理事長の呟き

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.148

今年もあと半分だけど・・・

いよいよ今年もあと半分です。これも我がコラムの毎年の決まり文句になってまいりましたが、「“行く半年、来る半年”を元気にお過ごしですか?」本当に光陰矢のごとしでございます。

連夜のワールドカップ観戦で、睡眠不足続きの方も沢山いらっしゃると思いますが、ベスト8進出を賭けた侍ジャパンの戦いは最後の最後まで何か素人目には消化不良の戦いでした。そんなパラグアイ戦における日本のサッカーを見ていたらど〜も何かに似ているような・・・。そう、まさにこの流れこそは我が国の外交戦術と同じではありませんか!

最初から圧倒的に力でもって推し進めることはできず、だからと言って戦略的にアッパレとも言えるような策も無く、何だかわからないうちにズルズルと時間だけが経過して、気がつけば“北方領土”も“尖閣列島”も“竹島”も“沖縄の基地”だってすっかり相手側の言いなり・・・。そんな試合内容に見えて仕方がなかったのは私だけか?

さてさてそんな南アフリカで最後に笑うのは一体どこの国でしょう?私個人的には開催大陸であるアフリカ勢で、唯一残っているガーナあたりに頑張ってもらいたいのですが、もう暫く睡眠不足は続いてしまいそうですかね。

つい先日まで「とどまるところを知らない・・・」という言葉を聞くと、条件反射的に宮崎の口蹄疫の感染を連想しておりましたが、それもすっかり今では相撲界の賭博問題に取って代わりました。

まあ“伝統芸能”に近い、オツムの中のレベルは古式ゆかしい人達のことですから、今の時代の常識にマッチしないことも多々あろうかと・・・。ここぞとばかりにギャーギャー騒ぐマスコミにだって、叩けばそれなりのほこりも出るでしょうに、相変わらず鬼の首でも取ったように報道し続けています。

そんな相撲界の中で一番ホッとしているのはさあだ〜れだ?私は密かに北の湖“前”理事長ではないかと思っておる次第であります。過日自分が辞任した(させられた?)時は、猛烈に後ろ髪を曳かれるような思いだったのだと推察いたしますが、今となっては「こんな事になるのならあの時辞めといてよかった〜〜」と内心思っていますよきっと。

あ〜〜っと、そんなことより皆さんも名古屋場所が開催されるかどうかはもちろん賭けの対象になっていたはずですよねって。(おいおい)

そういえば参議院選挙も一応予定通りに行われるようですが、予想外のサッカー代表の活躍と予定外の相撲賭博事件の大きさに完全にかき消されてしまっています。さてこの盛り上がりに欠けてしまった状況下では一体どの党が一番得をするのでしょう。

新党もゴチャゴチャと沢山出てきましたけれど、「それで一体何かできるのか?」と問えば、結局数には勝てないことは明らかですから、最終的にはどことどこがくっついて(連立して)ということになってしまうのか?

それと最近その選挙戦で特に感じるのは、巷に貼ってある選挙ポスターの顔と、テレビで流れる街頭演説で見る顔が「えっ、本当に同一人物なの!?」って思えるほど違うんですよ、特に女性候補。

そりゃ〜一世一代の大勝負に最高の笑顔の写真を使いたくなるのは十分理解できます。ところが今や殆どがデジカメ撮影の時代ですから、多少の修正なんていくらでも可能かと思います。まあこちらも顔だけで投票するわけではございませんが、経歴詐称に近いレベルの修正はちょっとどうかと・・・○△さん。

きっと恐ろしく低い投票率になりそう(これも一口賭けます?)ですが、11日以降をお楽しみにって、そんな悠長に構えるほど我が国に色々な意味での余力は残っていないと思うのですが・・・菅先輩、大丈夫ですよね。来年のG8にもちゃんと続けて参加してくださいよ。

 

場末の一精神科医と致しましては、ここのところ連鎖反応的に続いている未成年による刺傷事件の方が気にはなるところなんですが・・・。

WEB予約

ご予約/お問合せ

AGA・円形脱毛症

電話 03-5224-5551