この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

「薄毛は治る?」。薄毛の原因は実に複雑で、単純に「この原因を正せば薄毛が治る」と断言できないことが大半です。その複雑に絡んだ原因の中から、その薄毛の原因と症状に合った対策を講じることで、薄毛は改善に向かいます。薄毛を治すための方法は1つではありません。様々な視点からのアプローチが必要です。

baseimage

薄毛は治る?(1)薄毛の原因

「その薄毛の原因は何ですか?」。そう聞かれた時に、なかなか明確には答えられないでしょう。
「もしかしたらアレかな?いや、コレも原因かもしれない…」いくつか心当たりのある人は多いのではないでしょうか。

実は、薄毛の原因を「コレ」と断定することは非常に難しいのです。
薄毛にはいくつか原因があって、実際に薄毛を発症する際は、そのいくつかが絡み合って発症していることが多いもの。

「薄毛は治るのか?」と1人で悩むなら、まずは原因をきちんと知ることからはじめましょう。

貴方の薄毛の原因は何でしょう。

薄毛の原因その1:遺伝

薄毛の原因には、遺伝がその要素として大きく関与していることが分かっています。
しかし、それは「薄毛」が遺伝されるというより「薄毛になりやすい体質」が遺伝されると考えるのが良いでしょう。

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という還元酵素に反応し、「DHT(ジヒドロテストステロン) 」に代謝されることから始まります。
そのDHTが「毛乳頭細胞」に存在する「アンドロゲン受容体」と結合すると、「毛母細胞」に脱毛指令が出て、発毛・育毛を阻害します。それが継続することで薄毛が進行するのが「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症です。

上記の流れの中で、遺伝が関与しているのは
・5αリダクターゼの活性の高さ(テストステロンからDHTに代謝される際に影響する、5αリダクターゼの作用の強さ
・アンドロゲン受容体の感受性の高さ(アンドロゲン受容体がDHTと結合しやすいか否か)

この2つです。

テストステロンは誰にでも分泌されている男性ホルモンです。(女性にも分泌されています。)
つまり、そのテストステロンが「DHTに代謝されやすいか否か」。
そしてテストステロンから変換されたDHTが、「アンドロゲン受容体と結合しやすいか否か」。
ここに遺伝が関係している、ということです。

とはいえ、遺伝の要素を持った人が全員薄毛になるというわけではありません。
薄毛になるには、その他にも要因があります。

薄毛の原因その2:ホルモンバランスの乱れ

髪の毛は、ヘアサイクルという周期に基づいて生え変わりを繰り返しています。

<ヘアサイクル>
成長期:髪の毛が生えて、成長していく時期(2〜6年)
退行期:徐々に成長が遅くなっていく時期(3〜4週間)
休止期:成長が止まり、下から新しい髪の毛が生えて押し上げてくるのを待っている時期(3〜4ヶ月))
この周期が乱れて成長期が短くなり、休止期が長くなるのが休止期脱毛です。
無理なダイエットやストレスによるホルモンバランスの乱れが原因でも起きることがあります。(その他、栄養不足、疾患や大きな外傷などでも起きることがあります。)

AGAとFAGA
また、この症状がホルモンバランスの乱れと先の遺伝的要因によって引き起こされるのが、AGA(男性型脱毛症)です。AGAになると、髪の毛は細く短く、成長しないまま抜けていき薄毛が進行します。
AGAが女性に発症することをFAGA(女性男性型脱毛症)といいます。

男女ともにヘアサイクルの乱れには、ホルモンバランスの乱れが大きくかかわっていますが、
とくに女性の場合、ホルモンバランスが乱れると、髪の成長を促進する女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減ります。そのため、相対的に女性でも微量に分泌されている男性ホルモンが活発になって、FAGAが発症します。

女性は、妊娠や出産、更年期など、女性ホルモンバランスが乱れやすいので要注意ですが、出産時の一時的なホルモンの乱れは、多くの場合時間の経過とともに回復しますので安心してください。

薄毛の原因その3:皮膚疾患・内臓疾患・薬の副作用

脂漏性皮膚炎が悪化すると、脂漏性脱毛症になることがあります。

脂漏性皮膚炎は、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、頭皮の常在菌が増えすぎて引き起こすと考えられる皮膚炎です。
しかし、誰にでもいる常在菌で誰もが脂漏性皮膚炎を発症するのかというと、それは違います。
皮脂や汗の分泌量が必要以上に増加すると、それを栄養分にして常在菌が急激に増殖して炎症を起こすと考えられています。

薄毛の原因となる皮膚疾患は、脂漏性皮膚炎だけではありません。
アレルギーの症状が頭皮に出た場合も同様です。

薄毛の予防や改善という視点から見ると、頭皮の湿潤バランスはとても大事なことです。
皮脂過多も良くありませんし、逆に頭皮の乾燥も良くありません。
頭皮の乾燥はフケの原因になり、髪の成長を妨げ薄毛を促進する場合があります。

また、甲状腺機能の低下、糖尿病、膠原病などの内科系疾患の影響や薬の副作用でも薄毛が起こる場合があります。
そのような場合は、まず原因となっている病気の治療を優先しましょう。

(参照|オムロン「カビが原因の脂漏性皮膚炎にご注意を」

薄毛の原因その3:ストレス

過度のストレスが長期間続くと、自律神経やホルモン分泌の乱れ、免疫の低下などを招き、それが血行不良やヘアサイクルの乱れを引き起こすことがあります。
明らかに過度のストレスが体に影響を及ぼしている場合(不眠、食欲減退が続くなど)、心療内科や精神科などで治療を受けることで、症状が改善されることもありますが、ストレスそのものを無くすことは治療では不可能です。

ストレスを無くすことは現実的には難しいかもしれませんが、物事を深刻に考えすぎないようにして、上手に気分転換を図りたいものです。

薄毛の原因その4:生活習慣

食生活の乱れ、睡眠不足、喫煙など、悪しき生活習慣は頭皮環境の悪化を招き、ヘアサイクルの乱れや薄毛を引き起こしかねません。

薄毛は治る?(2)薄毛はこうして治そう

これからお話しする内容は「こうすれば薄毛はすぐに治る!」という類のものではありません。
しかし、小さなことをコツコツと続けることが頭皮環境を改善し、それが薄毛の改善にも役立つと考えられます。
薄毛が気になるのなら、今日からでも取り組んでみてください。

ヘアケアを見直す

シャンプーは肌に合っていますか?洗い方は正しい?
もともと乾燥肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使い続けると、頭皮の乾燥が進み頭皮トラブルの原因となります。
自分の肌のタイプに合ったシャンプーを選ぶことも大切です。
また、毎日行うことだからこそ、丁寧に頭皮に余分な刺激を与えないようにしなければなりません。

肌質に合ったシャンプーを選び、すすぎ残しのないよう、正しいシャンプー法で洗うようにしましょう。

ヘアワックス、パーマ、カラーリングなどにも注意を
パーマやカラーリングは、回数を見直してみてください。
あまり頻回だと、頭皮や髪へのダメージとなります。

また、ヘアワックスは使ったその日にきちんと落とすこと。
眠いからときちんと落とさずに寝てしまうと、ワックスの成分が頭皮に残り、頭皮トラブルの原因となります。

栄養バランスの取れた食生活を心がける

お菓子やインスタント食品ばかり、あるいは肉だけ、糖質ばかりなどの偏った食生活は、髪の毛や頭皮環境にはよくありません。

髪の毛はケラチンというタンパク質で構成されています。
髪の健康に、良質なタンパク質の摂取は必須です。
また、摂取され分解されたアミノ酸を再度ケラチンに合成させるためにはビタミンやミネラルも欠かせません。
特に重要なミネラルが「亜鉛」です。
亜鉛は牡蠣やレバーに多く含まれていますから、それらの食材を意識して摂取するようにしましょう。だからといって、極端な摂り過ぎにも注意が必要です。

まんべんなく色々なものを食べることで、栄養バランスの取れた食事になります。良質なタンパク質、ビタミン、亜鉛をはじめとしたミネラルの3つを意識して摂取し、薄毛予防や治療を支えましょう。

やっぱり禁煙

タバコに含まれるニコチンは血管収縮作用があり、血行不良の原因となります。
頭皮の血行が悪くならないようにすることは、薄毛を治すためには必要です。

血行不良の原因でもあり、過剰な活性酸素を産生して体の老化を早めるタバコは、百害あって一利なし。薄毛を治す目的で、ここは是非とも禁煙しましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレス社会とも言われる現代、とにかく気分転換を上手にして、余分なストレスを抱え込まないようにしたいものです。

ストレスは体内の活性酸素を増やす働きがあります。
活性酸素は物質を酸化させる強い力があり、殺菌作用で最近やウィルスから守る働きもありますが、過剰に増えると体内の正常細胞や遺伝子などを攻撃して老化を早めたり、動脈硬化、 心筋梗塞、糖尿病、がんなどの他、様々な疾病の原因になることが考えられています。

熱中できる趣味などに打ち込む、友だちとのお喋りを楽しむ、軽い運動をするなど、その方法は人それぞれですが、最初は意識的にでも「楽しい」「リラックスできる」状態をつくることで、ストレスの軽減につながります。

(参照|オムロン「活性酸素を減らす生活術」

違うスタンスで髪の毛と向き合う

例えば帽子のオシャレを楽しむ、薄毛があまり目立たない髪型に挑戦してみる、お洒落なウィッグを取り入れてみる、など、直接薄毛が治るわけではありませんが、あまり深刻になり過ぎるのも考えものです。
ちょっと気分を変えてみるためにも、帽子や髪型など、視点を変えて楽しんでみるのも悪くないでしょう。

薄毛は治る?(2)薄毛はこうして治そう

薄毛は治る?(3) AGA・FAGAは治らない

実は、成人男性の中でも大きな薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)は、加齢に伴って進行するため、何もしなければ確実に悪化します。

そして、食事や生活習慣を改善し、ストレスを回避することは、AGAの発症や進行を遅らせるには効果的ですが、完全に治すことは不可能な脱毛症なのです。

しかし、何もしないよりは確実に効果的なのが、「専門クリニックでのAGA治療」です。

薄毛は治る?(4) 必見の対策がこれ!

「もっと薄毛が治る実感を得たい」「もっとダイレクトに薄毛が治る対策を取りたい」

薄毛を治す積極的なアプローチ、それは発毛治療に特化した専門クリニックで治療を受けることです。

発毛治療専門クリニックに行く!

薄毛が治るよい方法といえば、発毛治療専門クリニックで治療を受けることでしょう。
豊富な経験と症例データに基づいて、その人の薄毛の原因を突き止め、頭皮や髪の毛の状態を診断し、最も効果的な治療を提案してくれます。

先述の通り、薄毛の原因がたくさんあるということは、その対策もたくさんあるということです。専門的な知識を持った医師だからこそ、その原因や症状に合った治療の選択ができるのです。

多くの発毛治療専門クリニックが、本格治療の前にカウンセリングを行っています。
このカウンセリングは無料で行われることが多いので、クリニックの下見を兼ねて利用するのもいいでしょう。

多くのクリニックの無料カウンセリングでは、生活習慣や既往症などを確認しながら、貴方の薄毛の状態をチェックします。
普段から気になることがあるようでしたら、メモをするなどして、できるだけ正確に状況を伝えましょう。
例えば、かゆみの有無、日ごろの生活パターンなどをきちんと伝えることで、その薄毛が生活習慣に起因するものか、AGAなどによるものかを確認してくれるクリニックもあるようです。

薄毛治療について詳しい説明がこちらのコラムにもあります。
是非併せてお読みください。

おすすめの薄毛の治療薬は?発毛効果や副作用について
AGAの検査で薄毛の原因を知ろう
薄毛・脱毛治療の効果について
AGAの費用と治療内容について
治療の流れ
AGA専門外来の奥義

メンズヘルスクリニック東京で、効果的な発毛治療を

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)は、1999年に開院した頭髪治療専門クリニック。
AGAをはじめとした薄毛・抜け毛の悩みに関する治療を中心に、男性の悩みに寄り添う治療を行っています。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)でも、無料カウンセリングを行っています。
自分の薄毛の状態、気になることを話すのはもちろん、スタッフの様子や院内の様子を自身の目で見て、信頼できるクリニックかどうか確かめることもできます。
身構えず「ちょっと様子を見てみよう」くらいの気持ちで出かけてみませんか。

薄毛に悩む人が改善に向かう様子をマラソンに例えるなら、悩める本人はマラソンランナー、クリニックの医師は伴走者です。

「二人三脚で取り組めば、きっといい結果が得られる」。
まずそう思っていただけたら、治療は順調なスタートを切ったと言えるでしょう。

お気軽に、早めの手立てを講じることをお待ちしています。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリング

Dクリニック東京メンズ、効果的な発毛治療を

(まとめ)

きちんと原因を突き止め、早めに適切な手立てを講じれば、多くの薄毛は治りますが、AGAのような完全には治らない薄毛もあります。

「本当に薄毛が治るのか?」とあれこれ考えている間にもAGAの薄毛は進行します。
迷っている時間がもったいないとは思いませんか。
薄毛の原因を突き止め、早めの治療で「薄毛は治る!」と言える日を迎えたいものです。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事