黒褐色や紅色で、若年者に多くみられます。60歳以上の高齢者で発生することは稀で、悪性黒色腫(皮膚がん・メラノーマ)と似ている場合があるため注意が必要です。

ほくろができる原因・除去方法・症例写真

ほくろの原因や治療方法、当院で治療を受けられた方の症例について、詳しくお伝えいたします。

ほくろの原因

ほくろは母斑細胞と呼ばれるメラノサイトが変質してできた細胞が増殖することで生じます。母斑細胞の増殖には紫外線が影響すると考えられていますが、ほくろが増えるはっきりとした理由はまだ解明されていません。

ほくろの除去方法

ほくろの除去方法は下記の通りです。

炭酸ガスレーザー

<炭酸ガスレーザー>

炭酸ガスレーザーは、皮膚内の水分に反応するレーザーです。ほくろ部分に照射すると、水分に反応して熱エネルギーが発生し、ほくろの原因である母斑細胞がはじき飛ばされます。肌へのダメージが比較的少なく、傷跡が残りにくいのも特徴です。

症例写真

ほくろ01の症例写真
期 間 1回治療、2か月後
費 用 16,500円(税込み※)
治療法 炭酸ガスレーザー
副作用・リスク 麻酔アレルギーのある方には行えません。しばらくは赤みがあります。時に凹んだ痕が残ります。一部に再発をみることがあります。

男性美容皮膚を初めて受診する方は、診察料3,300円(税込)がかかります。

当院のほくろ除去と費用について

当院は炭酸ガスレーザーを用いてほくろを除去します。炭酸ガスレーザー治療の特徴やダウンタイム、費用については下記をご確認ください。

炭酸ガスレーザー

<特徴>

炭酸ガスレーザーは、皮膚内の水分に反応することで、レーザー光が熱エネルギーに変わる機器です。ほくろにレーザーを当てると、その部分のみはじき飛ばしてくれるため、周囲の組織にほとんど影響を与えず、ほくろだけを除去できます。
施術中に出血があったとしても、基本的には治療後まで出血が続くことはありません。また、麻酔の使用によって施術中の痛みを軽減することが可能です。

<ダウンタイム>

  • 赤みが数週間ほど続く場合があります。

<費用>

ほくろ除去(1個あたり) 1mm 24,200円
(税込)
2mm 36,300円
(税込)
3mm 48,400円
(税込)
4mm 60,500円
(税込)

価格は全て税込です

別途、診察料3,300円
(税込)がかかります。

自由診療のため保険適用外となります。

ほくろ除去の注意点

ほくろ除去の施術後、赤みがしばらく続きます。ほとんどの場合、1か月ほどで目立たなくなりますが、完全に消えるまでには2〜3か月ほどかかる可能性があります。また、ほくろの種類によっては複数回の施術が必要になることがあります。

よくある質問

  • 隆起したほくろや毛の生えたほくろも除去できますか?

    Dクリニック東京PLUSでは、隆起したほくろや毛の生えたほくろも除去できます。お悩みの方はまずは一度ご相談ください。

  • ほくろ除去は保険適用されますか?

    見た目を整えることが目的の場合、ほくろ除去は保険適用となりません。ただし、ほくろがまぶたにあって視界を遮るなど、ほくろが原因でなんらかの症状がみられる場合には保険適用となることがあります。ほくろ除去が保険適用となるかは、ほくろの状態によって異なりますので、医師の診察をお受けください。

  • ほくろ除去の術後の経過について教えてください。

    ほくろ除去後はしばらく赤みが続きます。炭酸ガスレーザーによってほくろをはじき飛ばすため、少し陥没したようにみえるでしょう。個人差があるものの、赤みは1か月ほどで目立たなくなることが多く、ほとんどの場合1〜3か月ほどでわからなくなっていきます。

  • ほくろとシミの違いを教えてください。

    ほくろもシミも、メラニン色素を作るメラノサイトが関わっています。ほくろはメラノサイトが変質してできた母斑細胞が増殖することで生じますが、シミはメラノサイトが作るメラニン色素が沈着して生じるのです。そのため、ほくろとシミは似ているようで全く違うものといえます。

  • ほくろは自分で除去できますか?

    ほくろをご自身で除去すると、炎症を起こしたり悪性化したりする可能性があります。そのため、ほくろの除去を検討されている方は、自分で取り除こうとせず必ず医療機関を受診してください。

  • ほくろ除去の値段を教えてください。

    ほくろ除去(1個あたり) 1mm 24,200円
    (税込)
    2mm 36,300円
    (税込)
    3mm 48,400円
    (税込)
    4mm 60,500円
    (税込)

    価格は全て税込です

    別途、診察料3,300円
    (税込)がかかります。

    自由診療のため保険適用外となります。

    ほくろ除去の値段は上記の通りです。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

総院長 川島 眞 診療時間

休診日

15:00 - 18:00

15:00 - 18:00

15:00 - 18:00

15:00 - 18:00

休診日

休診日

休診日

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

新CM公開中! 薄毛治療を相談する
WEB予約
電話 03-5539-6191