03-5224-5551(代表)onmousedown=

診察予約はこちら 専門の医師による診察初診来院予約

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

診療時間

  • 水曜日 14:00 ~ 19:00
        (第2・4水曜)
  • 木曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • 金曜日 10:00 ~ 19:00
        (毎週)
  • 土曜日  9:30 ~ 19:00
        (第1・3・5土曜)
  • 日曜日  9:30 ~ 18:00
        (第1・3・5日曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。
  • ※初診は午前のみの受付となります。
  • (ED1000を除く)
  • 木曜日 10:00 ~ 19:00
        (第2・4木曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性更年期専門外来 > 男性更年期専門外来の奥義 > 男性にもある「更年期障害」とは?

男性更年期専門外来の奥義

男性にもある「更年期障害」とは?

「更年期障害」は、女性特有の病気と考えられがちですが、実は男性にもあり、いま特に増えています。正式には「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」といい、LOH<エル・オー・エイチ>または<ロー>とよばれています。

閉経前後にホルモンの分泌が減ることで起こる、女性の更年期障害と同じく、このLOH症候群も、加齢による男性ホルモンであるテストステロンの低下が原因で、さまざまな身体・精神の不調を引き起こします。

LOH症候群の自覚症状は、大きく3つの側面に現れます。1つめは『心(精神)』です。「やる気がしない」「集中力が続かない」「楽しめない」などの症状です。
2つめは「疲れやすい」「筋力が落ちた」「ビール腹になった」などの『身体』の変化です。最後に3つめは『性』の変化で、「性欲がわかない」「朝勃ちしない」などの症状が現れます。
テストステロンの低下が進行すれば、糖尿病やうつ病、メタボにもなりやすく、男性ホルモンの中でも、最も重要なホルモンなのです。

LOH症候群にかかる人は、女性と同様に50〜60歳が多いですが、その人のライフスタイルによってばらつきがあり、70歳になって表れる人もいれば、30代後半の患者さんもいらっしゃいます。

アメリカでは、2008年ごろから男性ホルモンを補充する薬が増え、今ではLOH症候群は一般的に認知されていますが、日本でのシニア層の中でも、あまり知られておりません。症状だけでは、単なる怠け者に見られることもあるため、周囲の理解が得られずに、苦しんでいる患者さんも少なくありません。

症状の表れ方や進行の仕方においても、LOH症候群は非常に分かりにくく、女性の更年期障害の場合は、閉経前後に女性ホルモンが急激に減少し、自律神経失調症などの身体の変化が見られますが、一定期間だけ症状が現れ、1年経つと症状がほとんど出なくなることもよくあります。それに反して、男性の場合は、テストステロンは、年齡を重ねるごとに、徐々に減ってくるため、症状の変化が少なく、時期も予測がつきません。少しでも当てはまるような症状がある方は、ぜひ一度専門のクリニックで検査してみてください。

PAGE TOP

男性更年期専門外来