03-5224-5551(代表)onmousedown=

初診来院予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 金曜日 10:00 ~ 13:00
    福屋泰子先生
  • 第4・5金曜日 15:00 ~ 18:00
    川島眞先生

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性皮膚専門外来 > 男性皮膚専門外来の奥義 > レーザーはシミ取りだけが目的ではない

男性皮膚専門外来の奥義

レーザーはシミ取りだけが目的ではない

「見た目」の若々しさは活力であり、人望の厚さにもつながっています。そのため、しみやしわをとりたいという男性も年々増えてきています。では、実際にしみを消すのに、どうしたらいいのでしょうか?

一番効果的な選択肢としては「レーザー照射」があります。しみの原因となるメラニンに吸収されやすい単一波長をあてることで、ピンポイントでしみをつくるメラニン細胞だけを破壊することができます。

「レーザー照射」は、単一で部分的な除去に適しており、パワーがあるので1回、2回で濃いしみも除去することができます。なお、しみ用とは異なる他の波長の光線を用いた「レーザー照射」は、しみ以外の赤ら顔の赤みを取り去るにも効果的です。

このほか、しみではなくイボやホクロをピンポイントで除去するレーザーもあり、これを「炭酸ガスレーザー」といいます。しみを取り去る一般的なレーザーのように色素ではなく、この「炭酸ガスレーザー」は水に反応するというもの。水分を含んでいるホクロなどに照射すると、熱が生じて蒸散し、ホクロを消し去ることができます。

この他に、しみを消し去る方法としてあるのが「IPL(Intense Plused Light)」という光治療です。これは顔全体に、広いスペクトラムな光を照射して、しみ以外のそばかすや小じわ、赤みなども同時に消し去ることができます。
ただ「レーザー照射」ほど単一波長ではないのでパワーが弱く、すべて取り去るには5〜10回ほどの治療回数が必要になります。
※当院ではIPL治療はおこなっておりません。当院での治療内容はこちらをご参照ください。https://www.menshealth-tokyo.com/skincare/ailment/

レーザーといっても、症状や部位などに合わせてさまざまな機器があるので、クリニックや医師に確認の上で、最適な方法でご利用ください。

川島 眞(かわしま まこと)

川島 眞(かわしま まこと)

経歴

東京大学医学部卒業。パリ市パスツール研究所に留学。東京大学医学部皮膚科講師などを経て東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任。アトピー性皮膚炎をはじめ、美容、皮膚ウイルス感染症、接触皮膚炎などを主に研究。東京女子医科大学は日本で最も外来患者数の多い病院として知られており、皮膚科にも1日180人以上の患者が訪れる。

所属

日本皮膚科学会代議員/日本性感染症学会理事
日本皮膚アレルギー学会理事/日本香粧品学会理事長
日本美容皮膚科学会理事長/日本乾癬学会理事

PAGE TOP

男性皮膚専門外来