この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

「ワカメを食べると髪の毛にいいらしい」そんな噂から、食べ物が薄毛対策になるのではと考えていませんか?薄毛にはさまざまな原因があり、原因に応じた予防策が必要です。ここでは、薄毛の原因と、髪の毛によいとされる栄養素、それらを多く含む食べ物をご紹介します。

baseimage

薄毛の予防に良い食べ物、髪の生成に良い食べ物

「昆布やワカメなどの食べ物が髪によい」という噂がありますが、本当なのでしょうか?

昆布やワカメがそのまま髪の毛になるわけではありませんが、結論だけを言ってしまえば髪の毛を作るのに役立つ働きがあるのは本当です。(その理由は、のちほどお話しします。)

また、昆布やワカメに限らず、髪の毛を生成するのに必要な栄養素が含まれた食べ物は多く存在します。また、髪の毛の生成に必要なそれらの栄養素が不足すると、抜け毛が増加し、そのままにしておくと薄毛が進行してしまう可能性は、確かにあります。

そのことから、髪の毛の生成に必要な栄養が不足して薄毛になっている方は、薄毛対策に必要な栄養素が含まれた食べ物があると言ってもいいでしょう

薄毛の原因と生活習慣の関係について詳しい情報はこちらにもございますので、よろしければご覧ください。

薄毛の原因は生活習慣にある?
薄毛と肥満に関係はある?

薄毛の予防に良い食べ物の例

薄毛や抜け毛の進行をとめるために、少しでも薄毛の予防に良いとされる食べ物を摂取したい!

では、薄毛の予防や対策に良い栄養素と、それらを多く含む食べ物にはどのようなものがあるでしょうか。薄毛によい食べ物を具体的にご紹介します。

たんぱく質を含む食べ物

人の髪の毛は9割以上が「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質で構成されています。そのため、髪の毛を生成するたんぱく質が極端に不足していると、抜け毛や薄毛につながる恐れがあります。
そもそもタンパク質は髪以外の体全体にとっても重要な栄養素。髪の毛のためだけではなく不足して健康を害してしまわないよう、何はなくとも積極的に摂りたい栄養素の1つです。

<タンパク質を含む食べ物一覧>
・牛、豚、鶏、ラムなどの肉類
・卵
・マグロ、カツオ他魚介類
・大豆、豆腐、納豆など

ビタミンを含む食べ物

ビタミンは健やかな髪の毛や頭皮の形成に欠かせない栄養素です。しかし、ビタミンは体内でほとんど生成することができないため、食べ物やサプリメントで摂取する必要があります。
種類が豊富なビタミンの中でも、特に髪の毛の生成に重要なものを以下でご紹介します。

<薄毛改善に良いビタミンと、それらを多く含む食べ物一覧>
・ビタミンB群(B1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン):代謝を促進させる働き
・ビタミンB2:レバー、卵、大豆、乳製品、緑黄色野菜
・ビタミンB6:カツオ、マグロ、イワシ、サバ、レバー、 肉類、バナナ、キャベツ、ピーナッツ、 くるみ、大豆
・その他B群:レバー、魚介類、肉類、卵、緑黄色野菜、玄米、など

・ビタミンA群:細胞の酸化をゆるやかにして若々しさを保つ働き
・ビタミンA:レバー、あんこう肝、うなぎ、あなご、あゆなど

・ビタミンE群:血行を促進させる働き
・ビタミンE:アーモンドなどのナッツ類

・ビタミンC群:疲労回復と髪を強くするコラーゲンを合成する働き
・ビタミンC:柑橘類、イチゴ、野菜

(参照|グリコ「栄養成分百科」

ミネラルを含む食べ物

ミネラルは歯や骨を構成して、血液を生成する働きがあります。
亜鉛は、新陳代謝に必要な複数の酵素を作る原料となり、毛髪の生成には欠かせない栄養素です。また、16種類の「必須ミネラル」の中でも特に必要なミネラルで、細胞分裂が活発なところで重要な働きをします。

また、ヨウ素も亜鉛と同じく「必須ミネラル」のうちの一つです。
体の新陳代謝を促進する「甲状腺ホルモン」の形成に必要であり、結果として、毛髪の成長にも影響しています。

そして亜鉛もヨウ素も、共通して海藻に多く含まれるため、冒頭で出てきた昆布やワカメは発毛にも一役買っている、ということになります。
このことからも薄毛予防を考えている人は、意識して摂取したい栄養素です。

<ミネラルを含む食べ物一覧>
亜鉛:タンパク質の合成を助ける働き
・魚介類、肉類、海藻、野菜など

ヨウ素:甲状腺ホルモンの主原料になり、髪の成長を助ける
・昆布、ひじき、海藻類

薄毛予防によい栄養素を、食べ物から上手に摂るには?

「薄毛予防には、栄養素の多く入った食べ物をたくさん摂取すればいい」とは言っても、管理栄養士でもない専門知識のない人が、栄養素を意識した献立を毎日考えるのは大変です。
少しの工夫で、薄毛予防に良い食べ物(栄養素)を効率よく摂取できる具体的な方法をご紹介しましょう。

いつもの食事に+αで効率よく薄毛に良い栄養素を摂取

いつも食卓に並ぶメニューに少し手を加える、少し変えるだけで、味も栄養も+αが得られます。

・アミノ酸:カツオ節やごまなどを、ふりかけや和え物にして手軽に摂取
・ビタミン:おやつは、スナック菓子の代わりにフルーツに置き換える
・亜鉛:煮干しのおやつ、普段食べるパスタにパルメザンチーズをかけてみる

亜鉛はビタミンCと一緒に摂取で吸収率を高める

お店で生カキを食べるときに、添えられたレモンを絞って食べた経験はありませんか?
亜鉛は、ビタミンCを含む食べ物と一緒に摂取すると吸収率を高めると言われています。生カキにレモン汁をかけて食べることは、生カキの亜鉛とレモンのビタミンCが組み合わさることによって、亜鉛の吸収率が高まる効果があるのです。

その他の薄毛予防によいとされる食事については、こちらの記事もご覧ください。

食事の改善で抜け毛予防?髪に必要な栄養素とは

薄毛予防によい栄養素を、食べ物から上手に摂るには?

薄毛予防の食べ物、実は注意が必要な食べ合わせ

先ほどは、吸収率を高める食べ合わせについてご紹介しましたが、逆にせっかく摂取した栄養素を対外へ排出してしまう食べ合わせもあります。

最近、食品添加物のなかに亜鉛を排出させやすくなるものがあることが分かってきました。例えば、ファストフードやインスタント食品の食感の改善や風味を安定させることに使用されるフィチン酸・ポリリン酸などがそうです。

ファストフードやインスタント食品の頻度が多い偏った食生活には、このような視点からも問題があるといえます。

(参照|日経スタイル「味覚異常の患者増加 亜鉛不足、ストレスも原因」

薄毛を食べ物で予防するなら、お酒やタバコは控えめに

髪の毛の原料となる栄養素の「アミノ酸」。実は、お酒に含まれる有害物質を排除する役割も担っています。
そのため、「薄毛によい食べ物だから」とアミノ酸を含む食べ物を意識的に摂取していても、お酒を毎日多量に摂取していると、同時にアミノ酸を消費してしまっている可能性もあります。

また、タバコは血管を収縮させてしまい、頭皮を含めた皮膚の血流を悪くします。とうぜん薄毛にも良いことは何もありません。

お酒はほどほどに、たばこは百害あって一利なし。どちらも多量に摂取するのは髪の毛の原料を消費するだけではなく、病気のリスクを高めてしまいます。
この機会に、薄毛だけでなく体のためにも、お酒とタバコの摂取量を見直しましょう。

(参考|東洋経済オンライン「「お酒は少量なら健康に良い」はウソだった?「海外一流誌」の最新論文をどう読むか」

「その努力は、きっと髪の毛になって生えてくるハズ」

「薄毛の予防や対策に、食事の内容を見直してお酒とたばこも控えめに。」

インスタント食品やファーストフード、飲酒喫煙を楽しんで現代的な生活習慣を送っていた人には、ここに上げたような生活は、潔癖すぎてもしかするとハードルが高いものかもしれません。
慣れた生活を急に変えるのがストレスであれば、
・サプリメントを利用する
・インスタントの食事に、海藻のスープやお惣菜を一品つけてみる
・お酒の種類を少し変えたりチェイサーを添えてみる
・たばこ休憩の半分だけ、ガム休憩にしてみる
などの小さな工夫をしてみるのもいいでしょう。
少しづつ変化を取り入れてみるのもいいでしょう。
毎日の積み重ねが、髪の毛になって生えてくるところをイメージしましょう。

それでもダメならAGA治療の専門クリニックへ

「薄毛に良いとされる食べ物」を含む食生活の改善をしても、薄毛や抜け毛に変化がない。むしろ、薄毛や抜け毛が日に日に進行している気がしてならない。

もしも、その薄毛の進行が、「額の生え際」や「頭頂付近」から進むタイプだった場合は、AGA(男性型脱毛症)かもしれません。

その場合は、薄毛予防によいとされる食べ物や生活習慣の見直しも必要ですが、それだけで進行を止めることは難しいでしょう。具体的に改善をしたいのであれば、AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックで医師や薬剤師に相談してみるのも一つの手です。

先述の通り、AGA(男性型脱毛症)は進行性です。
希望の毛量に回復させるには、できるだけ早く治療をする必要がありますが、1人で悩んでいるうちに薄毛が進行してしまい、治療開始が遅れては元も子もありません。

薄毛の治療について、こちらの記事もご覧ください。

AGA(男性型脱毛症)について
AGAの早期治療について
AGAの治療費はいくらかかる?気になる治療費の相場まとめ

それでもダメならAGA治療の専門クリニックへ

まとめ

薄毛予防に良いとされる食べ物についてご紹介しました。
薄毛や抜け毛が気になっている方は、普段の食生活にこれらの「髪の生成に良い」とされる食べ物を意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

すでに薄毛の症状がある程度進んでおり、根本的に治療をして薄毛を解決したいという方は、AGA(男性型脱毛症)治療の専門クリニックで、医師の診察や治療を受けることもおすすめします。Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)では、常時無料カウンセリングを受付ております。
ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。

Dクリニック東京メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京) 無料カウンセリングフォーム

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事