男性美容皮膚 肝斑の症状や治療の解説

「肝斑」とは

症例写真

両頬にみられる褐色の葉っぱの形に似た色素沈着で、目や口の周りにもみられることがあります。女性ホルモンとの関係が疑われていますが、男性にもまれにみられます。日光に当たると悪化します。擦ったり、叩いたりすることも悪化につながります。

両側の頬骨の上に濃淡の少ない褐色の葉っぱの形に似た色素沈着が広がってみられるのが特徴で、そのほかも目の周りや口の周りにもみられることがあります。
点々とした色素沈着ではなく、ある程度の面積を有して広がる色素沈着です。経口避妊薬の内服や妊娠を契機に発症することが多く、女性ホルモンとの関係が疑われています。また日光に当たると悪化することもあります。また、擦ったり、パッティングなどの刺激でも、真皮に炎症が生じて、それが肝斑の悪化につながることも知られています。肝斑の中に点状の濃い色素沈着が見られることもあります。これはシミ(老人性色素斑)と肝斑が混在している場合でしばしば経験します。肝斑治療には次に示すようにいくつかの方法がありますが、日常生活での基本は肝斑の悪化因子である日光を避けることですので、日焼け止めの使用は必ず行ってもらいます。
肝斑の治療法の基本は内服治療です。トラネキサム酸という飲み薬の効果が確認されています。これは肝斑の炎症を抑える働きが作用すると考えられています。このトラネキサム酸にビタミンCの内服を併用すると効果がさらに上がることも知られています。トラネキサム酸の内服治療は血栓を生じる可能性が否定できませんので、3か月を目途に一旦中止して様子をみることにしています。
肝斑はメラニン色素を作るメラノサイトの活動性が上がっていることが知られていますが、そのメラニン生成を抑える薬剤がハイドロキノンの塗り薬です。時に刺激感が出ることがありますが、塗り薬の中では効果が最も高い成分です。ハイドロキノンはクリニックで処方して使用することになります。市販の医薬部外品にもいろいろな美白剤がありますが、ハイドロキノンに比べるとその効果は劣ります。
ケミカルピーリングも時に有効です。フルーツ酸で角層を薄く剥がす治療で、角層に貯まったメラニン色素を除く治療です。顔色が明るくなりますが、かえって刺激になることもあるとされています。しかしエレクトロポレーションを併用すると高い効果が得られます。
エレクトロポレーションは、皮膚に微弱な電流を流して、細胞同士の接着を一時的にゆるめ、その隙間から美肌成分、美白成分を吸収させる治療法です。使用する成分により、皮膚の保湿性を高めたり、美白効果を求めたり、張りを持たせるなどの美肌を目的とすることができます。美肌施術一般、肝斑の治療、他の美白治療後の維持療法などに用いられます。

治療方法

ビタミンC/トラネキサム酸内服治療(自費診療)

ビタミンC
トラネキサム酸内服治療(自費診療)
治療説明 色素沈着を改善する効果のある飲み薬です。
効 果 2,3か月継続内服すると薄くなります。
費 用 1か月分7,920円(ビタミンCとトランサミン酸・税込み※)
痛 み ありません。
副作用 極めてまれに血栓を形成することもあります。

ハイドロキノンクリーム外用療法(自費診療)

ハイドロキノンクリーム外用療法(自費診療)
治療説明 美白効果の高い成分、ハイドロキノンを含む塗り薬です。肝斑の部分に1日1回夜に塗ります。
効 果 2,3か月継続内服すると薄くなります。
費 用 1本3,960円(税込み※)
痛 み ありません。
副作用 まれにかぶれることもあります。

ケミカルピーリング

治療説明 フルーツ酸を顔面全体に塗って、古くなった余分な角質を除去します。肝斑、くすみなどの色素沈着に効果があります。また、小ジワや張りも改善されます。
効 果 2,3週間おきに5,6回くり返すと、薄くなってきます。
費 用 初回トライアル10,890円(税込み※)、2回目以降12,100円(税込み)
詳しく確認する
時 間 全顔1回20分
痛 み フルーツ酸を塗っている数分間はピリピリします。
副作用 治療中にピリピリ感を感じることもあります。まれに1,2日間赤みが目立つこともあります。

エレクトロポレーション

治療説明 皮膚に微弱な電流を流して、細胞同士の接着を一時的にゆるめ、その隙間から美肌成分、美白成分を吸収させ、様々な美肌効果を得ることができる治療法です。
効 果 2,3週間おきに5,6回くり返すと、薄くなってきます。
費 用 1回23,100円(税込み※)
詳しく確認する
時 間 全顔1回30分
痛 み わずかにピリピリした痛みがあります。
副作用 治療中にピリピリ感を感じることもあります。

男性美容皮膚を初めて受診する方は、初診料5,500円(税込)がかかります。

  • 他のクリニックでシミとしてルビーレーザー治療を受けたのですが、かえって悪化しました。このまま続けてよいでしょうか?

    肝斑に対して「シミ」としてレーザー治療や光治療を受けて悪化して来院される方はかなりおられます。レーザーを用いた特殊な治療法も出てきていますが、肝斑には通常のQスイッチルビーレーザー治療や光治療は要注意です。肝斑治療に精通した医師の判断を受け、適切な治療に変更する必要があります。

  • シミと肝斑が混在していると言われました。治療できますか?

    まずシミと肝斑をきちんと見分ける能力が治療を担当する医師に必要です。そのうえで、シミの部分だけにQスイッチルビーレーザーを照射して治療し、さらに肝斑には内服療法、外用療法、そのほかの治療を行います。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

総院長 川島 眞 診療時間

休診日

15:00 - 18:00

15:00 - 18:00

15:00 - 18:00

15:00 - 18:00

休診日

休診日

休診日

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

新CM公開中! 薄毛治療を相談する
WEB予約
電話 03-5539-6191