AGA 【プロペシア錠】AGA治療薬の効果・副作用・初期脱毛について

Dクリニック東京が薬剤治療を推奨する理由

薄毛の治療には、薬剤・増毛・植毛・その他PRP治療など、あらゆるアプローチ方法があります。
その中でも、Dクリニック東京は「薬剤」を中心として、薄毛治療を行う専門のクリニックです。
当院では、お身体への負担や経済的な負担が少ないのは、薬剤治療だと考えております。そのため、薬剤による薄毛治療を推奨しております。

プロペシア錠とは

世界60ヶ国以上で使用される薄毛治療薬

プロペシア錠は、2005年に厚生労働省から承認されたAGA治療薬です。現在では、世界60ヶ国以上で使用されており、医師が処方する1日1錠内服の治療薬として、生え際や頭頂部の薄毛に悩む多くの男性に支持されています。プロペシア錠は、世界中で最も一般的なAGA治療薬といえるでしょう。

もともとは前立腺肥大症の治療薬

プロペシア錠は、薄毛治療を目的として開発されたわけではなく、もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発されました。プロペシア錠の主成分「フィナステリド」を投与された患者に、増毛・抜け毛の減少といった効果が現れたため、AGA治療薬としての治験が開始されたのです。その結果、フィナステリドによるAGA治療の効果が期待できるとして、前立腺肥大症・前立腺がんの治療に用いられるものよりも、フィナステリド含有量を減らした「プロペシア錠」が誕生しました。

Dクリニック東京のプロペシア錠と当院の独自製剤について

Dクリニック東京では、院内調剤室にて治療薬の調合を行なっております。一般的に、皮膚科などの病院や薄毛治療専門クリニックでは、製薬会社が作っているAGA治療薬をそのまま処方することがほとんどです。しかしDクリニック東京は、AGA治療薬に使用されている有効成分の原末を用いて、治療薬を独自に製剤しています。
例えば、プロペシア錠に含まれる有効成分「フィナステリド」に、頭皮の環境を整える「ビタミン類」を配合したり、薬の効果を一定に保つ「亜鉛」を加えたりすることで、患者様の薄毛の症状に合わせた治療薬のご提供が可能です。
Dクリニック東京で独自製剤される治療薬は、一般的なAGA治療薬と同等の効果に加えて、患者様に不足する栄養素などを補いながら、薄毛治療を進めることができます。
なお、薬剤治療を始める前には、患者様のお身体の状態や経済状況なども含めた、生活スタイルを考慮する必要があります。治療期間は、少なくとも半年〜1年ほど必要なため、治療を継続できるかどうかは、あらかじめ考えておきましょう。また、治療開始時には、服用する薬剤・治療期間について、把握することが重要です。

プロペシア錠の効果・効能

プロペシア錠は、頭頂部や生え際のM字部分が薄くなる、AGA症状がみられる場合に効果が期待される治療薬です。AGAは、善玉男性ホルモン「テストステロン」に、還元酵素「5αリダクターゼ」が働きかけ、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されることで生じます。プロペシア錠は、還元酵素「5αリダクターゼ」の作用を阻害するため、AGAの進行抑制に効果が見込まれるのです。

プロペシア錠が作用するタイプ

プロペシア錠は、誰にでも効果が期待できるAGA治療薬ではありません。これは、5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2つのタイプが存在するからです。プロペシア錠は、頭部に多く存在するⅡ型の5αリダクターゼのみに働きます。そのため、Ⅰ型の5αリダクターゼが多い患者様には、ほとんど効かない可能性があります。5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型、どちらのタイプが多く存在しているかは、AGAリスク遺伝子検査で調べることが可能です。

プロペシア錠が作用する期間

プロペシア錠の効果には個人差がありますが、ほとんどの場合、服用から3か月〜半年程度で効果を感じ始めることが多いです。
比較的早い段階で効果を感じられるのが、プロペシア錠の特徴といえます。

服用開始〜3か月

  • 抜け毛が減少する
  • 生え際にうぶ毛が目立つようになる

あまり変化がない

〜6か月

  • うぶ毛が濃くなり、伸びる
  • 薄毛が目立たなくなり始める
  • 周囲の人に「増えた?」と気づかれる

効果を感じ始める

〜1年

  • 明らかに抜け毛が減少する
  • 後退していた生え際が前進する
  • 毛髪のボリュームを感じる

効果を多くの方が感じる

Dクリニック東京の処方・価格

Dクリニック東京のAGA治療の費用は下記の通りです。
積極的な発毛を目的とした「アドバンスト発毛治療」は、プロペシア錠を含む内服薬と、ミノキシジルなどの外用薬を併用することで、AGAの進行抑制と発毛促進をサポートします。
また「単剤処方治療」では、AGAの進行を抑えることが目的のため、主に内服薬を処方して治療を行います。
なお、プロペシア錠の価格は7,700円(税込)で、1箱に30錠入っています。

初診(税込) 再診(税込)
アドバンスト発毛治療 初診費:5,500円(税込)
検査費:5,500円(税込)
合計:11,000円(税込)
外用薬のみ:16,500円(税込)
内服薬のみ:27,500円(税込)
外用薬+内服薬:33,000円(税込)
単剤処方治療 初診費:5,500円(税込)
お薬代:6,600円〜10,450円(税込)(1か月分)
・プロペシア錠:7,700円(税込)
・フィナステリド錠:6,600円(税込)
・ザガーロカプセル:10,450円(税込)
合計:12,100円~15,950円(税込)
再診費:5,500円(税込)
お薬代:18,700円〜30,250円(税込)(3か月分)
・プロペシア錠:22,000円(税込)
・フィナステリド錠:18,700円(税込)
・ザガーロカプセル:30,250円(税込)
合計:24,200円~35,750円(税込)

プロペシア錠の補足説明

AGA治療薬は、医師による処方が必要な薬です。しかし、中には市販で手に入るものがあります。特に、個人輸入の通販などでは、値段を抑えてAGA治療薬を購入できますが、本物の治療薬かどうかは疑わしいところです。個人輸入代行業者は、商品をお客様のところに届けることに責任はありますが、正規品かどうかには責任を負いません。そのため、安い料金で治療薬が購入できる場合は、偽物の可能性があると思っておきましょう。
また、万が一偽物の治療薬を服用してしまった場合、思っていた効果が得られないだけでなく、重篤な副作用が生じる危険性があります。個人輸入でAGA治療薬を購入するのは、避けるほうが賢明でしょう。

プロペシア錠と他薬品の違い

当院のAGA治療では、プロペシア錠の他にも、フィナステリド錠やザガーロカプセル(デュタステリド)などを用いております。
各薬剤は作用が異なるため、医師の診断によって、患者様にあった治療薬を処方いたします。
それぞれの薬剤の詳細は、下記ページをご確認ください。

Dクリニック東京の治療とは?

当院でプロペシア錠を服用された患者様の症例は下記の通りです。
積極的な発毛治療を行う「アドバンスト発毛治療」によって、初診時よりも髪の毛が増えていることが確認いただけます。
当院のアドバンスト発毛治療では、診察ごとに頭部の写真を撮影するため、医師と患者様で、治療の経過や効果を確認することが可能です。
毛髪の状態を細かくチェックし、患者様のご希望もお伺いしながら、その都度適した治療方法のご提案をさせていただきます。

36歳 MO型 薄毛歴:1年

初診時

初診時

3か月後

3か月後

6か月後

6か月後

  • 治療内容:アドバンスト発毛治療
  • 治療価格:33,000円(税込)/月
  • 副作用:この治療により起こる可能性がある副作用:頭皮のかゆみ・肝機能障害・精力減退など

23歳 M型 薄毛歴:8年

初診時

初診時

3か月後

3か月後

6か月後

6か月後

  • 治療内容:アドバンスト発毛治療
  • 治療価格:33,000円(税込)/月
  • 副作用:この治療により起こる可能性がある副作用:頭皮のかゆみ・肝機能障害・精力減退など

プロペシア錠の服用方法・飲み方・飲む時間

プロペシア錠は、1日1錠服用するAGA治療薬です。効果が24時間ほど持続するため、服用のタイミングを決めておきましょう。
例えば、プロペシア錠を朝9時に服用し、翌日は夜9時に服用するとなると、服用から24時間以上あいてしまい、プロペシア錠の効果が切れてしまうタイミングが生じます。そのため、朝食後など、毎日の服用時間を決めておく必要があります。
ただし、アルコールを摂取する可能性のある方は、夕食時の服用は避けましょう。肝臓への負担が大きくなるため、朝服用するのがおすすめです。また、効果が現れたからといって、2日に一回の服用など、自己判断で服用方法を変更しないようにしてください。

プロペシア錠を服用できない人・禁忌

  • 女性
  • 未成年

上記に当てはまる方は、プロペシア錠の服用ができません。女性は、プロペシア錠の服用だけでなく、触れることも厳禁とされています。特に、妊婦がプロペシア錠の錠剤に触れることで、成分が皮膚から吸収され、男性胎児の生殖器官などに影響が出る可能性が考えられます。
なお、プロペシア錠はコーティングされているため、通常の取り扱いで有効成分に接触することはありませんが、薬剤を割ることで皮膚から成分が吸収されてしまいます。そのため、プロペシア錠を割って服用するのは厳禁です。特に、妊娠中の女性と生活している場合や、子作り(妊活)の時期には、取り扱いに十分注意してください。

プロペシア錠の副作用

発症率 1〜5%未満 1%未満 頻度不明
過敏症 そう痒症、発疹、蕁麻疹、血管浮腫(口唇・舌・咽喉・顔面腫脹含む)
生殖器 精力減退※1 勃起機能不全※1、射精障害注※1、精液量減少 睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少・無精子症・精子運動性低下・精子形態異常等)※2
肝臓 肝機能障害、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい
発症率 1〜5%未満
生殖器 精力減退※1
発症率 1%未満
生殖器 勃起機能不全※1、射精障害注※1、精液量減少
発症率 頻度不明
過敏症 そう痒症、発疹、蕁麻疹、血管浮腫(口唇・舌・咽喉・顔面腫脹含む)
生殖器 睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少・無精子症・精子運動性低下・精子形態異常等)※2
肝臓 肝機能障害、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

1:プロペシア錠の市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある

2:プロペシア錠の投与中止後、精液の質が正常化または改善されたとの報告がある

プロペシア錠の副作用は、上記の通りです。
Dクリニック東京では、これまで約20年間薄毛治療を行なってきましたが、副作用の報告はほとんどないため、過度なご心配はいりません。
ただし、肝臓にご病気をお持ちの場合は、慎重に投与する必要があるので、あらかじめ医師に相談してください。

Dクリニック東京の単剤処方治療について

薬剤治療で使用される治療薬は、種類が限られています。主に「プロペシア錠」「フィナステリド錠」「ザガーロカプセル」が用いられ、皮膚科などの一般的な病院や薄毛治療専門のクリニックでは、これらの治療薬を処方することがほとんどです。

毎月診察を行い適した治療薬を処方

Dクリニック東京は、治療薬を処方するだけではなく、月に一度カウンセリングを行なっております。カウンセリング時には、頭部の写真撮影を行い、医師と患者様で治療経過や治療の効果を確認します。治療経過を確認した上で、その都度適した治療薬を処方いたします。
一般的な病院や薄毛治療専門クリニックでは、基本的に3種類の内服薬(プロペシア錠・フィナステリド錠・ザガーロカプセル)を用いているため、患者様の細かいご要望や、薄毛の症状に合わせた処方が困難です。
それに対し、Dクリニック東京では、院内で製剤されたAGA治療薬の中から、その都度患者様に必要と考えられる治療薬を処方します。毎月のカウンセリングにて、患者様の薄毛の状態や治療の経過を確認し、柔軟な治療薬の処方ができるのは、Dクリニック東京の特徴といえます。

各分野の精鋭医師が様々な角度から薄毛にアプローチ

Dクリニック東京で薄毛治療を担当するのは、形成外科・皮膚科・精神科など、各分野の精鋭医師たちです。様々な分野で実績と経験を積んだ医師が、あらゆる角度から薄毛の状態を把握し、症状に合わせた治療をご提案いたします。
初診に特に時間をかけ、患者様のお悩みをしっかりお伺いすることで、一人ひとりの薄毛の状態を細かく把握し、適した治療を行うことが可能です。

プロペシア錠に関するよくある質問

  • プロペシア錠の服用中に献血はできますか?

    プロペシア錠を服用中の患者様は、献血ができません。これは、プロペシア錠の主成分である「フィナステリド」が、特定の献血者に対して悪影響を及ぼす危険性があるからです。献血をされる場合には、血液中にフィナステリドが含まれないよう、1か月前からプロペシア錠の服用を中止してください。

  • プロペシア錠の服用中に子作り(妊活)は可能ですか?

    基本的に、プロペシア錠を服用していても、子作りに問題はありません。妊婦がプロペシア錠に触れるのは厳禁ですが、プロペシア錠の服用によって、精子や精液に問題が生じることはほとんどありません。万一気になる場合には、プロペシア錠の成分は1か月程度で体内から抜けていきますので、子作りの1か月前から服用を中止すると良いでしょう。

  • プロペシア錠は妊娠中の女性が触っても大丈夫ですか?

    妊娠中の女性がプロペシア錠に触れることは厳禁です。プロペシア錠の成分が皮膚から吸収されてしまい、男性胎児の生殖器官に影響を及ぼす危険性があります。妊娠中の方と生活している患者様は、十分ご注意ください。

  • プロペシア錠の服用の際に注意するべき飲み合わせはありますか?

    プロペシア錠の服用時には、基本的に注意すべき飲み合わせなどはありません。ただし、服用中の薬がある患者様は、念のため医師にお伝えください。

  • プロペシア錠の服用をやめたらどうなりますか?

    プロペシア錠は、継続して服用することで効果を感じられます。ダイエットのリバウンドのように、急激に変化するわけではありませんが、服用をやめることで、抜け毛が増え薄毛が進行してしまいます。

  • プロペシア錠を服用すると男性不妊になる確率は高まりますか?

    プロペシア錠の服用によって、性欲減退・勃起機能障害(ED)などの副作用が生じる可能性があります。しかし、このような副作用が発生する確率は低く、男性不妊の直接的な原因に結びつくことは基本的にはありません。プロペシア錠を服用していても、子供を授かった患者様は多くいらっしゃいますし、過度なご心配は必要ないでしょう。もし気になるようでしたら、担当医にご相談ください。

  • プロペシア錠を飲み忘れたらどうすればいいですか?

    プロペシア錠を飲み忘れても、1日1錠は守ってください。飲み忘れたからといって、1日に2錠服用するのは避けてください。

  • プロペシア錠はドーピング検査で問題になるのですか?

    2009年1月より、プロペシア錠はドーピングリストから除外されています。そのため、スポーツをされている患者様にも、安心して服用いただけます。

  • プロペシア錠の0.2mgと1mgの違いは何ですか?

    プロペシア錠には、0.2mgと1mgがあり、1mgのほうがより効果的だといわれています。価格が同じため、一般的には1mgのプロペシア錠を処方することが多いです。なお、当院では、院内の調剤室でプロペシア錠を調合しており、0.1mg単位で濃度を調整し、治療薬を処方しております。

Dクリニックの単剤処方治療の強み

Dクリニックは、形成外科・皮膚科・精神科などの、各分野の精鋭医師が患者様をお待ちしております。治療経験を積んだ医師が、様々な角度から薄毛に向き合うため、患者様に適した治療方法のご提案が可能です。
特に初診には時間をかけており、患者様のお悩みをじっくりとお伺いし、信頼関係を築いた上で、患者様と医師が一体となって治療を行います。また、Dクリニックは、患者様のお悩みを親身にお伺いする、患者様に寄り添った診療を信条としております。
少しでも不安をお持ちの方、お悩みの方は、まずは無料カウンセリングをご活用ください。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

13:00 - 20:00

10:00 - 20:00

10:00 - 20:00

09:30 - 18:00

09:30 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

WEB予約
電話 03-5224-5551