03-5224-5551(代表)onmousedown=

初診来院予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約はこちら

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 水曜日
  • 詳しくはお電話にてクリニックにお問い合わせください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

前立腺がんサポート外来の奥義

急増する前立腺がんを予防するには

前立腺がんは、欧米諸国では以前から、男性がんの中で最も多く、特に米国では男性の6人に1人がかかります。これは米国でがんになる人の半数に相当し、がんで亡くなる人の10人に1人は前立腺がんです。

近年、日本の前立腺がん患者数は、急激に増加しています。死亡率においても、日本はメキシコに次いで第2位と、爆発的に増え続けています。日本のがん罹患率において、2020年には胃がんを抜いて第2位になるといわれている前立腺がん。

これまで、日本人の前立腺がん罹患者は非常に少なく、罹ったとしても70代が中心の“高齢者のがん”とされてきました。それが最近では40代、50代でも見つかることが当たり前になってきて、世界の先進国の中高年男性にとって、最大の脅威となっています。

この前立腺がんを予防するのに、もっとも重視しなければならないのは食生活です。一番大きな影響を与えているのが「動物性脂肪」。日本人が高脂肪、高タンパクの欧米型の食生活に変わってきたのが原因です。ごはんと味噌汁とお魚という和食中心の食事であれば、これほど前立腺がんは増えなかったと考えられています。

加齢による男性ホルモンの影響など、他にも様々な要因がありますが、食生活を改善すれば、かなりの高い確率で前立腺がんの発症を防ぐことができます。

堀江 重郎(ほりえ しげお)

堀江 重郎(ほりえ しげお)

略歴

東京大学医学部卒業。東京大学病院、テキサス大学、パークランド記念病院、国立がんセンター中央病院、東京大学医科学研究所などで、救急医学、泌尿器科学、腎臓学、分子生物学の研鑽を積む。
帝京大学医学部主任教授、付属病院泌尿器科長を経て、順天堂大学医学部泌尿器科学講座教授、医学博士。精度の高い泌尿器手術をおこなう一方、学術的なアプローチを男性の健康医学に導入。日本初のメンズヘルス外来を開設。

所属学会・資格

日本泌尿器科学会指導医、日本腎臓学会指導医、日本癌治療学会暫定教育医、日本泌尿器科学会、日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医

PAGE TOP

前立腺がんサポート外来