AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

Dクリニック東京 メンズ
奥義

Dクリニック東京 メンズ  > Dクリニック東京 メンズの奥義 > 患者さん一人ひとりのニーズに合った、最良の「前立腺がん治療法」を提案

Dクリニック東京 メンズの奥義

患者さん一人ひとりのニーズに合った、最良の「前立腺がん治療法」を提案

メンズヘルスクリニック東京では順天堂大学泌尿器科と医療連携しており、手術などが必要になった時のサポートも万全です。

具体的に紹介すると、根治治療としては、手術治療や放射線治療を行っています。手術治療では、全身麻酔を行い、前立腺と精嚢をあわせて摘除。勃起障害を避けるために、神経温存手術という方法も選択できます。また、最先端技術「ダ・ヴィンチ」を活用した手術では、基本的には輸血の必要がなく、手術時間も短く行えるので、患者さんへの負担や合併症を軽減できます。前立腺がんの摘出手術を行うと、手術後に尿漏れや勃起障害が問題でしたが、ダ・ヴィンチだと男性機能などが温存できるので、尿失禁や勃起機能の保持・回復が早く、術後のQOLも向上します。
放射線治療とは、前立腺に放射線を当て、がん細胞を死滅させる治療のこと。治療には7週間程度かかりますが、治療中は入院の必要がなく、日常生活を続けながら治療ができます。

すでに転移がある場合は、薬物治療(内分泌療法)を行います。前立腺は、アンドロゲンという男性ホルモンを栄養源としており、前立腺のがん細胞もまたアンドロゲンの影響を受けています。そこで、そのアンドロゲンの分泌をブロックして、がんの増殖を抑えようというのが、ホルモン療法といわれる内分泌療法。
また、骨転移などでの痛みの緩和や転移再発した場合の局所治療などには放射線治療も有用です。最近の国際的な研究では、転移があっても手術・放射線などの治療法が有効なケースが実証されているので、患者さんの声を聴き、ニーズを把握したうえで、様々な方法を駆使して、最良の治療法を提案しています。

順天堂大学医学部附属順天堂医院 泌尿器科ホームページ

http://juntendo-urology.jp/disease/prostate_cancer/

前立腺がんの予防には、食事の他には「運動」も欠かせません。有酸素・無酸素どちらでもかません。前立腺のさびをとる治療ですね。有酸素と無酸素どちらでもいい。さっきいったのは、この前立腺のさびをとる外来、メ結局は、さびをとるということは。テストストロンが低いので、軟膏塗ればいいか、注射すればいいかじゃなくて。結局大事なのは、テストストロンが低い人は、居場所をどこかというのを見つけてあげるのが、正しい医療なんですね。居場所を見つけないと、継続してテストストロンが上がらない。注射と軟膏と、サプリではなくて、方法論を模索したい。TSの低い人は、女性カウンセラーみたいな人と話していたほうがいい。

将来的にがんがでてくる可能性はある。
早期発見するには、PSAの値と現在MRIをとって、がんの可能性があるか、検査するのは一般的です。通常直ちに整形をするのではなくて、PSAが変化する人はご相談ください。

PSAは50歳以上が毎年。お父さんやおじさんなど親族に前立腺がんがいるときは、40歳台から受けたほうがいい。遺伝性が強い。前立腺がんが多くは治る。しかし、やっぱりがんはなめちゃいけない。前立腺がんで
命で落とす人は増えてきている。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来