03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来TOP > AGA専門外来の奥義 > 新たなAGA治療薬「デュタステリド」の効果とは?

AGA専門外来の奥義

新たなAGA治療薬「デュタステリド」の効果とは?

これまでAGA治療において、医学的エビデンスのある薬剤は外用薬のミノキシジルと内服薬のフィナステリドの2種類だけでした。

ミノキシジルは、1970年代にアメリカで血管拡張薬として開発され、高血圧症の患者さん向けに使用されていましたが、服用していた患者の体毛が濃くなるという予想外の現象が起こりました。そこで、その副作用を活かし頭皮に関する外用薬としての臨床試験を実施。日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品医薬局(FDA)の認可を得て、アメリカで販売をスタートしました。日本でも厚生労働省の承認を得て、1999年から発毛剤として発売されています。

この薬剤は、AGAの進行遅延のフィナステリドと作用機序が異なり、血流を改善させる作用があります。毛細血管などから栄養を取り込んでいる毛乳頭の細胞の増殖を助けたり、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を早める働きがあることがわかっています。当クリニックでは、治療効果を上げるために、フィナステリドと併用して処方しています。

一方そのフィナステリドも、最初はAGA治療薬ではなく、前立腺肥大の治療薬として開発されました。しかし服用した前立腺肥大症の患者にAGAの改善が見られたことから、FDAがフィナステリドをAGA治療薬として認可。その後、日本でも医薬品として厚生労働省に承認されて同年末に「プロペシア」という商標名で発売されました。フィナステリドは、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を促す5αリダクターゼという還元酵素の活性を抑えることができます。しかし、中には、ファイナステリドを処方しても、発毛に至らない患者さんがいました。実は、5αリダクターゼ(還元酵素)にはI型とII型があり、フィナステリドではII型のみにしか効果が作用しなかったのです。

そして2015年。ようやく5αリダクターゼ(還元酵素)のI型とII型の両方の働きを抑えることができる新薬「デュタステリド」が11月に発売されました。ファイナステリドよりも強力で、これまでフィナステリドではなかなか効果が得られなかった人も、高い治療効果が期待されています。

デュタステリドも、前立腺肥大症の治療のために開発された治療薬なので、フィナステリドと同様に性欲の衰退などが気にされる方もいるかもしれません。ですが、テストステロン(TS)の分泌を抑えるのではなく、あくまでテストステロンからジヒドロテストステロン(DHT)への変換をガードするだけなので、心配はほとんど必要ありません。

小林 一広(こばやし かずひろ)

メンズヘルスクリニック東京 院長
小林 一広(こばやし かずひろ)

1962年生まれ。北里大学医学部卒業。
同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事する。
その後、医療社団法人ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニックを東京及び福岡に開院すると共に国内初の総合アンチエイジングセンター『AACクリニック銀座』を2006年3月に開院。
理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、積極的に心身両面からの治療に取組んでいる。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。