03-5224-5551(代表)onmousedown=

初診来院予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 金曜日 10:00 ~ 13:00
    福屋泰子先生
  • 第4・5金曜日 15:00 ~ 18:00
    川島眞先生

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性皮膚専門外来 > 男性皮膚専門外来の奥義 > 今からでも遅くない!見た目の若さを保つ秘訣

男性皮膚専門外来の奥義

今からでも遅くない!見た目の若さを保つ秘訣

シミやしわをつくる最大の要因は「紫外線」。このことは、かなり以前から研究などで明らかになっています。長年ゴルフをやっている方は、ぜひ右手と左手の甲を見比べてください。「どちらがきれいな手をしていますか?」右利きの人なら、きっと右手にしわやシミが多いはず。人によっては肌のハリも違うかもしれません。それは、左手にはめているすべり止め用の手袋が、紫外線カットの役割を果たしているからなのです。(右ハンドルの)自動車を頻繁に運転している人が、右腕や右側の顔にシミや小じわが多いのも同じ理由です。このように、肌への紫外線の影響は顕著に表れます。今からでも遅くありません。せめてアウトドアスポーツでは、日焼け止めを必ず塗るようにしてください。

 

また、しわの皮膚の老化については「喫煙」も見逃せない要因です。タバコを吸うと発生する「活性酸素」の影響で、肌の弾力が失われてしまい、小じわがやがて「深いしわ」になってしまいます。健康面だけでなく、見た目の若さを保つためにも、禁煙は取り組んでいただきたいところです。

 

その他には、肌荒れの要因として「睡眠不足」や「腸内環境の悪化」はよく知られるところ。慢性的な睡眠不足は疲労が回復できず、肌の再生能力が減退してしまいますので、十分な睡眠が欠かせません。

腸内環境の悪化は、暴飲暴食や便秘により腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の悪玉菌が増えることで起きる症状。整腸作用を促すヨーグルトや乳酸飲料による乳酸菌の摂取をおすすめします。このことは研究でも証明されていること。日常の生活習慣で、お肌の健康は大きく変わります。

川島 眞(かわしま まこと)

川島 眞(かわしま まこと)

経歴

東京大学医学部卒業。パリ市パスツール研究所に留学。東京大学医学部皮膚科講師などを経て東京女子医科大学 皮膚科学教室 教授・講座主任。アトピー性皮膚炎をはじめ、美容、皮膚ウイルス感染症、接触皮膚炎などを主に研究。東京女子医科大学は日本で最も外来患者数の多い病院として知られており、皮膚科にも1日180人以上の患者が訪れる。

所属

日本皮膚科学会代議員/日本性感染症学会理事
日本皮膚アレルギー学会理事/日本香粧品学会理事長
日本美容皮膚科学会理事長/日本乾癬学会理事

PAGE TOP

男性皮膚専門外来