03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

AGA専門外来の奥義

DHTが増えれば、必ずAGAを発症するのか!?

AGAは、テストステロン(TS)からジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変化してしまうことで発症します。このホルモンが毛乳頭を萎縮させ、髪の成長を阻害することで薄毛が進行してしまうのです。そこで気になるのは、「DHTが増えると、必ずAGAになってしまうのか」ということです。結果から言えば「NO」。DHTが増えたとしても、全員が必ず同じようにAGAになるわけではありません。

その違いは、発毛の司令塔である毛乳頭と毛母細胞に備わるDHTのアンドロゲンレセプター(受容体)です。このアンドロゲンレセプターの感度が高いと少量のDHTにも敏感に反応して、AGAが進行してしまいます。

例えば、同じ人の頭髪でも、髪の毛が薄くなる箇所と、ならない箇所があります。必ずDHTの影響を受けるなら、側頭部が薄くなってもおかしくないのに、そうはなりません。AGAで薄くなる箇所は、前頭部と頭頂部のみ。同じ人に生えている髪の毛ですらこれだけ違いがあるのですから、個人で比較すればもっと差が表れるのは当然です。ちなみに、自毛植毛はこの性質を利用して、後頭部の元気な毛髪を、髪の薄い箇所に植えて、フサフサな状態を作り出しています。

以前コラムで、AGAは「遺伝」による疾患ではあるが、「生活習慣」も影響を受けているということを紹介しました。一卵性双生児を対象にした研究で、食事や生活習慣などが違えば、男性型脱毛症の進行度合いが異なることが証明されています。
最近では、16歳〜72歳の幅広い年齢層の、約1900人の男性を対象に、薄毛の家系、年齢、喫煙、アルコール摂取、血圧、肥満(BMI)、血液型とAGAとの関連性について統計解析を実施。その結果、AGAの発症には年齢と遺伝以外では肥満(BMI)との関連性が高いこともわかりました。肥満にもさまざまな要因があるので、どういったタイプがAGAになりやすいのかは、これからの研究で明らかにしていくところです。

小林 一広(こばやし かずひろ)

メンズヘルスクリニック東京 院長
小林 一広(こばやし かずひろ)

1962年生まれ。北里大学医学部卒業。
同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事する。
その後、医療社団法人ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニックを東京及び福岡に開院すると共に国内初の総合アンチエイジングセンター『AACクリニック銀座』を2006年3月に開院。
理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、積極的に心身両面からの治療に取組んでいる。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。