03-5224-5551(代表)onmousedown=

診察予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 水曜日 14:00 ~ 19:00
        (第2・4水曜)
  • 木曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • 金曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • 土曜日  9:30 ~ 19:00
        (第1・3・5土曜)
  • 日曜日  9:30 ~ 18:00
        (第1・3・5日曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。
  • ※初診は午前のみの受付となります。
  • (ED1000を除く)
  • 木曜日 10:00 ~ 19:00
        (第2・4木曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性更年期専門外来 > 男性更年期専門外来の奥義 > いったいどんな人がLOH症候群になりやすいのか?

男性更年期専門外来の奥義

いったいどんな人がLOH症候群になりやすいのか?

男性の更年期障害であるLOH症候群。いったいどんな人にかかりやすいのか?その前に、まずはこの病気のおもな要因について整理してみます。LOH症候群のおもな要因としては、4つ挙げられます。ひとつは「睡眠不足」です。男性ホルモンではあるテストステロンは夜寝ているときに作られるため、睡眠をとらないと分泌量が減少しまいます。研究結果においても2日以上の徹夜が続くと、身体から分泌されなくなり、その後、睡眠を十分にとっても、なかなか回復されないことが明らかになっています。

 

ふたつめは、「アルコール」です。アルコールはテストステロンを低下させるため、「飲みすぎ」は禁物です。

3つめは「精神的なストレス」。これもテストステロンの分泌の低下を招く要因です。最後は「筋肉量の減少」です。筋肉と男性ホルモンとは密接な関係にあり、筋肉がつくとテストステロンの分泌が上がり、逆に筋肉が減ると、テストステロンが下がるため、LOH症候群になりやすいというわけです。

 

これらの要因からLOH症候群がなりやすい人はイメージがつくと思いますが 、まずは不規則な生活を強いられる職業の人たちです。たとえば、新聞記者・雑誌編集者などのマスコミ関係者、夜勤スタッフ、システムエンジニア、タクシーやトラック運転手・・・。また海外出張の多いビジネスマンなども、昼夜が逆転して、思うように睡眠時間がとれずに、なりやすい傾向にあります。また、職業に関係なくお酒が好きな人や、急に運動をしなくなったような元アスリート選手などもLOH症候群には多いですね。「極度な精神的ストレス」を抱えているような大手企業の役職などに就いている人や、ご家族などの大切な方を亡くされた人なども、患者さんにはいらっしゃいます。

 

個人差があり、必ずしもあてはまることではありませんが、気になる方はお早めに検査を受けてみてください。

PAGE TOP

男性更年期専門外来