理事長の呟き

〜アンチエイジング医療に邁進する精神科医のひとり言〜

Vol.193

この人達



金環日食は自宅でライブにて観測できましたが、金星が太陽の前を通過するのは残念ながら雨天にて観測できませんでした。衆議院の選挙よりもAKBの総選挙の方に多くの国民の関心が渦巻く今日この頃、コラム読者の皆様方はお元気にお過ごしでしょうか?

AKBの選挙は確かCDを購入するとその中に投票券が入っているそうで、今年も1人で何十枚、何百枚とCDを購入したアキバ系男子も数多くいた事でしょう。それって1人で何票も組織票を持ってしまうわけですから、現在の国会議員よろしく“1票の格差”は十分ありそうな気がするのですが如何でしょう。いやいや投票“権”を金で買っているのだから公職選挙法なら完全にアウトですよ。

ましてや自分のオシメン(その人がイチ推しのメンバーのことだそうです)を上位に当選させるために、信じられないような金額を使って同じCDを大量購入する輩が十分存在する事を、主催者側は十二分に見越してのこのイベント。この商売って少し前にお上がチョット騒ぎだしたら、蜘蛛の子を散らしたように各社一斉に撤退した意地もプライドのかけらも無い『コンプガチャ』の商売形態と同じ匂いがプンプンします。

AKBのCD買う金欲しさに未成年あたりが強盗や殺人といった事件でも起こそうものなら、ここぞとばかりに三流マスコミは叩きだすような気さえします。テレビ局にとってGREEやDeNAのような強力なスポンサーではないし、ジャニーズほど番組制作に影響も無いでしょうから、目立ちすぎたら叩かれる我が国の法則からすれば、今回の総選挙フィーバーはそろそろどこかが狙って来てもおかしくない潮時のような気配は・・・。

先日某大学の皮膚科主任教授が嘆き半分におっしゃるには、その教室は新しく入局する皮膚科医の7割が女医さんだそうです。そして3割の男性医師達は「偉くなって責任のあるような立場には就きたくありません」、「あまり残業をするような忙しい病院では働きたくないです」「頑張って働いてしっかり稼ごうとは思っていませんので」etc.などといった府抜けた台詞のオンパレードとの事。

(あっ、もちろん入局の7割が女医さんであることにお嘆きなのではなく、3割のこっちの方にですから誤解のないようにお願いしますよ。そこしっかり言っとかないと7割を敵にしてこの業界生きて行くのは大変ですから・・・)

そこでAKBの総選挙に入れ込むアキバ系男子や、そんな事を平気で教授の前で口にするフレッシュマンの存在が、これから増える事はあっても決して減る事は無いんじゃないかと危惧するわけなのです。そして前回のコラムより私1人で勝手に“撲滅キャンペーン”(週刊文春よりこっちが先ですからね!) を繰り広げております『新型うつ病』を自ら訴え出る輩がこのあたりの連中から遠くない将来に湧き出すような気がしてならないのであります。

昔のアイドルなんてものはかなり遠く離れたおとぎ話のような存在(バーチャル)であり、単なる憧れレベルでの視点だったはずです。よって憧れは憧れのままでありますから、然るべき時期には現実(リアル)を直視して身の回りにおける可能な限りの範疇での手打ち(恋愛→結婚)をしていたわけです。

ところがAKBのように中途半端にリアル(これこそ秋元氏の戦略そのものでもある、お金をつぎ込めば握手も人気投票上位進出も実現可能といった距離感)であり続けるアイドルの存在や、ネットなどを使い真偽は別として様々な情報も入手し放題といった環境で成長した連中は、リアルとバーチャルの間に存在するはずの確固たる境界を自身で明確に区別出来ないままで成人や社会人となり、その後入学した学校や入社した職場の中で理想と現実の狭間で混乱し出すケースが只今続々とその姿を現しているのだと思われます。

その上これも以前からこのコラムで再三申しておりますが、対人的なコミュニケーションスキルを上げていくトレーニングが日常生活において上記の人達はどんどん欠如している為、身近にいてサポートしてくれるはずの“人”から適切な情報をとって判断なり行動なりに移す事が上手に出来ない。

そこでそうこうした挙句“人以外”からの情報に散々振り回されてしまい、自分の考えと現実の狭間で勝手にもがき苦しみ、他罰的となった上で最後に自ら「うつ病」になったと結論付けて『新型うつ病』ハイ、一丁上がり!となっているのです。

その上リアルな恋愛→結婚が出来ない輩の増殖によって今後益々少子化も勿論進むでしょう。つまるところで「生産を終えてしまったリタイア世代」と「生産意欲の欠如した状態の勤労世代」がともに増え続け、しかも「新しい次の世代」が産出されないとなれば国は100%滅びるしかありません。

これは真剣に国なり会社なり社会全体で対策を講じないと、連中をこのまま無策の野放し状態にするようであれば、下手をするとこの国の将来の根幹を揺るがす事態にまで深刻化するであろうとワタクシここに強く宣言を致します。これから絶対に、どんどん、確実に、わさわさ、増えてきますから『この人達』。



このままではどうせ滅びてしまう国なら『この人達』対策として、こうなりゃ~ダメモトと首を括って橋下(ダメモト)総理で1回やってみますか!

新CM公開中! 薄毛治療を相談する
WEB予約

ご予約/お問合せ

AGA・円形脱毛症

電話 03-5224-5551