03-5224-5551(代表)onmousedown=

診療時間

  • 金曜日 14:00 ~ 19:00(毎週)
  • 土曜日 9:30 ~ 19:00
        (第1・3・5土曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性妊活外来 > 男性妊活外来の奥義 > 診察で大切にしていること

男性妊活外来の奥義

診察で大切にしていること

不妊治療においては、患者さんが同じ年齡や症状でも、奥さまの年齢やご夫婦の経済的な余裕の有無によって、治療法は大きく変わってきます。医療上正しい選択であっても、それが、ご夫婦にとって必ずしもハッピーな治療法とは限りません。

たとえば、精子の数が少ない場合、体外受精を薦めるのが一般的な考え方ですが、経済的余裕のないご夫婦や、自然妊娠でお子さんをつくりたいと望んでいるカップルには、体外授精がベストの治療とは言えません。しかし、患者さんの希望より、妊娠率の向上のみを重要視した治療が行われがちであることも事実です。もちろん同じ症状で、金銭的にも余裕があり、すぐに子供がほしいと思っているご夫婦には、それに合った治療を行います。いずれにしても、ご夫婦が何を求めているかということを優先して、治療法を検討する。これは医師として私が一番大切にしていることです。

 

自然妊娠を希望するご夫婦であれば、(男性に不妊の原因がある場合)選択肢としては、まず精子力を高める治療を考えます。ただこれもまた難しく、風邪のように、この薬を飲めば効果てきめんという特効薬は、未だ開発されていません。漢方薬やビタミン剤などを組み合わせて、未使用の人よりは平均的に精子の状態がよくなるというデータはありますが、その人にその薬が必ず効くかどうかまで突き詰めた医学研究はありません。私たちも、そうした背景をご理解いただいた上で、薬物治療に取り組むか否かを、患者さんご自身でご判断いただくようにしています。

辻村 晃(つじむら あきら)

辻村 晃(つじむら あきら)

略歴

兵庫医科大学卒業。国立病院機構大阪医療センター勤務後、ニューヨーク大学に留学し細胞生物学臨床研究員を務める。大阪大学医学部泌尿器科准教授などを経て、順天堂大学医学部泌尿器科学講座先任准教授。特に生殖医学、性機能障害の治療に注力し、不妊に悩む数多くの夫婦を助けてきた。

所属

日本泌尿器科学会、日本排尿機能学会、日本内分泌学会、日本生殖医学会、日本受精着床学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本アンドロロジー学会、日本性機能学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本内分泌外科学会、日本思春期学会、日本Men’s Health医学会、日本抗加齢医学会、日本生殖内分泌学会、日本ステロイドホルモン学会、日本老年泌尿器科学会、日本女性骨盤底医学会、日本臨床腎移植学会、日本移植学会、日本性差医学会、日本ロボット外科学会、米国泌尿器科学会(AUA)、米国アンドロロジー学会(ASA)、国際泌尿器科学会(SIU)、国際性機能学会(ISSM)、国際Aging Male学会(ISSAM)、国際尿禁制学会(ICS)、アジア太平洋性機能学会(APSSM)、アジア太平洋Aging Male学会(APSSAM)など

日本泌尿器科学会 専門医、日本泌尿器科学会 指導医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医、日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内分泌外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医
日本性機能学会 専門医、日本生殖医学会 指導医

PAGE TOP

男性妊活外来