03-5224-5551(代表)onmousedown=

メンズヘルスクリニック東京 > クリニック情報 > 院長の部屋 > 例の日大事件ですが・・・

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.333 例の日大事件ですが・・・

DRkobayashi1気温差の激しかった5月も終わり、早いもので今年も既に6月に入ってしまいました。夏を思わせる日差しも多く認めており、例年よりも早い梅雨入りとなったところもあるようで、今年も酷暑となりそうな予感がいたしますが、コラム読者の皆様に於かれましてはお変わりなくお過ごしの事と存じます。

立法の府にありながら相変わらず国会はカゴカケ問題ばかりで、一向に他の審議を進めようとしない国会議員達にこそ『働き方改革』を率先して行って欲しいと願う今日この頃でありますが、やはり今回は日大のアメフト事件の話は避けて通るわけにはいきません。

これだけマスコミも騒ぎ立てておりますから多くの方はご存知だと思いますが、それにしても当事者の日大部員の方の会見だけが至極まともでしっかりとしたものに思えて、それを取り巻く大学関係者の会見に日本中があきれ果ててしまった感は否めませんでした。

前監督と前コーチの会見なんて火に油どころか、ガソリンぶちまけてしまったような大炎上状態となってしまいました。学長の会見もこれまた然りで、これでは鎮火までにはかなりの時間を要してしまうものと思われます。日大には危機管理学部が新設されたようですが、一体どのような授業をされるものなのか聴講したいものです。

恐らくこれから次々に文春砲や新潮爆弾がこの件以外での日大の陰部をゴリゴリと掘削して、世の中にあからさまにしていくであろうことはまず間違いありません。こうなるとアメリカンフットボール部の問題だけで終わらせるようなことは絶対にしないはずです。あの理事長ご出身の相撲部あたりは要注意でしょうね。昨今の相撲協会の件もありますし、アメフトどころの“可愛がり”ではなさそうな・・・。

ところで今回はきちんとルールのある学生スポーツ競技の中での出来事ですから大問題でしたが、言ってしまえばこのような上下関係(いわゆるパワハラ)なんていつの時代もどこの社会にもあるお話ですよね。

ドラマや映画でおなじみの「暴力的自由業」の方々の中では、敵対する組の『タマとってきて』その後自首してきちんと何年かお勤めして、晴れて無事に出てきたら銀バッジが頂けるなんてまさにこれですよね。

これは勿論組長(監督)が直接指示を出すのではなく、若頭(コーチ)が現場に出向いて仕事をする鉄砲玉(選手)に上記内容をこっそり耳打ちして、その後は「しくじりましたじゃ済まね~んだからな!」と発破をかけてから行ってらっしゃ~いの世界です。配役以外は寸分たがわぬ全く同じストーリーであります。

更に言わせて頂くとまさに昨今のカゴカケ問題もそうではありませんか。安倍総理は各省庁に直接依頼なんかはしていないのかもしれませんが、官邸内の取り巻きの者どもが斟酌して勝手に動き回ってしまってのこの有様なのでしょうから、こっちだってキャスト以外は同じ内容のお話です。

もっとこれを世界に目を向けますれば、中国の習近平さんもロシアのプーチンさんも北朝鮮の金正恩さんだって、それはもう安倍首相以上に取り巻きスタッフが忖度のアメアラレ状態で動き回っており、そんな動向で一国を牛耳っているのですから、とどのつまり世の中全てこんなものと言えばこんなものであります。極論を申しますと、

『この世の中パワハラ的な上下関係は常に存在するものです!』

とは言うものの、そこのところをどこでどうのように線引きをして、パワハラやセクハラやモラハラとされて(して)しまうかは、最終的には個人個人の間における“コミュニケーションの成熟度”によるものだと私は思うのです。

皆さんの周りでも同じことをしても、同じことを言っても、何故か許されてしまう人と絶対に許してもらえない人っていませんか?それって「ま~結局はその人の御人徳ですかね」と言ってしまえばそれまでですが、その御人徳と言ってもらえるまでに必要とされる良好な対人関係をちゃんと構築できるかどうかのスキルの有無の問題なのですよ。

これからの世の中、どんなにAIが発達しようとも、どこで何をするにしても、最後の最後は人と人の繋がりが全てだと私は信じておりますので、コミュニケーション能力を磨くことを日々の生活においても、教育の現場においてもキチンと実施する事こそが大切なのであると声を大にして申し上げます。

自分の声を直接相手に発することも無く、一方的に文字(スタンプ)だけを、場合によっては相手も特定せずに不特定多数に発信するSNSでは、対人的コミュニケーション能力のスキルアップは不可能なのです。これからシンガポールで歴史的(になる予定の)会談をするつもりの某国の大統領がまさにこのケースでしょう。

理不尽な対人関係をどう上手く処理できるかは、その立場上どうにも仕様がない状況以外ではコミュニケーション能力で乗り切れるかどうかは決まるのです!とは言いながらもLINEのスタンプ大魔王と言えばこの私の事だったりするのですが・・・(笑)

 

 

でも今回のマスコミの動向を鑑みると、安倍首相も麻生大臣も日大に足を向けて眠れませんよね~~~。これがなかったらカゴカケ問題で、もっと多方面から絶対に叩かれていたでしょうから。

メンズヘルスクリニック東京の診療外来

  • AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来
  • 男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報