この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

薄毛の人はどんなヘアスタイルが良いのでしょう。薄毛をカバーしつつ、カッコよく決めることができるヘアスタイルがあるのでしょうか。ひと昔前のように、左右の一方の髪をむりやり反対側に流して薄毛を隠すようなヘアスタイルは、今はあまり見かけなくなりました。この記事で提案するヘアスタイルの中に、きっと貴方に似合うヘアスタイルがあるはずです。

baseimage

薄毛でもオシャレなヘアスタイルを楽しみたい!

薄毛の人のヘアスタイルと聞いてすぐ思い浮かぶのが、片側の伸ばした髪で薄毛部分を隠すスタイルと「丸刈り」。

薄くなった頭頂部に、伸ばした側頭部の髪を無理やり持ってきてポマードでなでつけた髪型は、どう見てもかえって薄毛を強調していますし、一気に老けた感じを与えてしまい、およそ「オシャレ」とは遠いヘアスタイルです。

また、こうなったらすべて無くしてしまえ!とばかりに頭部すべての髪を刈りこんだ丸刈りも、潔いと言えば潔いのですが、服装などとのバランスが難しいヘアスタイルです。
また、職種によっては、推奨されない場合も少なくありません。
服装などがオシャレな男性の坊主頭は、かえってオシャレ度を増すこともあるのですが、身なりに気を遣わない男性の坊主頭への周囲の反応は、往々にして良くないことが多いようです。

薄毛のヘアスタイルのベーシックテクニック(1)
薄毛を無理やり隠さない!

薄毛のヘアスタイルの中で失敗しやすいのは、自分の髪を使って、薄毛部分をカバーしようとするヘアスタイルです。
かろうじて長くなっている髪の毛を無理に薄毛の部分に持ってくるのですから、まずシルエットが不自然になります。その不自然なシルエットがかえって人目をそこに集中させることになり、余計薄毛が目立ってしまうことになりかねません。

薄毛が気になっているのだから薄毛の部分を隠してしまおうという心理はよく分かります。
しかし、自然に隠すというのは実に難しく、特に薄毛の場合、「薄毛を自然に隠す」ことができるのは、帽子やかつらを使うことぐらいでしょう。

薄毛の悪目立ちというパターンは避けたいですね。

薄毛のヘアスタイルのベーシックテクニック(2)
ショートヘアが鉄則

薄毛の人で、ショートカットを嫌がる人がいます。「いま現在伸びている髪の毛を切るなんて」という抵抗も分からなくはないのですが、薄毛の人におススメのヘアスタイルの基本は「短髪」です。
薄くなっている部分以外の髪の毛を伸ばして、量をアピールしたいのかもしれませんが、長い髪の毛があることでかえって薄い部分との対比がおきてより薄毛が目立ってしまいます。
薄毛と長髪の対比より、薄毛と短髪の対比のほうが、視覚的な違和感が生じにくく、結果的に薄毛が目立ちにくいのです。

薄毛のヘアスタイルのベーシックテクニック(3)
頭頂部の毛は寝かさない!立たせる!

薄毛になってくると、髪の毛そのものに元気がなく、コシがなくなります。それでなくても“くたっ”としがちでボリュームに欠ける感じは否めません。
特に頭頂部の髪の毛が薄毛になった時に、頭頂部の髪の毛を伸ばしていると、髪の重みで余計に根元が引っ張られてしまうため、ますます全体にボリューム不足が感じられます。

頭頂部の髪の毛は短くカットして、ワックスなどを使って立たせましょう。ボリューム感を演出できます。

薄毛のヘアスタイルのベーシックテクニック(4)
サイドの髪は伸ばさない!

サイド(側頭部)は比較的薄毛の進行の遅い箇所。残った髪を大事にしたいからとこの部分の髪の毛を伸ばすのは、実は薄毛の人にはマイナスです。
薄毛が進行した頭頂部や生え際との対比でよけい薄毛であることが目立ってしまいます。
また、せっかく前髪を立たせてボリュームアップをしても、サイドにボリュームがあると、前髪のボリューム感が生かされません。
サイドの髪は短く、刈り込むくらいでも構いません。短くして、前髪のボリューム感を際立たせましょう。

薄毛のヘアスタイルを考えるときポイントになるのが前髪。そもそもなぜよりによって目立つ前髪が薄毛になるのでしょうか。そのあたりについて解説したコラムがあります。一度お読みください。

前髪が薄毛になるのはなぜ?早めの対策で進行をストップ!

薄毛におススメのヘアスタイル指南

ここまでお話ししてきたポイントを押さえながら、薄毛の人におススメのオシャレなヘアスタイルをご紹介します。

いくつかトライしながら美容師さんと相談して、髪質や顔の形などによって、アレンジを加えながら、好きなヘアスタイルを見つけてください。
大事なのはオシャレ心を無くさないこと、です。

薄毛の人にもおススメのヘアスタイル(1)
額の薄毛が気になるなら、敢えて額を出す

額の薄毛が気になると、どうしても隠すことを考えがち。でもそれでは逆効果だというお話を前述しました。
前髪は短くカットするか、立たせておでこをスッキリさせましょう。

薄毛の人にもおススメのヘアスタイル(2)
額の薄毛には、髪の毛に段差をつける「ショートレイヤー」

レイヤーとは”段差”のこと。
段差をつけることでヘアスタイルに動きが出て、一気に動的で若々しい印象を与えます。

頭頂部の髪を立たせ、サイドや襟足を伸ばす「ウルフカット」もイケますよ。

薄毛の人にもおススメのヘアスタイル(3)
ツーブロック

近年流行りの「ツーブロック」。サイドとバックを刈り上げてトップ部分のみボリュームを残したヘアスタイルです。
トップ部分も短めにした「スポーツ刈り」やセンターラインの髪を長くして立たせた「ソフトモヒカン」などのアレンジバージョンもあり、トライしやすいヘアスタイルです。
颯爽とした印象を与えます。

薄毛の人にもおススメのヘアスタイル(4)
オールバック

髪の毛を後ろに流す「オールバック」は頭頂部の薄毛をカバーします。ややクラシカルでおしゃれなスタイルで、かつての「やり手のビジネスマン」のイメージもあり、今でもおしゃれなスタイルとして人気の髪型です。
ただ、もともとの髪の量が少ない人や額の部分の薄毛が進行している人にはおススメできない場合も。

薄毛の人にもおススメのヘアスタイル(5)
ボウズ

あれこれヘアスタイルを考えるのが面倒だ、スタイリングの手間さえ煩わしい、そんな人はもういっそ丸刈りにしてはどうでしょう。
ただ、簡単なようで難しいのが実はボウズ。
ややもすると、身の周りに構わない人という印象を与えかねないので、全身のオシャレとのバランスが必要です。
「坊主頭」ではなく「オシャレボウズ」になるためには、身綺麗にしてさりげなくオシャレでいることが必須です。

ワックスやパーマ、カラーリングは薄毛の味方!

ヘアスタイルをよりピシッと決めるには、ワックスなどのスタイリング剤、カラーリング、パーマが非常に役に立ちます。

薄毛の人のヘアスタイルにおいては、前髪を立たせボリュームを出すことは必須。その際には、ヘアワックスやジェル、スプレーなどが役に立ちます。

また、髪の毛の色が薄いと、薄毛が目立たなくなります。茶髪などはその典型例です。

薄毛になるとどうしても髪の毛が細くなるため、髪の毛がペタンとしてしまいます。そんな時にはパーマがボリュームアップに役立ちます。

ただ、パーマもカラーリングもヘアワックスも、髪や頭皮に少なからずダメージを与えるものなので、その頻度には配慮しましょう。
また、スタイリング剤などは洗髪の時にきちんと落とすこと。頭皮に成分が残っていると、頭皮トラブルの原因にもなります。

薄毛とヘアスタイルについて、こちらのコラムも参考になります。

ワックスと薄毛のお悩みQ&A集

薄毛におススメのヘアスタイル指南

ヘアスタイルの追求と同時に、薄毛解消への第一歩も

薄毛でもヘアスタイルを決めてオシャレでいたい、カッコよく決めたいという姿勢は大切です。
でも、薄毛そのものを改善することができたら、もっとヘアスタイルを選択する範囲も広がります。
この際、薄毛の改善に向けて動きませんか。

薄毛の原因で一番多いのはAGA

薄毛の原因は、さまざまありますが、その多くがAGA(男性型脱毛症)によるものです。

AGAは男性ホルモンの作用で発症する脱毛症で、早ければ思春期以降から始まり、薄毛が進行していきます。日本男性の実に3割が悩んでいるとも言われるくらい、身近な脱毛症です。

AGAの発症には遺伝や加齢も関与しており、一度発症したものを放置しておいて自然治癒することはありません。どんどん薄毛が進行するばかりです。

薄毛が進行したら、今は楽しめているそのヘアスタイルだって、数年したら楽しめなくなるかもしれません。

だからこそ、根本的な解決のための一歩を踏み出しましょう。

薄毛の悩みは専門クリニックに相談を

薄毛のヘアスタイルに悩む貴方、その薄毛は今後さらに進行する恐れがあります。
今すぐ専門クリニックに相談しましょう。

薄毛治療は、日々進化しています。
それは確実に薄毛の悩みを改善する方向へと動いています。

しかし、薄毛は原因もさまざまなら、症状もさまざま。その人個人の体質や遺伝などの要因により、「適切な治療」は人それぞれです。専門知識のない人が「薄毛にはコレ」などと自己流の対策を施しても、それが功を奏するとは限りません。

頭髪治療の専門クリニックでは、高い知見と豊富な経験をもとに、それぞれの薄毛に最適な治療メニューを提示することが可能です。

「薄毛のクリニックなんて行ったことがないから気が引ける」「どんなことされるのか分からないから不安」
そんな人にこそ受けていただきたいのが、治療前のカウンセリングです。
事前に予約をして出かけることになりますが、クリニックの雰囲気やスタッフの対応などを自分の目で確かめるいい機会です。

もちろん、カウンセリングは治療ではありませんから、無料です。
また、カウンセリングを受けたから治療をしなければならないということもありません。
どうしても気乗りがしなかったら、治療をしない選択もあります(ただし、AGAは進行していきますから、いざ治療を決意した時には、現在よりも薄毛は進行しているはずです)。

まずは、お気軽にお問い合わせください。その薄毛についての悩みを少しでも軽減できるかもしれませんよ。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリングフォーム

薄毛の悩みは専門クリニックに相談を

(まとめ)

薄毛でもヘアスタイルを楽しむことはいくらでもできます。
薄毛だからといってオシャレを手放すのではなく、十分楽しめることがご理解いただけたら、次は薄毛対策です。
薄毛対策は一日も早く始めた方が、改善も早く見えてきます。
迷う時間はありません。

今回の記事が、薄毛に悩む人の参考になれば幸いです。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事