AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

Dクリニック東京 メンズ
奥義

Dクリニック東京 メンズ  > Dクリニック東京 メンズの奥義 > 男性ホルモンで、前立腺がんが悪化しにくい身体をつくる

Dクリニック東京 メンズの奥義

男性ホルモンで、前立腺がんが悪化しにくい身体をつくる

「男性ホルモンであるテストステロンが増えると、前立腺がんのリスクが高まりますか?」と尋ねる患者さんをよくお見かけします。全くの誤解です。テストステロンは、健康のバロメーターとよばれるだけあって、低い人はがんが悪化しやすいが、逆に高い人はがんが悪化しにくくなります。だから身体にテストステロンを補充しても、前立腺を引き起こすようなことはありません。

そのテストステロン(ホルモン)にとって、最大の敵は夜更かしです。
ホルモンは朝高くて、夕方に下がります。つまり眠っている間に作られるわけです。眠りが浅かったり、短かったりすると、ホルモンが上がらずに、次の日を迎えることになります。

ホルモンを高めるためには、どうすればいいか。それは、よい睡眠をとることです。そのために、睡眠前にリラックスした状態を作り出すことを心がけましょう。具体的には、「午後9時をすぎたらメールやパソコンをやめる」「家の明かりを少し落とす」「不安や心配事などストレスを抱えこまないこと」です。

夜勤をしているシフトワーカーの男性は、前立腺がんになりやすいというデータがあります。夜、充分な睡眠をとれない人は、テストステロンが低くなってしまいます。テストステロンの定期的な検査も、前立腺がんを悪化させない、ひとつの予防といえるでしょう。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来