03-5224-5551(代表)

関連コンテンツ

メンズヘルス12のオキテ

メンズヘルス向上委員会

03-5224-5551
(代表)

メンズヘルスクリニック東京
100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F

メンズヘルスクリニック東京 > AGAの治療専門外来 > 気になる髪のキーワード > AGAコラム > 悩んでいるだけではAGAは解決しません

悩んでいるだけではAGAは解決しません

髪の毛の抜けかわりや髪の毛の伸びるスピード、髪の太さなどは個人差が大きく、同じ人でも年齢によって変わってくるのが普通です。
若い時のつもりでの、短い睡眠時間や暴飲暴食などは、男性型脱毛症=AGAには致命傷になりかねません。

年齢と共に衰えていくのは頭髪の再生能力も同じなのです、若いころには抜けても新しく生えてくる量やスピードが勝っていたのかもしれません。
抜ける量は同じでも、生えてくる量が減っていたり、伸びるスピードが遅くなって、結果的に徐々に減っていくという場合がほとんどなのです。

つまり、若い時との違いは抜ける量ではなく、新しい髪の毛の供給量なのかもしれないのです。
ストレスなどで一気に抜け毛が増えることはありますが、多くの方は、徐々に新しい髪の毛の供給量が減っているということになかなか気がつくことが出来ません。

抜け毛が多ければ髪の毛は減っていくというのは事実ですが、毎日100本程度は自然に抜けているのです。
しかし、毎日100本生えて来ていれば、髪の毛は減らないのです。

毎日の抜け毛が100本の人の生えてくる量が99本なら、毎日1本、1年間で365本しか減りません。
抜け毛が50本と少ない人でも、新しく生えてくる量が45本ならば、抜け毛は少ないのに、薄毛の進行は5倍のスピードになるわけです。

ですから、抜け毛が少ないからといっても、安心してはいけないのです。
大切なのは、髪の毛の状態、頭皮の状態、そして、減っていく髪の毛にどう対処するかということなのです。
現在では男性型脱毛症はAGAとして、病気の治療が受けられます。
悩んでいるだけではAGAは解決しません、専門医に診てもらい、少しでも薄毛の進行を若いうちから遅らせるのが肝心なのです。

若いからまだ大丈夫、抜け毛の量はたいしたことがないから大丈夫というのは、自分に対する言い訳でしかないのかもしれません。
薄毛をコンプレックスにしないためにも、後悔しない対応でAGAを克服しましょう。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。