03-5224-5551(代表)onmousedown=

初診来院予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約はこちら

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 水曜日
  • 詳しくはお電話にてクリニックにお問い合わせください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 前立腺がんサポート外来 > 前立腺がんとPSA~PSA検査で何がわかるの?~

前立腺がんとPSA~PSA検査で何がわかるの?~

前立腺がんなどの病気を発見するPSA検査とは何か、PSA値が高い場合どうなるのか?詳しく解説していきます。

PSA(Prostate Specific Antigen)検査とは

PSA検査とは、血液に含まれるPSAを測定することで、前立腺がんの可能性がある人を見つけるための検査でスクリーニング検査のひとつです。採血のみの検査となり、血液中にある前立腺に特異的なタンパク質の一種であるPSAの値を測定します。スクリーニング検査の中でも最も精度が高く、手軽に受けられることで知られています。ちなみに、PSAの値が高くなるのと比例して前立腺がんである確率も高くなっていきます。PSAの値は、前立腺がん以外でも、前立腺肥大症や前立腺炎でも高値になることがあるため、基準値以上の値となった場合には専門医を受診し、前立腺がんであるかどうかを確定するためのより精密な検査を受けることになります。

PSAとは

前立腺特異抗原のことで、前立腺から精液に分泌されるタンパク質の一種です。射精後の精液の液状化に関係しており、受精には必要不可欠なものです。血中にも流れ出ていて、健康な人のPSAは約2ng/ml以下とされています。PSAは年齢を重ねるごとに増えていき、50歳では4ng/ml以下が標準値とされています。前立腺に異常がある場合、血中にPSAが大量に放出されて濃度が高くなります。今では、前立腺がんの腫瘍マーカーとして使われています。PSA検査は手軽なため受診者も増えており、その分、一昔前よりも前立腺がんの早期発見が増えています(早期発見に多大な貢献をしています)。

PSAの数値と、わかる病気とは

PSAの数値が高いから前立腺がんであると特定されるわけではありません。確かに精度の高いマーカーですが、それはあくまでも前立腺がんの疑いがあるということに過ぎず、確定診断されるわけではありません。

PSA値 診断
4ng/ml以下 通常値(陰性)
4~10ng/ml以下 グレーゾーン
10ng/ml以上 前立腺がんの可能性が高い
100ng/ml以上 前立腺がんとその転移が疑われる

PSA値が上がる前立腺の病気とは

前立腺がん以外の病気でもPSA値が上がることがあります。例えば、前立腺が大きくなる前立腺肥大症でも、その大きさによりPSAの数値が上昇しますし、前立腺が炎症している場合も同様です。射精をした時もPSA値は上昇する場合があります。

PSA検査で前立腺がんの疑いがあると診断された場合

PSA検査だけでは前立腺がんであるかどうかは判断できません。PSA検査で異常があった場合には、まず、PSAをもう一度測定して値の変化がみられるかを確認することが多いです。また、肛門から指を入れる直腸診で前立腺の状態を調べ、MRIや超音波検査などを行います。その段階でがんが疑われた場合、組織片を調べる前立生検を行い確定診断へと向かう流れとなります。

メンズヘルスクリニック東京 前立腺がんサポート外来は、前立腺がん治療を受けておられる方、
治療が終わった方への健康サポートをおこなう、わが国初めての外来です。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

前立腺がんの再発に不安のある方、前立腺がんとの診断を受けたが治療をためらっている方はお問い合わせください。
専門の医師が適切なアドバイスをし、健康サポートをおこないます。

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

PAGE TOP

前立腺がんサポート外来