03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

AGA専門外来の奥義

脱毛予防には、シャンプーでの洗い方も大切

AGAの予防には、発毛しやすい頭皮環境を整えることが不可欠。農業では、「良い作物づくりは良い土壌づくりから」と言われますが、髪の毛も頭皮環境が悪化してくると、元気な髪が生えてこなくなります。そのために、大切したいのがシャンプーの仕方です。毛髪ではなく頭皮を洗うことに意識しましょう。

正しいシャンプーのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

① まずは、頭皮全体を少し熱めのお湯でしっかりと洗い流しながらマッサージ。洗髪も同じですが、手の指の腹で丁寧に優しく行います。
② シャンプーは、刺激の少ないアミノ酸系がおすすめ。髪につけよく泡立てて、洗います。
③ 洗い終わったら、しっかりシャンプーの成分を頭皮に残さないよう十分のお湯ですすぎ洗い落とします。

指先に力を入れたり、爪をたてたり、ゴシゴシとこするように洗うのは禁物。それだと頭皮を傷つけたり、炎症を引き起こす可能性もあります。

シャンプーの後は、コンディショナーで頭皮に潤いを与え、最後はしっかりとすすぐことも大切。清潔でよく乾燥させたバスタオルで水気を拭き取ります。毛先をこするのではなく、髪の根元と頭皮を押さえながらタオルドライを行いましょう。

最後にドライヤーを使って髪を完全に乾かしていきます。半乾きのまま放置しておくと、悪い細菌の繁殖などを招いて頭皮の環境が悪化する恐れがあります。乾きにくい根本を中心に、短時間で乾かせば、まとまりもでてきます。ある程度乾いたら、冷風に切り替え、温風と交互にすると、髪も傷めません。ドライヤーを上手に使ってください。

小林 一広(こばやし かずひろ)

メンズヘルスクリニック東京 院長
小林 一広(こばやし かずひろ)

1962年生まれ。北里大学医学部卒業。
同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事する。
その後、医療社団法人ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニックを東京及び福岡に開院すると共に国内初の総合アンチエイジングセンター『AACクリニック銀座』を2006年3月に開院。
理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、積極的に心身両面からの治療に取組んでいる。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。