AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.188 新年度


本当に秋入学が実施されるのかどうかわかりませんが、まだまだ我が国では春が新年度のスタートです。2012年度が始まり新しい環境で春を迎えられた方々も多いと思いますが、コラム読者の皆様方はお変わりございませんでしょうか?

先日AKBの前田敦子さんも堂々と“離党”宣言をして、遂に“新党”結成か?こうなると次々と“造反メンバー”も続いて出現か?そうなればもはや“解散総選挙”は必至なのか?いやぁ~実際の政局よりも秋葉系はかなり熱くなっていらっしゃるようですが、正直平和ボケですな。

まあスペインの名門サッカーチーム「バルセロナ」は、メッシのクローンが3人でもいない限り世界中で同時に3試合こなすような日程は絶対に組まないわけです。それをまあ自信だか驕りだかわかりませんが、中途半端なメンバー構成で同日に色々なところで営業をかけていたら、「これなら私がいなくても・・・」と思ってもあたり前田の敦子ちゃんです。

得体のしれない利権やしがらみが渦巻くあの業界で、あんなやり方でいきなりフリーになって、果たして何事もなく今まで以上(通り)にお仕事がやって来るのでしょうか?一般人の私には窺い知れないところですが、引き続きの御活躍を祈る平成24年度のスタートでありました。

そんなこんなで新年度から色々な事が実施されたり、改訂されたりするのが我が国の長年における掟でございます。自分達に都合の悪い事は相変わらず隠ぺい体質の東京電力の料金値上げの件や、保険診療を行う医療機関では保険点数の改定などが実施されます。(それはそうと大阪の某医療法人における不正請求50億円の事件はちょっと驚きでしたけど、一体何をどうすればそんな巨額に不正請求が出来るのか場末のクリニックでは想像も及びません)

そしてこれは法律ではなく、全くの一業界における自主規制ですが、国内の全製薬メーカーがある限度額(1人当たり5,000円)を超えた一切の接待を行わない事を決めたそうです。まあそれが実施されて生活できなくなる医者はいないと思いますが、それで生活をしていた人達は恐らく死活問題のはずです。

料理屋さん、飲み屋さん、タクシー会社etc.であります。まあ死活問題になる程の接待交際費を製薬会社が使っていた事も問題と言えば問題なのでしょうが、この不景気の中、特に地方都市などでは製薬メーカー御用達、製薬メーカー頼みの飲食店は多いでしょうから地方経済は益々冷え込みますわな。

海外からお偉い先生を御招待して、国内の医者を一堂に集めてアゴ(食事)・アシ(交通日)・マクラ(宿泊代)付きの研究会なんてトンと聞かなくなりました。今ではインターネットで見たい人は見てください的な対応になってきています。そりゃ~コストはかなり削減できますよね。

この浮いたお金を研究・開発費に回せば、もっと画期的な良い薬が世に出てくるかと言えば、そうは簡単にはいかないのですね。自社での研究開発はとっくに諦めてベンチャー任せにしている会社が増えています。ある程度の結果が見込まれたらそれを青田買いして製品化する企業がかなり増えていることも事実なのです。

常識をかけ離れた(この医者の常識が世間の非常識といわれる事も多々ございますが・・・)接待でなければ、製薬メーカーも臨床現場におけるホットな情報も欲しいでしょうし、こちら側も多少オフレコ的な薬の話だって聞きたいわけですから、どこかに多少のそのような場面を残すのも一興かと思いますけど如何でしょう。

車のハンドルだって、ブレーキだって、多少の“あそび”の部分があって安全運転が出来ているのではありませんか。この“あそび”の程度の接待までも認めないような今回の業界の決めごとですが、果たしてどこまで規制が続けられるのか?

別に法的な規制ではなくあくまでも業界の自主規制で、この業界の『ガリバー』武田薬品が「やる!」と言いだした手前、経費削減をしたくて仕方がない他のメーカーも渡りに船とばかりに賛同したように聞いております。

私どものクリニックは自由診療で、使う薬も限られていますので競合他社が凌ぎを削ってMRさん(製薬メーカーのセールスマン&セールスレディーですね)が足繁く通ってくる事はありませんし、接待攻勢を受けたことも殆どありません。つまりこのような規制はあっても無くても全く痛くも痒くもございませんけど・・・。

ただ、何が何でも横並びで“赤信号でも手をつなげば渡ってしまう国民性”と昔から言われている日本人気質は、応用の利かない“絆”として今の時代においてもしっかり生き残っているのだと痛感させられる平成24年度のはじまりはじまり~~~、であります。

 

 

 

 

自主規制を破って多額の接待攻勢をかけた製薬メーカーをスクープ!!
でもまさか“読売新聞”だけはそんなこと記事にはできませんよね(笑)

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報