AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.223 介護犬

kobayashiDR


昔の人の言うとおり「暑さ寒さも彼岸まで・・・」、何て思っていたら今月になって全国各地で10月の最高気温の記録連発であります。あれだけ心配していた「あまちゃん」の後釜は思いのほか高視聴率のようですし、「半沢直樹」の後釜はまだ初回だけですが、こちらは今後の流れ次第では予想通りと申しますか何とも微妙~~な臭いが既にしてきております。

そんな事より経済界におきましては、アメリカがくしゃみをしたら我が国は肺炎を発症するわけですが、このコラムのアップ以降にアメリカ議会はどうなっているのか、これまた微妙~~な状況で今年も残り2ヶ月半となりましたが、コラム読者の皆さま方はその後もお元気にお過ごしでしょうか?

このコラムではまだお伝えしておりませんでしたが、今月の11日で我が家の“次女”も無事に生後10ヶ月を迎える事が出来ました。次女と申しましても我が家で生活を始めて6ヶ月半、体重は現在7.9㎏の “ワンコ”のお話でございます。

名前は12月生まれにて「ノエル」と申します。犬種はオーストラリアン・ラブラドゥードルと言いまして、その名のとおり基本的にはラブラドール・レトリバーとプードルの組み合わせとなります。

プードルという犬は毛が抜けにくくて、犬アレルギーの方でも割と大丈夫だそうで、それに盲導犬などで活躍しているラブラドール・レトリバーの組み合わせから「万人のための介護犬」になるべくしてこの世に生をうけたワンコなのであります。

両親犬としてラブラドール・レトリバー×プードルの他に、能力やカラーバリエーションを増やすため、これがややこしい事にアイリッシュ・ウォーター・スパニエル、カーリー・コーテッド・レトリーバー、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが取り入れられているそうなのですね。

ですから我が家の次女も全身は一見真っ黒なのですが、下顎と前胸部に若干白い毛が生えており(これが何とも雪が付いているようにも見えてノエルという名前をつけたわけでして・・・)、何故か肉球の一部に茶色い毛が生えていたりします(微笑)。

成犬は23~30㎏位まで成長するスタンダード、13~20㎏程度のミディアム、7~12㎏までのミニチュアの3タイプから選ぶ事が出来まして、我が家は当然拙宅のサイズに合わせまして“ミニチュア”と相成りました(爆笑)。

顔立ちはうちの次女の場合どちらかと言うとプードル色が強くて、今年の夏は特に暑かったのでやや短めに刈り込んだ事もあり、今でも散歩に出ると多くの方々からは“中途半端にでかい”トイプードルと思われる事がしばしばであります(苦笑)。

毛は無駄に抜けないわ、盲導犬のように賢くて従順だわ、良いとこだらけの犬種だけにさぞかし飼い易いものと完全に高を括っていたところ、まあとんでもハップン、徒歩でジュップン東南角部屋ってな感じで(どんな感じやねん)、ここまではいやはや本当に大変な道のりでございました(畜生)。

私もその昔実家にいるときは自宅で犬(ヨークシャー・テリアを2匹)を飼っておりましたので、今回だって「まあ犬1匹ごとき全然OKでしょう」なんて気軽に構えておりました。ところが、であります!トンでもありませんでした。これほどやんちゃで好奇心旺盛とは・・・。

実はこの犬を飼う事に決めるきっかけになったのは、とある知人の方が先に飼われていて、そのご自宅でのワンコ様のお話を聞くにつれ、インターネット等で調べるにつれ、「う~~ん、こいつはかわいい奴ではないか!!」と気持ちばかりが先走り、娘が以前から犬を飼いたいと言い続けていたことも併せて勢い決めてしまったのでございました。

そして我が家に来るや否や、まあとにかく自分の視界に入るものは、とりあえず何でも噛んでしまえと食らいつきますから、今まで不用意に置いてあった雑誌や新聞、置物、リモコン類やDVD、CDなどはあっという間に全て撤去であります。お陰様で随分お部屋が片付きましたけど・・・。

先ほど申し上げましたが一応「万人に対しての介護犬」がキャッチフレーズでありまして、まさか老後をこの犬に看取ってもらうつもりはございませんが、せめてもう少し仲良くできないものかと只今も四苦八苦中であります。

まだまだ遊びたい盛りではあるのも分かってはおりますが、一緒に遊ぶことをこちらがサボってしまうと視界に入らない後ろから突如私を襲ってきます。ですから我が家では今のところは介護犬どころか“背後犬”として非常に恐れられているという、そんなくだらないオチで今回のコラムはご勘弁を・・・。

 
 

勿論家庭内で背後に気をつけなくてはいけないのは、犬だけではないことは重々承知しておりますが・・・。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニック情報