この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカルグループのクリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

AGA(男性型脱毛症)治療薬として、真っ先に名前が挙がる「プロペシア」は、ほとんどの皮膚科、頭髪専門のクリニックで処方されており、幅広く使われている医薬品です。
プロペシアはどのような作用をもった薬剤なのか、副作用のリスクはあるのか…。クリニックで処方してもらう前にプロペシアについて、基礎からしっかりと学んでおきましょう。

baseimage

意外な経緯で生まれたAGA治療薬「プロペシア」

プロペシアは、世界60ヵ国以上で使用されているといわれるAGAの治療薬です。日本でもAGA治療薬として、厚生労働省からの承認を受けています。発毛治療を扱う病院のほぼすべてで処方されているAGA治療薬のスタンダードです。ですが、意外なことに、従来プロペシアは、発毛目的で開発されたものではありませんでした。

 

アメリカのニュージャージー州に本社を置くメルク社は、前立腺肥大の治療薬を開発・製造しました。1992年に、日本の厚生労働省に相当するアメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けて、「プロスカー」という名称で販売。ところが、発売後にこの薬を使った人たちから、「髪が生えてきた」という報告が寄せられたのです。調査の結果、、プロスカーに含まれるフィナステリドという成分が、薄毛症状を改善する可能性があることがわかりました。そこで、AGA治療薬として再開発し、プロペシアとして登場したのです。

プロペシアは、日本国内では2005年に発売され、それ以来AGA治療の主軸として広く使用されています。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」とは?

プロペシアというのは薬剤名となり、プロペシアの成分は「フィナステリド」という物質です。フィナステリドは、体内にある酵素「5αリダクターゼ」のテストステロンの結合を阻害する作用を持ちます。その結果、毛髪の成長を阻害するもとになるジヒドロテストステロンの産生を抑えることで、薄毛・脱毛を改善するとされています。

では、いったいどのようなメカニズムでAGAが改善されるのでしょうか?それを知るには、まずAGAによる脱毛がなぜ起こるかを知ることが必要です。

AGAの脱毛はなぜ起こるのか

人の体内には、「テストステロン」という男性ホルモンがあります。また、「5αリダクターゼ」という酵素もあります。これらが結び付くと、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生まれます。このジヒドロテストステロンが、髪の成長期を短くしてしまいます。
髪は、毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返すことで作られますが、それにはある程度の時間が必要です。4〜6年ほどの「成長期」のあいだに、毛母細胞によって髪が作られていき、髪を太く長くしていきます。その後、数週間の停滞期を経て、まるで冬眠するかのように「休止期」に入ります。この時期の毛根は、髪を作ることはしません。そして休止期が終わり、成長期に入ると、毛根は再び動き出し、髪を作り始めます。これが「ヘアサイクル」と呼ばれるものです。
ところが、ジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱れると、毛髪が十分に成長することもなく、髪の毛が細くなってしまい、休止期の状態が長くなります。これが、AGAによる薄毛・脱毛のメカニズムです。

AGAに対するプロペシアの作用

AGA発症のメカニズムに対して、プロペシアの有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑えるように作用します。そして、テストステロンと5αリダクターゼが結び付くことを阻害し、ジヒドロテストステロンが作られないように作用します。
ジヒドロテストステロンが作られなければ、ヘアサイクルが乱されることもありません。毛乳頭の毛母細胞は、やがて正常なヘアサイクルを取り戻し、太く長い髪を作り始めます。その結果、薄毛や脱毛が改善されるというわけです。

プロペシアの副作用のリスクは?

すべての医薬品には、程度の差こそあれ、副作用がつきものです。
フィナステリドには、わずかながら性欲減退や勃起不全といった、いわゆる性機能障害を引き起こす可能性があります。これには、男性ホルモンが関わっているとされています。フィナステリドによって5αリダクターゼが抑制されることで、ジヒドロテストステロン(男性ホルモン)の産生が抑えられるので、性機能障害といった副作用が起こると考えられるのです。

プロペシア錠の添付文書によると、48週間にわたる臨床試験の結果、276例のうち14件の副作用が見られたと記載があります。おもな症状は、性欲減退が3例(1.1%)、勃起不全が2例(0.7%)です。
また、このほかにもかゆみやじんましん等の過敏症や、睾丸痛、精液の質の低下、肝機能障害等が表れる場合があるとされています。
しかし、性欲減退や勃起不全の発生確率は極めて低い上、治療を中断せざるをえないほど重い副作用が表れることは、臨床の場ではほとんどないといわれています。発毛治療の専門クリニックであれば、専門の医師が患者様の状況を把握しながら治療を進めますので、副作用に対してあまり神経質にならなくてもいいでしょう。ただし、治療中、服用後に何らかの異常を感じたら、すみやかに医師に相談するようにしてください。

参考:プロペシア錠 添付文書

安価なジェネリック医薬品も複数登場

プロペシアには、ジェネリック医薬品も存在します。ジェネリック医薬品とは、特許期間の切れた薬剤(先発品)と同等・同量の有効成分を含む医薬品のことで、ジェネリックと呼ばれます。先発品のように、開発に膨大な時間と資金をかける必要がありませんので、安価に製造でき、処方価格も安くできます。
プロペシアも特許期間の満了に合わせて、有効成分フィナステリドを配合したジェネリックが、複数の製薬会社から発売されました。これらの多くは「フィナステリド錠」を商品名に使い、有効成分の含有量はプロペシアと同様に0.2mgと1.0mgの2種類がラインナップされています。

AGA治療は、数ヵ月からに及ぶ治療です。治療期間が長くなればなるほど、治療費の総額は増えていきます。中でも薬代の占める割合は大きく、しかも健康保険の適用がありません。薬代を抑えるなら、これらジェネリックを使うというのも選択肢のひとつでしょう。もちろん、メンズヘルスクリニック東京でも、ジェネリック医薬品も含めてご用意しております。

ただし、いくら安く購入できるからといって、医師の診察も指示もなく、海外からの個人輸入品を使うのはおすすめできません。これらは、入手経路が確認できないため品質が保証されず、粗悪品や完全な偽物がまぎれ込んでいる可能性があります。日本国内の薬機法に基づいた安全性が確認されていないため、何らかの副作用が表れても、個人の責任になってしまいます。また、粗悪品や偽物ですと、どのような成分なのかが把握できない可能性が高く、医師による適切な処置ができません。
治療に際して価格ばかりを優先させたために、みずからの身体に危険を呼び込むことになりますので、個人輸入品を利用する際は十分注意しましょう。

発毛専門のクリニックならば安心して治療を受けられる

プロペシアをはじめとしたAGA治療薬に、どのような効果があるのかがわかれば、安心して治療を行うことができます。そして、長期にわたるAGA治療では、発毛専門のクリニックが心強い味方になるはずです。

メンズヘルスクリニック東京では、内服薬と外用薬を組み合わせた600以上のパターンから、一人ひとりに合わせたオリジナルの処方を行っています。これらのパターンは、メンズヘルスクリニック東京をはじめとするヘアメディカルグループ全体で190万人を治療してきた実績から導き出されたものです(※)。

頭髪に関して不安をお持ちでしたら、メンズヘルスクリニック東京、あるいは頭髪を専門で扱うクリニックで診察を受けてみてはいかがでしょうか。

 

※1999年から2017年のヘアメディカルグループ延べ患者数

投稿:メンズヘルスクリニック東京

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事