AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

Dクリニック東京 メンズ
奥義

Dクリニック東京 メンズ  > Dクリニック東京 メンズの奥義 > 「SPF」や「PA」を理解して、紫外線対策を!

Dクリニック東京 メンズの奥義

「SPF」や「PA」を理解して、紫外線対策を!

四季がある日本では季節によって紫外線量が変わります。日本で紫外線量がマックスになるのは7〜8月が一般的ですが、実は5月でも真夏並みの紫外線が降り注いでいます。野外はもちろんですが、室内にいても光は浴びますから、普段から光対策は必要です。その対策として最も効果的なのが、日焼け止め(サンスクリーン剤)の活用です。サンスクリーン剤の効果を表す値として、「SPF」「PA」という言葉をよく目にしますが、これらは、それぞれどんな意味があるかご存知ですか?

「SPF」とは、 Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、日本語では紫外線防御指数ともいいます。UVB波(紫外線B波)を防ぐ指標です。たとえば紫外線を浴びて20分で皮膚が赤くなる人が、SPF30のサンスクリーン剤を使うと、赤くなるまで約30倍延ばすことができるということです。つまり20分×30=600分(10時間)までもつということになります。

一方、「PA」とはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUVA防御指数とのこと。皮膚を赤くさせたりする表皮への影響を防ぐ「SPF」に比べて、「PA」はしわやたるみの原因となる真皮にまで影響をおよぼすUVA波(紫外線A波)の防止効果を表します。
この「PA」は、その防御能力により1+から4+までのグレードがあります。「SPF」は最大で50+。ただし、これらの防御能力はかなり厚塗りをした状態での測定値なので、通常の塗り方であれば、数値の半分くらいの能力だと思ってください。それを考慮すると「SPF」は「30」、「PA」は「2+」くらいの製品で日常の生活なら十分UVBやUVAの紫外線を防ぐことができます。

ではどのくらいの回数塗ればいいのでしょうか?

状況により変わってはきますが、室外にいるときは2〜3時間、大量の汗をかいたときは30分おきにこまめに塗り直すようにするのが効果的です。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来