AGA 【フィナステリド錠】AGA治療薬の効果・副作用・初期脱毛について

Dクリニック東京が薬剤治療を推奨する理由

薄毛治療には、薬剤、植毛、増毛、その他PRP治療など、様々なアプローチ方法があります。その中でも、Dクリニック東京は「薬剤治療」を中心とした、薄毛治療専門のクリニックです。当院では「薬剤治療」が、身体的な負担だけでなく、経済的な負担も比較的少ない治療方法だと考えております。そのため「薬剤治療」を中心として、患者様の薄毛治療に取り組んでおります。

フィナステリド錠とは

プロペシア錠のジェネリック医薬品

Dクリニック東京で単剤処方による治療を行う場合、医師の判断によってはフィナステリド錠を処方いたします。フィナステリド錠は、プロペシア錠のジェネリック医薬品として、2015年に厚生労働省より承認されました。効果や効能に関しては、先発品のプロペシア錠と違いはありません。

フィナステリド錠の主成分

フィナステリド錠の主成分は「フィナステリド」です。もともとは、前立腺肥大症・前立腺がんなどの治療のために開発されました。抜け毛の抑制や、発毛に効果が見られるとして、現在では世界的に広く普及しています。

Dクリニック東京のフィナステリド錠と当院の独自製剤について

Dクリニック東京は、院内の調剤室で治療薬を調合しています。ほとんどの病院・薄毛治療専門クリニックは、製薬会社が作るAGA治療薬を処方しますが、Dクリニック東京は、AGA治療薬に用いられる有効成分の原末を使用し、独自の治療薬を製剤しています。
例えば、有効成分の「フィナステリド」に、頭皮環境を整える「ビタミン類」などを配合した治療薬や、薬の効果を一定に保つ「亜鉛」を加えた治療薬など、薄毛症状に合わせた配分の治療薬をご用意しております。一般的なAGA治療薬と同等の効果に加え、患者様に不足している栄養素を補いながら治療を進めることが可能です。
薬剤治療では、患者様のお身体の状態、経済状況なども含めた、生活スタイルを考慮しておく必要があります。治療の期間は少なくとも半年から1年を必要としますので、あらかじめ治療を続けられるかは、きちんと考えておきましょう。治療を開始するときは、服用する薬剤や治療期間または経済的なことについて、把握しておくことが重要です。

フィナステリド錠の効果・効能

フィナステリド錠は、生え際のM字部分・頭頂部が薄くなってくる、AGA症状がみられる際に効果が見込まれる治療薬です。AGAは、男性ホルモン「テストステロン」に、還元酵素「5αリダクターゼ」が作用し、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されることによって生じます。フィナステリドには、還元酵素「5αリダクターゼ」の作用を阻害する働きがあるため、AGAの進行抑制に効果が期待できます。

フィナステリド錠が作用するタイプ

フィナステリド錠は、全てのAGA患者様に効果が見られるわけではありません。これは、還元酵素「5αリダクターゼ」には、Ⅰ型とⅡ型の2種類のタイプがあるからです。
フィナステリド錠は、5αリダクターゼⅡ型に対してのみ、効果を期待できます。そのため、5αリダクターゼのⅠ型が多く存在している患者様には、フィナステリド錠は思ったような効果が得られない場合があります。当院は経過を見ながら治療薬に変更を加えることともに、5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型のどちらのタイプが多く存在しているかは、AGAリスク遺伝子検査によって調査することが可能ですのでご安心ください。

フィナステリド錠が作用する期間

フィナステリド錠は、個人差があるものの、服用から3か月〜半年程度で効果を感じられることが多いです。比較的早い時期から、効果を感じられるAGA治療薬といえます。

服用開始〜3か月

  • 抜け毛が減少する
  • 生え際にうぶ毛が目立つようになる

あまり変化がない

〜6か月

  • うぶ毛が濃くなり、伸びる
  • 薄毛が目立たなくなり始める
  • 周囲の人に「増えた?」と気づかれる

効果を感じ始める

〜1年

  • 明らかに抜け毛が減少する
  • 後退していた生え際が前進する
  • 毛髪のボリュームを感じる

効果を多くの方が感じる

Dクリニック東京の処方・価格

初診(税込) 再診(税込)
アドバンスト発毛治療 初診費:5,500円
検査費:5,500円
合計:11,000円
外用薬のみ:16,500円
内服薬のみ:27,500円
外用薬+内服薬:33,000円
単剤処方治療 初診費:5,500円
お薬代:6,600円〜10,450円
(1か月分)
・プロペシア錠:7,700円(税込)
・フィナステリド錠:6,600円(税込)
・ザガーロカプセル:10,450円(税込)
合計:12,100円(税込)〜15,950円(税込)
再診費:5,500円
お薬代:22,000円(税込)〜30,250円(税込)円
(3か月分)
・プロペシア錠:22,000円(税込)
・フィナステリド錠:18,700円(税込)
・ザガーロカプセル:30,250円(税込)
合計:24,200円(税込)〜35,750円(税込)

当院のAGA治療の費用は上記となります。
積極的な発毛治療「アドバンスト発毛治療」では、フィナステリド錠を含む内服薬や、ミノキシジルなどの外用薬を使用することで、抜け毛の防止と発毛をサポートします。
対して「単剤処方治療」は、AGA進行抑制が目的のため、内服薬を主に処方します。なお、フィナステリド錠の価格は、1箱28錠入りで6,600円(税込)です。

フィナステリド錠の補足説明

フィナステリド錠を含むAGA治療薬は、医師による処方が必要な薬です。一方、個人輸入の通販などで、治療薬を購入することもできます。個人輸入や通販で購入するほうが、安価に薬剤を手に入れることができますが、必ずしも正規品とは限らず、実は大変危険な行為です。
個人輸入代行業者は、商品をお客様のもとに届ける責任はありますが、本物か偽物かには責任を負いません。そのため、安い料金でAGA治療薬を購入できたとしても、偽物の可能性があり、思っていた効果が得られない場合があります。また、重篤な副作用などが生じることもあるため、個人輸入での治療薬購入は避ける方が賢明です。

フィナステリド錠と他薬品の違い

当院のAGA治療では、フィナステリド錠の他にも、プロペシア錠・ザガーロカプセル(デュタステリド)などを用いております。
それぞれの薬剤は作用が異なるため、医師の診断によって、患者様に適したものを処方いたします。
各薬剤の詳細は、下記のページをご確認ください。

フィナステリド錠服用後の経過・症例写真

当院でフィナステリド錠を服用された患者様の症例は下記の通りです。
初診時より、薄毛の症状が緩和、発毛していることが確認いただけます。
当院の「アドバンスト発毛治療」では、1か月に一度ご来院いただき、写真撮影によって、治療効果・経過を確認します。
患者様のご希望や、治療効果などによって、その都度適した治療方法のご提案が可能です。

36歳 MO型 薄毛歴:1年

初診時

初診時

3か月後

3か月後

6か月後

6か月後

  • 治療内容:アドバンスト発毛治療
  • 治療価格:33,000円(税込)/月
  • 副作用:この治療により起こる可能性がある副作用:頭皮のかゆみ・肝機能障害・精力減退など

23歳 M型 薄毛歴:8年

初診時

初診時

3か月後

3か月後

6か月後

6か月後

  • 治療内容:アドバンスト発毛治療
  • 治療価格:33,000円(税込)/月
  • 副作用:この治療により起こる可能性がある副作用:頭皮のかゆみ・肝機能障害・精力減退など

フィナステリド錠の服用方法・飲み方・飲む時間

フィナステリド錠は、1日1錠服用する薬です。効果は24時間程度持続します。そのため、忘れないように服用する時間を決めておくと良いでしょう。
フィナステリド錠を朝服用し、翌日の夜に服用してしまうと、24時間以上経過してしまい、フィナステリド錠が作用しない時間ができてしまいます。そうならないためにも、時間を決めておくことは重要です。
また、夕食時に服用しても問題ありませんが、アルコールと同時に摂取することで、肝臓への負担が大きくなってしまいます。そのため、お酒を飲む習慣がある方には、朝食後などに服用することをすすめています。

フィナステリド錠を服用できない人・禁忌

  • 女性
  • 未成年

フィナステリド錠は、上記に該当する方には服用いただけません。
特に、妊娠中の女性は、フィナステリド錠を服用することも、触れることも厳禁です。皮膚からフィナステリド錠の成分が体内に入り、男性胎児の生殖器官に影響を与える可能性があります。
フィナステリド錠はコーティングされているため、通常の取り扱いにおいて、有効成分に接触することはありませんが、割ることで成分が皮膚を通して体内に入ります。そのため、フィナステリド錠を割って服用するのは厳禁です。妊娠中の女性と生活されている患者様は特にご注意ください。

フィナステリド錠の副作用

頻度不明
過敏症 そう痒症、発疹、蕁麻疹、血管浮腫(口唇・舌・咽喉・顔面腫脹を含む)
生殖器 睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少・無精子症・精子運動性低下・精子形態異常等)※1、精力減退※2、勃起機能不全※2、射精障害注※2、精液量減少
肝臓 肝機能障害・AST(GOT)上昇・ALT(GPT)上昇・γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛・乳房肥大・抑うつ症状・めまい

1:フィナステリド錠の投与中止後、精液の質が正常化または改善されたとの報告あり

2:フィナステリド錠の市販後において、投与中止後も持続したとの報告あり

フィナステリド錠の副作用は、上記の通りです。添付文書には、発現頻度不明と記載されていますが、これらの副作用が生じることはごく稀です。Dクリニック東京では、これまで約20年間薄毛治療を行なってきましたが、副作用の報告はほとんどありません。そのため、副作用に関して過度なご心配は不要です。
ただし、肝臓にご病気をお持ちの患者様は、慎重に投与する必要があるため、あらかじめ医師にご相談ください。お薬手帳をご持参いただくと具体的な回答をさせていただけます。

クリニック東京の単剤処方治療について

薬剤治療に用いられる治療薬の種類は限られており、主に「プロペシア錠」「ザガーロカプセル」「フィナステリド錠」が処方されます。皮膚科などの病院や、薄毛治療専門のクリニックでも、これらの治療薬が処方されることが多いです。一般的な薄毛治療と、Dクリニック東京の薬剤治療の違いについてご説明いたします。

毎月の診察で適した治療薬を処方

Dクリニック東京は、薬を処方するだけでなく、毎月カウンセリングを行なっております。医師の診察では、患者様の頭部を写真撮影させていただき、医師と患者様とで治療経過や効果などを確認します。治療経過をもとに、その都度患者様に適した治療薬を処方いたします。
一般的なAGA治療薬のみを取り扱うクリニックは、基本的に3種類の内服薬(プロペシア錠・ザガーロカプセル・フィナステリド錠)を用いるため、患者様の細かいニーズに応えることが困難です。
それに対し、Dクリニック東京は、院内製剤された治療薬の中から、その都度最も効果的だと考えられる治療薬を処方いたします。毎月しっかりとカウンセリングを行い、患者様の状態や治療経過を確認しながら、柔軟に治療薬を処方できるのは、Dクリニック東京にしかできないAGA治療といえます。

各分野の精鋭医師があらゆる角度から薄毛にアプローチ

Dクリニック東京は、精神科・皮膚科・形成外科などの、各分野の精鋭医師がAGA治療を担当しております。あらゆる分野において、実績と経験を積んだ医師が薄毛に向き合うことで、様々な角度から薄毛の状態を確認し、症状に合わせた治療を行います。
特に初診には時間をかけており、じっくりと患者様のお悩みをお伺いし、薄毛の状態を確認した上で治療を行います。

フィナステリド錠に関するよくある質問

  • フィナステリド錠の服用中に献血はできますか?

    フィナステリド錠を服用されている方は、献血ができません。フィナステリド錠の成分が、特定の方にとって悪影響である可能性があるからです。フィナステリド錠の成分は、およそ1か月で体内から排出されるので、献血の予定がある場合は、献血の1か月前にフィナステリド錠の服用を中止してください。

  • フィナステリド錠の服用中に子作り(妊活)は可能ですか?

    フィナステリド錠を服用していても、子作りには問題ありません。フィナステリド錠服用中に、多くの患者様がお子様を授かっておられますので、過度なご心配は不要です。ただし、妊娠中の女性がフィナステリド錠に触れる・服用することは、男性胎児の生殖器官の発育に悪影響が出る可能性があるため厳禁です。妊活中にフィナステリド錠を服用する場合、管理には十分な注意が必要です。

  • フィナステリド錠には耐性がありますか?

    フィナステリド錠の耐性は、現時点では報告されていません。そのため、継続して服用しても、効果が薄れるといったことは基本的にありません。ただし、個人差として効果の低いケースがあります。長期では加齢とともに毛髪量が徐々に減っていくことは、ある程度避けられないでしょう。

  • フィナステリド錠は妊娠中の女性が触っても問題ないですか?

    妊娠中の女性は、フィナステリド錠に触れたり、服用したりしないでください。フィナステリド錠は、触れるだけでも成分が皮膚から体内に吸収されてしまいます。また、男性胎児の生殖器官に影響を及ぼす危険性があるので、妊娠中の女性と生活をされている患者様は、十分にお気をつけください。

  • フィナステリド錠服用の際に注意するべき飲み合わせはありますか?

    フィナステリド錠には、注意すべき飲み合わせは報告されていません。ただし、日常的に服用している薬がある場合は、医師に相談するようにしましょう。

  • フィナステリド錠の服用をやめたらどうなりますか?

    フィナステリド錠の服用を中止すると、抜け毛が増え薄毛が進行します。ただし、リバウンドのように、急激に変化があるわけではありません。フィナステリド錠は、継続して服用することで効果が実感できる治療薬ですので、自己判断で服用を中止せず、まずは医師に相談するようにしましょう。

  • フィナステリド錠を服用すると男性不妊になる確率は高まりますか?

    フィナステリド錠の服用によって、直接的な男性不妊になることはありません。しかし、わずかながら性欲減退や、勃起不全障害(ED)などを引き起こす可能性はあるため、妊活中の方などは状況をみながら薄毛治療の継続を医師と相談して決めましょう。

  • フィナステリド錠を飲み忘れたらどうすればいいですか?

    フィナステリド錠は、1日に1錠服用する治療薬です。そのため、飲み忘れたからといって、1日2錠服用するなどはお控えください。

  • フィナステリド錠はドーピング検査で問題になるのですか?

    フィナステリド錠は、ドーピング検査で問題になることはありません。そのため、スポーツをされている患者様にも服用いただけます。

  • フィナステリド錠の0.2mgと1mgの違いは何ですか?

    フィナステリド錠には、0.2mgと1mgがあり、1mgのほうが高い効果を期待できます。価格が同じのため、一般的には1mgのフィナステリド錠が処方されることが多いです。なお当院では、院内の調剤室でフィナステリド錠を調合しており、0.1mg単位で濃度を調整した治療薬を処方しております。

Dクリニックの単剤処方治療の強み

Dクリニックでは、精神科・皮膚科・形成外科などの、各分野の精鋭が患者様をお待ちしております。そのため、あらゆる角度から薄毛に向き合うことができ、患者様にとって適切な治療方法のご提案が可能です。
特に初診に時間をかけ、じっくりと患者様のお悩みをお伺いし、信頼関係を築いた上で、医師と患者様が一体となり治療を行います。また、親身にお悩みをお伺いする、患者様に寄り添った診療を信条としております。
有料の診察とは別にお悩み相談のため無料カウセリングを受け付けておりますので、少しでも薄毛にお悩みの方は、まずは無料相談をご活用ください。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

13:00 - 20:00

10:00 - 20:00

10:00 - 20:00

09:30 - 18:00

09:30 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

WEB予約
電話 03-5224-5551