この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
メンズヘルスクリニック東京

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にAACクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、ヘアメディカル関連クリニックの中で最大規模を誇るメンズヘルスクリニック東京の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

AGA治療を受けたいけれど、気になるのが治療費。AGA治療にはいくつかの方法がある上、薄毛が改善されるまでの期間によっても、必要な費用は異なります。AGAの治療費について、おおよその相場をご紹介します。

baseimage

AGA治療の費用はどうやって決まる?

専門クリニックでAGA治療を受ける場合、ざっくりとした目安になりますが、診察代や薬代を含めて月額15,000~30,000円ほどになります。もちろん、治療の内容や期間によって、実際にかかる費用も変わってきます。

また、AGA治療は健康保険の適用外で、いわゆる自由診療となります。そのため、細かい治療費はクリニックごとに違うことも認識しておいてください。

では、AGA治療の費用がどのように算出されて治療がスタートするのか、その流れを確認しましょう。

カウンセリング

AGA治療を受けたことがないと、知らないことばかりで不安が先立ってしまいます。まずはカウンセリングの場で、治療の内容やプロセス、注意すべきこと、治療費などについて、一般的な説明を行います。不安や疑問があれば、質問に答える形で解消していきます。

※メンズヘルスクリニックでは無料でカウンセリングを受けることができます。無料カウンセリングの受付はこちら

診察

専門医が頭皮と頭髪の状態を診察します。必要に応じて頭部の写真を撮影したり、血液検査を行ったりして、治療法の選別と男性ホルモンのレベルなどを判定します。

その上で患者さんに現状を説明し、治療の内容や期間の目安などを説明して、治療を受けるかどうかを判断してもらいます。

治療

患者さんの希望や治療上の必要に応じて追加検査を行いつつ、治療をスタートします。ストレスコントロールや食事など、生活習慣のアドバイスを行うこともあります。

また、状況を確認することで、途中で治療内容を変更するほうがいいケースもあり、その場合は費用も変更となります。

AGAの治療法と費用の相場は?

治療内容によって、費用もそれぞれ違います。専門クリニックでは、内服薬治療、外用薬治療、HARG療法、メソセラピーなど、さまざまな治療法がありますが、それぞれの治療の内容や期間、費用の相場を確認しましょう。

※メンズヘルスクリニック東京では、HARG療法、メソセラピーによる治療は行っておりません。

①内服薬治療

内服薬治療は、発毛阻害物質の生成を防ぐ目的で使われます。フィナステリド、デュタステリドというおもに2つの成分を配合した内服薬が挙げられます。AGAは、男性ホルモンの働きで作られる、発毛を阻害する物質によって起こります。ですから、内服薬治療で発毛阻害物質の生成を抑えることで、脱毛を防ぐことになります。

  • 治療の期間

内服薬治療の期間としては、最初の診察のあとは月1回程度の通院で診察を受けながら、薬を服用するというのが一般的です。場合によっては3ヵ月に1回程度の通院で行うこともあります。

頭皮や頭髪に変化が表れてきたら、状態に合わせて通院頻度を変えていきます。

  • 治療費の相場:フィナステリド配合薬

内服薬の中でフィナステリドを配合している治療薬は、「プロペシア」という商品が有名です。これは、脱毛の原因となる物質の生成を阻害する働きを持ちます。プロペシアが2015年に特許期間が満了したことで、ほかの製薬会社からもプロペシアのジェネリック医薬品を販売できることになりました。ファイザー、沢井製薬、東和薬品、クラシエ薬品といった複数の製薬会社から、ジェネリック医薬品が販売されています。プロペシアのジェネリック製品は、費用が割安になります。

  • 【治療費の相場(フィナステリド配合薬)】

フィナステリド配合薬(プロペシア):5,000~7,000円(1ヵ月分)

  • 【治療費の相場(フィナステリド配合薬・ジェネリック)】

フィナステリド配合薬(プロペシアのジェネリック製品):4,500~6,000円(1ヵ月分)

  • 【治療費の相場:デュタステリド配合薬】

デュタステリド配合薬は、フィナステリド配合薬よりも脱毛防止・発毛促進効果があるとされており、価格が高くなります。

デュタステリド配合薬には、「ザガーロ」と「アボルブ」といった商品があります。ザガーロはデュタステリドの成分が0.1mgと0.5mg、アボルブはデュタステリドの成分が0.5mgとなります。ザガーロは歴史の浅い薬ですのでジェネリック商品はまだないのですが、アボルブはジェネリック商品があります。

  • 【治療費の相場(デュタステリド配合薬)】

デュタステリド配合薬(ザガーロ)8,000円~10,000円

デュタステリド配合薬(アボルブ)7,000円~10,000円

  • 【治療費の相場(デュタステリド配合薬・ジェネリック)】

デュタステリド配合薬(アボルブのジェネリック製品):7,000~9,000円(1ヵ月分)

②外用薬治療

外用薬治療は、頭皮の血行を良くし、頭髪の成長を促すために行われます。髪を作る毛母細胞が活発に働くためには、血流によって十分な酸素と栄養を補給し続ける必要があります。

AGA治療の外用薬といえば、ミノキシジル配合薬が代表です。また、市販の外用薬としては、「リアップ」(大正製薬)のみが認可されており、ミノキシジルが配合されています。

毎日、頭皮に塗って継続して使用する必要があります。

  • 治療期間

外用薬も内服薬と同様、最初の診察のあとは月1回程度の通院で診察を受け、薬を受け取るというのが一般的です。個人差にもよりますが、少なくとも4~6ヵ月ほど継続して治療する必要があります。

  • ミノキシジル外用薬の相場

外用薬は内服薬よりも高額になります。また、内服薬とあわせて使われることもあります。内服薬治療で脱毛を抑えて、ミノキシジルで頭髪の成長を促すことができます。

③HARG療法

人間は加齢とともに、全身の細胞が少しずつ衰え、老化していきます。HARG療法は、細胞の成長を促す「成長因子」を頭皮に直接注入することで、発毛に関わる細胞の機能を目覚めさせ、自然な発毛へと導いていきます。髪の毛が抜けては生えてくる、ヘアサイクルを正常に戻すことが目的です。

  • 治療期間

おおよそ4週間に1回、あるいはもう少し短いスパンでの通院が必要です。個人差がありますが、早ければ1~3ヵ月、多くは5~6ヵ月の通院で変化が実感できるようです。ヘアサイクルが正常化すれば治療完了となります。

  • 治療費の相場

HARG療法は患者さんの状態に適したオリジナルの薬剤「HARGカクテル」を使い、それを頭皮に直接与えていく治療法です。その方法も注射器による注入のほか、電流治療器やレーザーなど、さまざまな器具を使う方法があります。そのため、治療費は高額になります。

  • 【治療費の相場】

・HARG療法:15万~20万円(1回)

※メンズヘルスクリニック東京ではHARG療法による治療は行っておりません。

④メソセラピー

メソセラピーは、頭皮に直接注射する治療法になります。頭皮の健康と発毛・育毛を目的とした各種成分が配合されています。メソセラピー単独で行うこともあれば、複数の治療法を組み合わせることもあります。

  • 治療期間

当初は1ヵ月に1~2回、変化が出てきたら2~3ヵ月に1回、メソセラピーを行います。さらに、年に数回と頻度を落としていき、良い状態を維持します。

  • 治療費の相場

メソセラピーもHARG療法と同じく、1回あたりの費用が高額な治療法です。その価格設定には、クリニックによってかなりの差があります。

薬剤を注入するため、使用する器具や使用する薬剤の配合などによって、費用は変わってきます。

  • 【メソセラピーの治療費の相場】

メソセラピー:70,000~100,000円(1回)

※メンズヘルスクリニック東京ではメソセラピーによる治療は行っておりません。

なぜ「初診料」「再診料」がかかるのか?

AGA治療では、初診料・再診料を設定しているクリニックは数多くあります。治療を受ける側からすると「薬代でも治療費でもないのに、無駄な出費じゃないか」と感じるかもしれません。

一般の病院で保険診療を受けるときにも、初診料は必ず計上されています。初診料・再診料は、幅広い知識と豊富な経験を持つ医師への対価といえます。

医師は、初めて治療に訪れた患者さんの状態を読み取り、治療方針を提示します。また、治療が始まれば、患者さんの状態や施術の内容、投与した薬剤の配合などをすべて記録し、状況に応じて治療方針を軌道修正していくことになります。こういった場面で、医師の実力が発揮されます。

クリニックの中には、初診料・再診料がかからない、あるいは初診料はかかるけれど再診料は無料のクリニックもあります。いずれにしても、目先の費用だけにとらわれず、ドクターと相談しながら正しい治療を行うことが大切です。

強い薬を使えばいい?

さまざまな治療法がある中で、頭皮や頭髪の状態は十人十色なので、人によってどの治療法が適しているかは異なります。さらに、本人の希望によって治療法の選択は異なるでしょう。「とにかく早く結果を出したい」という人と「ゆっくりでいいから、自然な発毛を期待したい」という人とでは、選ぶべき治療法は違ってきますし、当然ながら治療期間にも差が生まれます。

AGA治療では、「強い薬をたくさん使って、頻繁に治療を受ければ、早く効果が出るのでは」という思い込みが患者さん側にあるかもしれません。ですが、AGA治療は医療行為とはいえ、緊急性の高いものではありません。「今すぐなんとかしないと命に関わる」というものではないのです。そのため、薬の副作用などのリスクをできるだけ抑えるといった安全性が最優先されています。また、治療頻度を少なくして患者さんの通院の手間を軽くするよう、各クリニックが工夫を重ねているのです。

自分で薬を調達すれば治療費を安くできる?

「自分で薬を仕入れたほうが安く上がるのでは?」と考える方もいるでしょう。現在では海外から医薬品を個人で並行輸入することも簡単になりましたし、そうした薬は国内のクリニックで購入するよりも遥かに安価です。日本には正規ルートで入っていない類似薬やジェネリック医薬品も見つかったりします。

ですが、医薬品の個人輸入には、さまざまな危険がつきまといます。

そもそも医療用医薬品は、医師の処方のもとで使用することが大前提になっています。素人判断で使用していると、思わぬトラブルが起こることもありえます。名称は同じでも成分が異なることもあるでしょうし、ひどい場合には模造品の可能性もあります。

AGA治療は、基本的に健康保険が使えませんので、一般の治療以上にお金がかかりますが、コストを抑えることばかりに目を向けてはいけません。治療効果や安全性を損なわないように、十分に気を付けましょう。

カウンセリングしてから治療するか判断しよう

もしもあなたがAGAに悩み、治療を受けたいと思いながらも治療費の点で踏み切れずにいるなら、まずは信頼できるクリニックを選んで、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

いくつかのクリニックで無料カウンセリングを受けることで、安心して治療に専念できるはずです。あなた自身の頭皮と頭髪の状態を把握し、選択可能な治療法とおおよその費用を知るだけでも意味があります。その上でじっくり検討して、納得できたら治療を受けてみてください。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事