03-5224-5551(代表)onmousedown=

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.318 何だかなぁぁぁ?

DRkobayashi1
10月も半ばとなり日々の診療の中でも患者さんによりましては診察終了後に「では、よいお年を!ですね」と告げなくてはならないケースもぽつぽつ出始めております。

かと思えば、日中はまだ30℃に近い気温になってみたりと、このまま秋を感じることなく一気に冬になりそうな予感のする今日この頃、コラム読者の皆様に於かれましてはその後も御清祥のことと存じます。

さて今回のコラムですが、ここ最近で小林的にそれって“何だかなぁぁぁ?”シリーズを勝手気ままに集めさせて頂きましたので宜しくお願い致します。勿論皆様のご意見ご感想も頂戴出来ますと幸甚に存じます。

 

上野動物園のパンダの香香(シャンシャン)嬢は今のところは大きなトラブルもなく元気にスクスクとお育ちのようで大変結構なことでございます。それにしても彼女は生まれてから3ヶ月間も名前をつけてもらえなかったという事に関しましてはチョッと如何なものかと・・・。

もしも名無しの間に最悪の事態(前回のようなこともありましたからね)に陥ってしまった場合は、本当に余計なお世話だとは思いますが戒名や墓碑銘はどうするつもりだったのでしょうか?

 

選挙もいよいよ終盤に入りかかっておりますが、希望の党とやらの当初の勢いは尻窄み状態と化しており、現在の予想では自民党が逆に息を吹き返している状況のようです。まあどう見てもその時の思い込みと風だけが頼りの烏合の衆にしか見えず、「安倍1強がダメ!」と言いながらの当の本人が「小池1強にシテ!」と言っていることがあまりにも見え見えとなってしまった今では時既に遅しであります。

しかもこれから希望の党でめでたく当選出来た人の中には文春さんや新潮さんからしてみれば、わざわざ“鴨が葱背負ってご丁寧に鍋まで持参”してきたような輩がうようよといそうですので、そちらのマスコミさんのゴシップネタ確保は当面御安泰でしょう。

ですからもうこうなれば次の新内閣の方々の身体検査も全て文春、新潮にアウトソーシングで委託された方が絶対に間違いないのではないかと思いますが如何でしょうか?

そして最後まで出るのか出ないのか、何ともはっきりしたようなしないようなで、結局出馬をしなかった小池さんです。今回の選挙では“我が国初の女性”総理大臣になれる目がないとご自身で判断されたのでしょうが、当初より党首と都知事の兼任が出来るのかぁぁぁ、出来ないだろぉぉぉ、と世間は騒いでおりました。選挙期間中も平日の昼間から街頭演説していますがこれは都知事としては有給消化扱いなのでしょうかね。

では大阪府知事と大阪維新の会の党首の兼務の件に関しては、誰からも何も言ってもらえないのか、言うほどの価値もないのか当人の松井知事はこの扱いの違いをどのように思っておられるのでしょうか?

 

ガソリーヌからフリンセスへと呼び名が変わり、それでも無所属で出馬をされた山尾さんですが、今回の総選挙を安倍さんが決断するにあたりそのきっかけを作ったのがこの方と言っても過言ではありません。

その上自分が所属していた民進党をバラバラにしてしまったきっかけをも作ったといえるはずなのに、まるで何事も無かったかのように「無所属で出馬できてよかった!」なんてニッコリと地元有権者に向かって微笑んでおられます。

これでひょっとして当選された暁には、直ちに「立憲民主党」に所属をされるおつもりなのでしょうか?

 

今年はここ数年になく村上春樹氏への過剰な期待感を醸し出さない(ように敢えてしたのか)感のあったノーベル文学賞でございました。結果として国籍は英国人になっておられるようですが、見た目と出自はまんま日本人のカズオ・イシグロ(石黒一雄さんと表記するようです)氏がめでたく受賞されました。

これで当分は日本人の文学賞の受賞が遠のいてしまったという人もいるようですが、物理学賞や生理学・医学賞は2年続けて日本人がとっていますから来年をお楽しみに!と言ったところでしょう。

そもそもノーベル賞はそれまでの研究結果や業績に対して贈られるもので、贈ってしまった後からあの“小保方さん”みたいなことになってしまってはノーベル財団の沽券に関わりますので、研究内容が発表されてかなりの期間が経ち、どこからも決していちゃもんをつけられないような業績のみが受賞可能となるのです。

ですが平和賞に限ってはここ最近で言わせて頂くと、それまでの業績よりもむしろ「これからもっと頑張れよ!」という未来志向に賞を出し続けているように思えて仕方がありませんが如何でしょうか?

 

以上がここ最近の小林的にそれって“何だかなぁぁぁ?”を勝手気ままにオムニバスで集めさせて頂きましたが、さて皆様は如何お感じでしたでしょうか。

 

 

小林的な私生活に於けます“何だかなぁぁぁ?”まで盛り込みますと、字数を大幅に超えてしまいますので今回はそちらの部分は割愛させて頂きました。

メンズヘルスクリニック東京の診療外来

  • AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来
  • 男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報