この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【薄毛でも髪型でオシャレしたい!】薄毛になると髪型で悩みます。しかし諦めることなかれ!薄毛でもオシャレに見える髪型は存在します。薄毛をカバーし、なおかつファッショナブルにキメられる髪型のポイントを徹底解説します!

baseimage

薄毛でも髪型でオシャレしたい!どうすればいいの?

薄毛に悩む男性は少なくありません。薄毛になり、今まで楽しんでいた髪型が楽しめなくなることに嘆くのは悲しいものです。
薄毛を隠そうと悪戦苦闘しても、かえって不自然に見えてしまう…。そんな悪循環に悩まされることも。

しかし、ちょっとした工夫で薄毛でもオシャレな髪型を楽しめるのです。そのコツをわかりやすくレクチャーしましょう。

薄毛をカバーしたいならこの髪型にハズレなし!

ボリュームが寂しくなった頭髪は「老けた印象」を与え、男性の美意識に大きな影を落とします。いくつかのポイントを押さえることで、そのような薄毛のコンプレックスをカバーすることができます。
それでは、わかりやすく説明しましょう。

薄毛をカバーする髪型のポイント(1)
不自然に薄毛を隠すべからず!

「コンプレッスクの部分は隠したい」誰もがそう感じるかもしれませんが、しかし薄毛に関しては、その想いが強すぎると逆効果になることもあります。

髪のボリュームは決まっています。薄くなった部分を他の髪で隠しても、バランスを取ることはなかなか難しいものです。いわゆる「悪目立ち」状態になると、かえって薄毛に目線が行く可能性もあります。
ましてやヘアサロンでのセットならともかく、鏡を見て自分で行うセットは全体的なバランスが判断しづらく、見落とす場所も出る可能性があります。

「じゃあ、どうすればいいの!」と思われるでしょう。
別のアプローチで薄毛をカバーすることです。

薄毛をカバーする髪型のポイント(2)
薄毛の髪型はショートカットが基本

薄毛を隠そうとして髪を伸ばしても、自然なファッションとしてキメるのはなかなか難しいものです。不自然で悪目立ちすることはもちろん、長髪によって清潔感も失われ、暗い印象にもなりかねません。

逆の発想で、思い切ってショートカットにするのが、薄毛の髪型の基本です。ショートカットにすることで、薄毛の部分と薄くない部分の差を縮め、薄毛の印象を軽減することができます。

薄毛をカバーする髪型のポイント(3)
間違ってもサイドを膨らませない

男性の薄毛の多くは、頭頂部分からじわじわと広がります。つまり「頭頂部の薄毛をカバーする」ことが大命題となります。
その意味で、サイドを膨らませた髪型は最悪です。頭頂部の薄さとサイドの膨らみが “悪しき相乗効果”になり、薄毛を目立たせてしまいます。

薄毛をカバーする髪型のポイント(4)
錯視効果を意識してメリハリをつける

薄毛の髪型はショートカットがセオリーですが、その上で、髪のパーツごとにメリハリをつけて錯視効果を意識しましょう。

頭頂部の薄毛が目立つなら、頭頂部の髪をワックスなどで立たせ、逆にサイドを短く刈り込めば都会風のスタイリッシュな髪型になります。

薄毛をカバーする髪型のポイント(5)
清潔感を大切にする

薄毛の人が気をつけるべきポイントで、盲点なのが清潔感です。髪の薄い人が髪を伸ばすと、髪がべっとりと地肌に張り付いたりして、不潔な印象を与えてしまうことがあります。
薄毛の人だからこそ、前向きな美意識をもって清潔感を大切にしましょう。

薄毛の髪型については、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムも合わせてご覧ください。

AGA症状別・薄毛でも似合うおすすめの髪型

薄毛でもおしゃれに決まる髪型はこちら!

薄毛でもおしゃれな髪型のコツがわかったら、具体的に髪型をセットしてみましょう。
ここで大切なのは、自分でする髪型のセットに自信がなかったら、迷わず美容師さんに相談することです。素人があれこれ悩むよりも、プロの技術に頼る方が安心確実です。

薄毛でもオシャレにできる髪型例(1)
ソフトモヒカン

アスリートにも愛用者が多いソフトモヒカンは、薄毛に悩む男性にも定番の髪型です。
サイド部分は短くカットし、頭頂部はワックスなどで立たせてファッショナブルに仕上げます。M字の薄毛でも、髪を立たせることでむしろM字が活きるようになります。

薄毛でもオシャレにできる髪型例(2)
ツーブロック

文字通り、サイドとトップで分かりやすく2段階のブロックを作る髪型。サイド部分は短く刈り込んで膨らまないようにし、トップにはボリュームを残します。シルエットはソフトモヒカンにも似ていますが、よりメリハリがきくことで薄毛が目立たなくなります。また、アレンジしやすいことも特徴です。

薄毛でもオシャレにできる髪型例(3)
スポーツ刈り

頭部全体を短く刈り込む髪型ですが、均等に刈り込んでしまうと「丸刈り」になってしまうので、トップ部分は多少長めにするなどアクセントをつけることが大切です。
髪が短いので、遊びのバリエーションが少ないことが欠点ですが、健康的な清潔感が演出できます。
セットにかかる時間を短くしたい人にもおススメです。

薄毛でもオシャレにできる髪型例(4)
おしゃれボウズ

某人気歌舞伎俳優のように、あえて坊主頭にするのもオシャレ。薄毛がかなり進行してしまい、髪型のアレンジが難しくなってしまったときなどにも有効です。さらに薄毛が進行した場合は、いさぎよく「スキンヘッド」という選択肢もあります。
遊び心が許容される環境なら、バリカンやカミソリでラインアートを描く「バリアート」にもチャレンジできます。

薄毛でもオシャレにできる髪型例(5)
オールバック

「薄毛の人はショートカット」というセオリーとは異なる数少ない髪型が、このオールバックです。髪を伸ばして頭頂部や後頭部をすっぽりと覆い、整髪料で固めます。ダンディさを演出でき、硬派な印象を与えます。また、後頭部で髪を束ねる「サムライヘア」もこの系統です。

薄毛でもおしゃれに決まる髪型はこちら!

パーマヘアで薄毛の髪型をカバー

薄毛でも髪の毛を伸ばせる余裕があるなら、パーマをかけるのはいかがでしょうか。髪にウェーブがかかることで、自然なボリュームアップができます。ただし、頭部全体に均等にパーマをかけるとサイドのボリュームまでアップしてしまうので、サイドはすっきりと短めに仕上げることがポイントです。

パーマはボリュームを出すことができる反面、髪と頭皮への負担もかかります。頻度は抑えてもうまくスタイリング出来るように、美容師さんに相談するといいでしょう。

アクセサリーや帽子を活用して薄毛をカバー

髪型だけでなく、アクセサリーや帽子なども薄毛のカバーに役立ちます。
女性用ならアクセサリーも種類豊富ですが、男性にはあまり選択肢はありません。その意味では、メガネやヒゲといったアイテムがアクセサリーとして重要になってくるでしょう。
ただし、例えば坊主頭やスキンヘッドにサングラスを合わせたりすると、かなり印象が“強め”になります。強めのアピールはほどほど抑えた方が無難かもしれません。

帽子は、薄毛を直接的に隠せる便利なアイテムです。キャップやニット帽など、ファッションに合わせてコーディネイトを楽しむことができます。

何れにせよ、ファッション小物も自分のイメージとヘアスタイルに合ったデザインを選びましょう。

薄毛の髪型で悩むなら、スタイリング製品やヘアケア製品にも気を遣おう

薄毛の髪型でなくてはならないのが、スタイリング製品やヘアケア製品です。

髪の毛をボリュームアップさせるためには、整髪料のワックスやヘアトニック、スタイリングには手ぐしやヘアブラシを使うことになります。

薄毛だからこそ、髪を健康的に保つシャンプーなどのヘアケア選びも重要です。
こういったスタイリング製品やヘアケア製品の成分が頭皮に合わない場合、炎症を起こしてかえって薄毛の症状をおこしかねません。
そのため、スタイリング品やヘアケア製品は、肌質に合ったものを慎重に選ぶようにしましょう。

ワックスやヘアトニック、ヘアブラシ、シャンプーについてより詳しく知りたい方は、当メンズヘルスクリニック東京のこちらのコラムをご覧ください。

ワックスと薄毛のお悩みQ&A集
育毛ヘアトニックおすすめの選び方!育毛剤・発毛剤との違いも解説
抜け毛を防ぐヘアブラシを使うときの注意点
シャンプー成分が薄毛の原因になる?頭皮にやさしい成分をチェック

薄毛の髪型で悩むなら、薄毛の改善も大切!

薄毛でも、おしゃれにキマる髪型について紹介してきました。
しかし、薄毛の原因がAGA(男子型脱毛症)や加齢によるものだった場合、症状はどんどん進行していきます。そのため、今はまだ楽しめている髪型も、近い将来に楽しめなくなってしまう可能性は十分に考えられます。
薄毛の進行をストップさせないことには、根本的な悩みの解決にはならないのです。

薄毛の治療なら専門クリニックに相談を

薄毛の改善や治療を考えるなら、薄毛治療の専門クリニックに相談するのがおすすめです。その理由は、どんなところにあるのでしょうか?

AGA治療に薄毛治療の専門クリニックが適している理由

薄毛に悩む中年男性の脱毛症のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものです。しかしその症状は、頭頂部から薄くなったり、額の生え際から薄くなったりとさまざま。
素人判断で、効果的な対策を施すのはなかなか困難です。その点、薄毛治療の専門クリニックなら、薄毛治療に特化した豊富な治療経験から、症状に応じて適切な治療メニューを組み立ててくれます。
(参照)
ヘアメディカル プラス 男性の薄毛
ヘアメディカル プラス 女性の薄毛

薄毛対策の第一歩は無料カウンセリングから!

薄毛の治療は保険適用外です。それなりのコストがかかるため、薄毛の髪型にいつも悩んでいるような人でも、いざ治療となると二の足を踏む人は少なくありません。
そんなときは、専門クリニックで行っている無料カウンセリングを利用しましょう。自分の薄毛の進行度を客観的に把握できるほか、治療に必要なコストも質問できます。

メンズヘルスクリニック東京の無料カウンセリングは予約制です。下記フォームから申し込むことが可能なので、お気軽にお申込みください。

メンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリングフォーム

薄毛対策の第一歩は無料カウンセリングから!

(まとめ)

薄毛の髪型に関する記事はいかがでしたか?薄毛でも、ポイントを押さえることでおしゃれな髪型を楽しむことは可能です。

しかし、いま薄毛が進行中なら、将来のことも考慮して早めに薄毛治療も検討しましょう。

薄毛という悩みを忘れて、日々楽しく過ごすことは、「ストレスをためない」という有効な薄毛対策として考えてもいいのではないでしょうか。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事