03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

LINE@に登録してクリニックからのお得な情報を今すぐゲット!

AGAプロテイン

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

AGA専門外来の奥義

AGAのセルフチェックをしてみよう

日本人で高血圧とその予備軍は4000万人、糖尿病とその予備軍は2000万人いると言われています。実は、薄毛や抜け毛で悩む人はおよそ1200万人以上。高血圧や糖尿病と並ぶ国民病であるにも関わらず、薄毛には高血圧や糖尿病のような、分かりやすい診断ガイドラインはありません。

もちろん、男性型脱毛症(AGA)などは明確な基準をもとに診断を行っています。しかし、それは目安の一つに過ぎす、どこからが薄毛なのか、判断が難しいのが現実です。これが、薄毛には「医学的な定義がない」と言われるゆえんです。

とはいっても、自分が「AGAかどうか、知りたい」とお悩みの人も多いと思います。そこで、簡単なチェックを用意しました。
次の10項目のうち当てはまるものにチェックを入れてください。

男性型脱毛症(AGA)のシンプルチェック
□抜け毛が増えてきた
□家族、親族に薄毛の人がいる
□頭皮が硬い
□同世代より頭髪の量が少ない
□日頃からストレスを感じている
□睡眠がきちんと取れていない
□食生活が乱れてバランスの良い食事が摂れていない
□他の男の人と比べて体毛が濃い
□喫煙の習慣がある
□飲酒の習慣がある

このうち5個以上当てはまる人はAGAの可能性が高いと考えられます。
「頭皮が硬い」という項目は、医学的な基準はないので、診察では「あまり気にされないほうがいい」とはアドバイスをしています。「髪の毛に良いことは全てやらないといけない」と思ってしまうと、それがかえってストレスにもなりかねないからです。

この中で、特に影響力が大きいのが「遺伝」です。AGAの場合は、額の生え際(前頭部)や頭頂部が一方または双方から薄くなり、薄毛が進行していきます。父親や祖父などの親族に同じような状態が見られたら、AGAになる確率は非常に高いといえるかもしれません。ただ必ずしも遺伝だけではなく、栄養やホルモンバランス、ストレスなど様々な因子が影響を及ぼしあい、薄毛の原因になっています。家系に薄毛の人が多くても、早期に悪条件を取り除けば、AGAの発症を遅らせたり進行を抑えることは可能です。

小林 一広(こばやし かずひろ)

メンズヘルスクリニック東京 院長
小林 一広(こばやし かずひろ)

1962年生まれ。北里大学医学部卒業。
同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事する。
その後、医療社団法人ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニックを東京及び福岡に開院すると共に国内初の総合アンチエイジングセンター『AACクリニック銀座』を2006年3月に開院。
理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、積極的に心身両面からの治療に取組んでいる。

メンズヘルスクリニック東京のAGA専門外来はAGA治療のパイオニアとして国内最多の臨床数を有する医療機関です。

03-5224-5551(完全予約制)

03-5224-5551(完全予約制)

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。