03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > AGA治療の専門外来 > AGA専門外来の奥義 > 女性も薄毛になる、ホルモンの影響とは?

AGA専門外来の奥義

女性も薄毛になる、ホルモンの影響とは?

男性だけでなく、女性の中にも薄毛・脱毛で悩んでいる方は少なくありません。
女性の薄毛・脱毛として一番多いのが「びまん性脱毛症」といわれ、頭髪全体が薄くなり、髪の分け目が透けて見えるような症状です。次に多いのが、長時間、髪をきつくしばることで頭皮の特定の部分に負担がかかり、その部分だけ抜け毛になってしまう「牽引(けんいん)性脱毛症」。その他にも「円形脱毛症」や、出産前後の女性のホルモンのバランスが崩れることで、毛が抜けてしまう「分娩後脱毛症」などの女性特有の症状などもあります。

その中であまり知られていないのが「FAGA」とよばれる、女性の男性型脱毛症です。

実は女性の体内にも、副腎や卵巣から男性ホルモンであるテストステロンが分泌されています。女性は閉経を迎えると女性ホルモンが急激に減少し、隠れていたはずの男性ホルモン(テストステロン)が優位に働き、それがジヒトテストステロンに変化して、女性男性型脱毛症(FAGA)を引き起こします。髪の毛を守る役割を担っていた女性ホルモンが少なくなったことで、脱毛症が現れるのです。

女性男性型脱毛症のFAGAは、AGAと異なり、生え際のラインに変化が見られないのが特徴で、加齢に伴い頭部全体の髪が細くなり、進行すると頭頂部が、薄く透けるようになります。年齡も10代後半や20代の女性に見られることはまれで、40〜60歳から進行しはじめます。

女性にとって、年を重ねることによる、ホルモンバランスの変化は避けられません。だからこそ、頭皮の環境を整えて健康的な生活を過ごすことが、まず大切です。

小林 一広(こばやし かずひろ)

メンズヘルスクリニック東京 院長
小林 一広(こばやし かずひろ)

1962年生まれ。北里大学医学部卒業。
同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事する。
その後、医療社団法人ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニックを東京及び福岡に開院すると共に国内初の総合アンチエイジングセンター『AACクリニック銀座』を2006年3月に開院。
理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、積極的に心身両面からの治療に取組んでいる。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。