AGA治療(薄毛・抜け毛に関する治療)、メンズヘルス医療を提供する東京駅にあるDクリニック東京 メンズ

院長の部屋

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.201 賞味期限切れ


さあ、今年も残すところあと2ヶ月となりました。前回200回の連載を終えて、やや軽い燃えつき感も出現してしまい、今回のコラムネタがなかなか見つからない状況で更新前日を迎える羽目になりました。なんとなく夏からいきなり秋を飛ばして冬を感じさせるような季節感でありますが、コラム読者の皆様方は体調を崩されることもなくお元気にお過ごしのことと存じます。

季節感のなさでいえば、マンハッタンを襲った温帯低気圧(元ハリケーンのサンディちゃん)でニューヨークは大変なことになっていたようです。まあそれにしても温帯低気圧ごときで街全体があの体たらくですから、本当にサンディの状態で上陸されていたらあんなものではなかったという事ですよね。

今回の件でニューヨークという街は東京よりもかなり雨や風に弱いことが露呈してしました。これでは正直、都市の機能としてはいささか“賞味期限切れ”の感は否めません。そう考えれば昨年の3/11の時も、今夏の台風の時もそれほど大きな被害は認めておりませんから、なんだかんだ言っても東京は大した街なのだと思います。

しかしその東京の「親分」が先日仕事をいきなり放棄してしまいました。一度投げ出した国政にまた舞い戻ってくると鼻息荒い状態です。2人の息子さん(自民党総裁になり損ね君&衆議院議員になり損ね君)の件もあるとかないとかのようですが、暴走にかけては負けず劣らずの新潟のおばさんに「暴走老人」などと「暴言」を吐かれております。さて我が国の政治はこれから一体どうなってしまうのでしょうか?あまり期待をかけるにはこちらの80歳もやはり“賞味期限切れ”では・・・。

何だか野田総理の顔が疲労困憊といった感じに見えてしまうのは私だけでしょうか?いつ見ても両目は常に充血していますし、肌の色も血色が良いとはとても言えない土気色です。はっきり申しまして「人相」がかなり悪くなっています。そう思えばここ最近の総理大臣の幕引きの時に人相が変わっていなかったのは唯一小泉さんだけですかね。

まあこれだけの難問を1人で背負い込んでいたら、体がいくつあっても足らないことは政治の素人の私にだってわかります。つまり信頼出来て自分を支えてくれるブレーンがどれだけ沢山いてくれるかが勝負になるのでしょうが、今の民主党の中を見渡しても果たして総理の黒子に徹して一緒に汗をかいてくれる優秀な人材がどれだけいるのか疑問だけが残ります。脱官僚政治と息巻いてもその官僚の作った答弁書を棒読みしているようでは、すでに野田さん含めて民主党もしっかり“賞味期限切れ”と言えましょう。

今回のコラムのタイトルの“賞味期限切れ”でありますが、我が家におけるこれらの宝庫の1つに「冷蔵庫」がございます。皆さんのお宅ではいかがでしょうか?冷蔵庫の奥の奥で食卓への出番を今か今かと待っていたにもかかわらず、そのままひっそりと存在すら忘れ去られてしまって、今や表舞台に出ることも憚られてしまった悲しい食材達・・・。今庫内を覗いていただくだけでも、ホレ1つや2つと出てくる出てくる(悲)。

それが徐々に庫内のスペースを占拠してくると、当然新参者たちの入る場所がなくなっていきます。さて、困った・・・。いよいよここで“賞味期限切れ”の処分になるわけですね。ただ家庭内にてそれぞれの場所には、基本的な「領有権」が暗黙のうちに出来上がっているわけでございます。領土を主張する側に無断で入り込んで唐突に庫内清掃に着手するということは、正直『単身丸腰で今の竹島に乗り込んでいきなり日の丸を振り回すこと』よりも勇気のいることなのです!

それでは相手側に気付かれることなく、暗黙裡にミッションを決行すればよいではないかと言われるかもしれませんが、衣料などと違って目標物は基本的に「生もの」ですから長時間庫内から出したままで放置する(夏場は特に危険ですよね)わけにもいきません。従って生ごみが出せる火曜日、金曜日の朝がその時となるわけです。

この短時間でいかに領有権を主張する側の神経を逆なですることなく、プライドを傷つけることなく、と細心の注意を払っているつもりでもダメなときは何をどうやっても駄目です(爆)。今年も大本命とされながら文学賞が授与されなかった村上春樹氏が言う事には、「女性は怒りたい“事”があって怒るのではなく、怒りたい“時”が必ずあるものであるから、その“時”はどうしようもない・・・」とおっしゃっていましたっけ。

このように敢えて火中の栗を拾う覚悟で庫内へと手を突っ込んだ結果、ものの見事に玉砕するなんてことは、こうなってくればもう残りの人生におけるルーチンワークの1つと割り切ることが必要なのだとヒシヒシ感じる2012年晩秋といったところでした。




庫内の食品の心配よりも自分自身が“賞味期限切れ”のレッテルを張られないようにすることの方が大事でしたぁぁぁ。






200回記念のご意見ご感想を沢山頂戴いたしまして誠にありがとうございました。このような拙コラムでも日頃より楽しみにされていらっしゃる方がいらしていただくことを糧に、300回、400回を目指して頑張る所存でございます。
これに乗じてもう少し色々なご意見を頂戴したく、プレゼントの応募期間を11/15まで延長させていただきますので↓の方からどんどんお寄せください。お待ちしておりまぁぁぁす。

Dクリニック東京 メンズ の診療外来

  • AGA専門外来AGA専門外来
  • 円形脱毛症専門外来円形脱毛症専門外来
  • 男性妊活外来男性妊活外来
  • 男性更年期専門外来男性更年期
    専門外来
  • 男性皮膚専門外来男性皮膚
    専門外来
  • 前立腺がんサポート外来前立腺がん
    サポート外来
PAGE TOP

クリニックについて