AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.006 クリスマスプレゼント

今年も早いもので残りわずかとなりました。当クリニックにとっては4月に移転をして新しい診療を行う城が完成して、秋には男性更年期の方のための専門外来も開設し、本当に大改革の年でありました。

また、先日韓国で開催されました頭髪に関しての国際学会「Society for Hair Science Research (SHSR)」において、ナカツクリニック(大阪)の脇坂長興先生が、我々のグループが行っている頭髪に関する遺伝子検査の結果を発表されました。壮年性男性型脱毛の病因に遺伝的な負因があることは以前から指摘はあれども完全な解明までには至っていません。今回我々は、おそらく世界でも類をみない症例数を用いての検査結果の解析を発表し、これは多くの国々の先生方からも注目をしていただきました。またそこには大学病院や公的な研究所ではなく、民間のクリニックの集合したメNPO法人モとしての発表に、非常に大きな意義があるものと思っております。このような研究発表を我々は今後もどんどん世界に向けて発信して行こうと思っておりますのでどうぞ御期待下さい。

さて、話は全く変わってしまいますがそろそろクリスマスです。皆さんはクリスマスプレゼントの御用意などはお済でしょうか?ところで最近かなり高額(100万円以上!)の腕時計が巷では飛ぶように売れていると聞きます。タンス預金は世界一の我が国では、あるところにはあるからなのでしょうか。ただし、その購入の過程にはいささか首をかしげるような点があります。まず、一点豪華主義的な意味合いが非常に強いことです。髪の毛の治療を行っていて、患者さんが一様に気にされることに「他の人にはあって自分にはない!」と訴えられることが多いわけです。つまり以前にもこのコラムに書かせていただいたように、みんなと一緒で同じような部分にこそ安心感を得る(ような教育を受けさせられている)国民性が、我々を含めた発毛・育毛を日々の生業として成立させている一つの大きな要因であると申しました。その一方で他人が持っていないような“スッゴイ”腕時計を身につけること、つまり「私は他の人はちょっと違うのよ!」といった差別感で悦にいってしまうという、アンビバレントな心理が同居していることがひとつ。次に、このような物を購入する理由に「頑張った自分へのプレゼント」と言うことを耳にします。自分へのプレゼント・・・?プレゼントは自分以外の人にするものではありませんか?プレゼンテーションを自分自身にする人はいません。他人にきちんと理解してもらって初めてプレゼンテーションは成立します。言いたい意味は分かりますが、ここにも他人とのコミュニケーションがヘタになっていく現代人の一面が浮き彫りにされているように思います。

ところで、私のクリスマスの思い出ですが、幼稚園時代に父親から「うちは仏教だから」と断言されて以来フリーズしたままです・・・。

皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしいただき、そしてどうぞ良い年をお迎えください。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報