AGA 単剤処方

Dクリニック東京の単剤処方とは

Dクリニック東京は、「アドバンスト発毛治療」と「単剤処方」の、2種類の治療メニューをご用意しております。「アドバンスト発毛治療」とは発毛を積極的に促す治療プランです、それに対して「単剤処方」は薄毛症状の進行を食い止めるプランです。
ここでは、「単剤処方」の治療についてご説明いたします。

薄毛・AGAの進行を抑制

単剤処方は「内服薬」を用いて、薄毛やAGAの進行を抑制する治療です。
男性ホルモンが還元酵素と結合することで、AGAを発症しますが、内服薬には男性ホルモンと還元酵素の結合を阻害する働きがあります。
内服薬を毎日服用いただくことで、抜け毛の減少につながり、AGA/薄毛症状の進行を抑制する効果が期待できます。

診察時に薄毛の進行・体調の状況から適切な治療薬を処方

Dクリニック東京では、月に一度診察をお受けいただいております。
頭部の写真撮影を行い薄毛の症状に改善が見られるか、治療薬のアレルギー反応がみられないか、患者様の身体にあっているかを診察時に確認します。
診察で治療経過を確認し患者様との対話の中から必要な治療薬を処方いたします。

種類の治療薬をご用意

単剤処方で処方する治療薬は「プロペシア錠」「フィナステリド錠」「ザガーロカプセル」の3種類です。
プロペシア錠とフィナステリド錠は同成分ですが、ザガーロカプセルは異なる成分であり、働きかける還元酵素の種類が異なります。
そのためどちらの治療薬(成分)が適しているかは、患者様によってことなります。
Dクリニックではどちらの治療薬で治療をはじめるかは、医師による診断またはAGAリスク遺伝子検査によって、患者様に適した治療薬をご提案いたします。
なお、各治療薬の特徴は次項をご確認ください。

プロペシア錠(MSD社製)

プロペシア錠は、世界中で最もポピュラーなAGA治療薬です。
還元酵素「5αリダクターゼⅡ型」に働きかけ、薄毛の進行抑制効果が見込まれます。
服用の3か月〜半年後には、効果を実感する方が多く、比較的早く効果が現れるAGA治療薬といえるでしょう。

フィナステリド錠(ファイザー社製)

フィナステリド錠は、プロペシア錠のジェネリック医薬品です。
プロペシア錠と同じく「5αリダクターゼⅡ型」に働きかけ、薄毛の進行を抑制します。
プロペシア錠よりも費用が安いため、コストを抑えてAGA治療を受けることが可能です。

ザガーロカプセル0.5mg(GSK社製)

ザガーロカプセルは、プロペシア錠に次ぐ第二のAGA治療薬です。
「5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型」のどちらにも働きかけるため、プロペシア錠やフィナステリド錠よりも、高いAGA抑制効果が期待できます。

AGA治療薬比較表

プロペシア錠 フィナステリド錠 ザガーロカプセル
効果 薄毛の進行抑制 薄毛の進行抑制 薄毛の進行抑制
作用するタイプ 5αリダクターゼⅡ型 5αリダクターゼⅡ型 5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型
服用から効果を
感じるまでの期間
3か月〜半年ほど 3か月〜半年ほど 半年〜1年ほど
価格 7,700円(税込)
28錠/1箱
6,600円(税込)
28錠/1箱
10,450円(税込)
30錠/1箱
プロペシア錠
効果 薄毛の進行抑制
作用するタイプ 5αリダクターゼⅡ型
服用から効果を感じるまでの期間 3か月〜半年ほど
価格 7,700円(税込)
28錠/1箱
フィナステリド錠
効果 薄毛の進行抑制
作用するタイプ 5αリダクターゼⅡ型
服用から効果を
感じるまでの期間
3か月〜半年ほど
価格 6,600円(税込)
28錠/1箱
ザガーロカプセル
効果 薄毛の進行抑制
作用するタイプ 5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型
服用から効果を
感じるまでの期間
半年〜1年ほど
価格 10,450円(税込)
30錠/1箱

単剤処方費用

初診 再診
診療費 5,500円(税込) 5,500円(税込)
お薬代 6,600円〜10,450円(税込) 19,800円〜31,350円(税込)
合計 12,100円〜15,950円(税込) 24,200円〜35750円(税込)
処方する薬 ・プロペシア錠:7,700円(税込)
・フィナステリド錠:6,600円(税込)
・ザガーロカプセル:10450円(税込)
※治療薬は1か月分
・プロペシア錠:22,000円(税込)
・フィナステリド錠:18,700円(税込)
・ザガーロカプセル:30,250円(税込)
※治療薬は3か月分

Dクリニック東京の単剤処方の費用は上記の通りです。
2か月目以降は、基本的に3か月分の治療薬を処方いたします。

Q&A

  • 単剤処方の治療期間を教えてください。

    単剤処方の治療期間には、個人差があるため、一概にはお答えできません。
    目安としては、プロペシア錠・フィナステリド錠の場合、服用後3か月〜半年ほどで、抜け毛が減るなどの効果を、実感される方が多いです。
    また、ザガーロカプセルの場合は、服用後半年〜1年程度で、効果を感じられるといわれています。
    ただし、AGAは進行性の脱毛症のため、治療薬によって進行を抑えても、薬の服用をやめると、元の薄毛状態に戻ってしまいます。
    そのため、継続して治療を続けることが重要です。

  • アドバンスト発毛治療と単剤処方の違いを教えてください。

    アドバンスト発毛治療は、積極的な発毛を促す治療です。主に内服薬と外用薬を用いて治療を行います。それに対し、単剤処方は、薄毛の進行を抑制する治療です。なお、Dクリニック東京の患者様は、ほとんどがアドバンスト発毛治療を選択されています。

年代別症例写真

Dクリニック東京の患者様の症例写真はこちらです。
年齢が近い方の症例は治療を検討する上で参考になるかと思いますので、ご覧ください。

診療時間のご案内

休診日

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

10:00 - 19:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

院内写真

アクセス

〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内10F

東京駅から徒歩3分

新CM公開中! 薄毛治療を相談する
WEB予約
電話 03-5224-5551