この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

【頭皮が赤い!その原因と対策を知りたい!】普段、他の部分の皮膚と変わらない色をしている頭皮。しかし時に、頭皮が赤いときがあります。頭皮が赤いときは、頭皮トラブルが起きている可能性があり、放置していると重症化し、行く末は薄毛につながる場合もあります。頭皮が赤いときの原因や対策をレクチャーします。

baseimage

「頭皮が赤い それは髪の毛のピンチ!」

頭皮は髪に隠れているので、普段、頭皮の色を気にすることはほとんどありません。しかし、もし頭皮が痒かったり、チクチクとした痛みがあるときは、髪の毛を上げて頭皮の色をチェックしましょう。

髪で覆われて日焼けをしにくい場合などは、他の肌の色よりも他よりも白く見えることがあります。しかし、健康的な頭皮はほかの部分の皮膚の色とそう変わらない色をしています。しかし、頭皮が赤い状態のときは、何らかの頭皮トラブルだと思った方がいいでしょう。

髪の毛は、どこから生えてくるのでしょうか?いわずもがな、それは「頭皮」です。正確にいえば、頭皮の中に存在している毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、成長して角質化したものが髪の毛です。
毛母細胞は、頭皮に張り巡らされている毛細血管から毛乳頭細胞が栄養を取り込むことで活動していきます。つまり、頭皮が健康な状態にないと、髪の毛もまた健康的に育たない可能性があるのです。

なぜ不健康な頭皮は赤い状態になるのか?

前述のとおり健康的な頭皮の色は、他の肌よりも白く見えます。しかし何らかのトラブルがあると、赤い色になります。その原因はいつくか考えられます。その代表的な原因を解説します。

頭皮が赤い原因(1)
血行が悪化してうっ血している

頭皮には微細な毛細血管がくまなく張り巡らされています。血行が良い状態なら、頭皮が赤くなることはありません。しかし、血行が悪化していると、血液の滞留が起こります。その結果、うっ血して頭皮が赤くなることがあります。

これには、頭頂周辺の頭皮には筋肉がないため、筋肉の動きで血流を活性化させることができないのも、理由の一つとして挙げられます。

特に、額より上の部分には筋肉がありません。筋肉があれば、筋肉を動かすことでポンプの役割を果たして血行を促進できますが、筋肉のない額より上半分は特に血行が滞りやすいといえます。

血行不良の原因は、このほかにストレスや生活習慣の乱れで血管が収縮している、体全体の血流が悪くなっていることなどが挙げられます。

頭皮が赤い原因(2)
頭皮が炎症を起こしている

頭皮が赤く、しかも「かゆみ」や「痛み」といった自覚症状もある場合、何らかの炎症を起こしている可能性があります。

頭皮が炎症を起こす原因(1)

皮脂の過剰分泌による脂漏性皮膚炎
いわゆる「あぶら症」の人だったり、頭皮環境が不衛生な人は、頭皮から分泌した皮脂が溜まると、ベタベタとしたフケが出て雑菌の繁殖につながり、炎症を起こす場合があります(脂漏性炎症)。
炎症を起こした部分はカサつき、赤い湿疹が出ます。

頭皮が炎症を起こす原因(2)

頭皮の乾燥によるフケからなる皮脂欠乏症皮膚炎
頭皮が乾燥してパラパラとフケが発生し、そのフケから雑菌が繁殖して起こる皮膚炎です(皮脂欠乏症皮膚炎)。原因としては、空気が乾燥した冬の季節に頭皮が乾燥したり、1日に何回もシャンプーをし過ぎて頭皮が乾燥することなどがあります。

頭皮が炎症を起こす原因(3)

直射日光の紫外線(UV)や日差しに頭皮がさらされている
髪の分け目やつむじ部分など、髪の毛に頭皮が隠れていない部分は、外出時に直射日光のダメージを受けやすい部分です。紫外線(UV)による肌の老化現象や、日差しによる日焼けで頭皮が乾燥するなど、頭皮環境が悪化して赤くなり、炎症が起きやすくなります。

頭皮が炎症を起こす原因(4)

ヘアケア剤が頭皮に合っていない
シャンプーやリンス、ヘアカラー、整髪料といったヘアケア製品には、さまざまな成分が含まれています。そういった成分が頭皮に合わない場合、アレルギー症状を起こし、頭皮が赤くなる場合があります。
特に、シャンプーの合成界面活性剤やヘアカラーの酸化染料(ジアミン)など、皮膚への刺激がつよいとされる化学成分には注意が必要です。

ヘアケア製品のトラブルについては、当メンズヘルスクリニック東京のこちらの記事もお読みください。

ワックスと薄毛のお悩みQ&A集
シャンプー成分が薄毛の原因になる?頭皮にやさしい成分をチェック
抜け毛を防ぐヘアブラシを使うときの注意点

頭皮が炎症を起こす原因(5)

アレルギー原因物質に接触している
花粉やハウスダストなど、空気中にはさまざまなアレルギー原因物質(アレルゲン)が蔓延しています。アレルギー原因物質に反応すると、くしゃみや鼻水といった症状の他に、肌荒れなども発症します。頭皮も皮膚の一部なので、アレルギー原因物質による炎症とは無縁ではなく、炎症を起こして赤くなることがあります。

頭皮が赤い原因(3)
頭皮が何らかの病気にかかっている

頭皮が赤い場合、頭皮が何らかの病気にかかっている可能性があります。先に紹介した脂漏性皮膚炎や皮脂欠乏症皮膚炎、アレルギー症状も病気の一つですが、それ以外にも

・尋常性乾癬
・頭皮白癬(しらくも)

などの皮膚病に感染している可能性があります。

尋常性乾癬は雑菌やウイルス性の病気ではないので、感染の心配はありません。しかし頭皮白癬は白癬菌による病気なので、感染の恐れがあります。
いずれにしろ、これらの病気は重症化することも少なくありませんので、医師による治療が必要です。

なぜ不健康な頭皮は赤い状態になるのか?

頭皮が赤いときは、生活習慣やヘアケアを見直そう

頭皮が赤いときは、生活習慣やヘアケアが肌質にあっていない可能性があります。いちど、生活習慣やヘアケアの方法を見直しましょう。

頭皮が赤いときの対策(1)
肌質に合ったヘアケアをする

例えば乾燥肌の人は、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、乾燥が進んで頭皮を保護する皮脂までごっそり取り除いてしまい、乾燥して炎症の原因となります。該当する人には刺激の少ないシャンプーを使い洗いすぎないよう、注意しましょう。

逆に「あぶら症」の人があまりシャンプーをしない場合、過剰分泌して溜まった頭皮の皮脂に常在菌が繁殖し、皮脂を分解してその代謝産物による刺激が炎症を引き起こす可能性があります。
1日1回のシャンプーを欠かさず、清潔な頭皮環境を保ちましょう。

いずれにしろ、刺激の強いヘアケア製品は使用しないほうが頭皮のためです。刺激の少ない自然由来成分の商品や、「育毛」「薬用」と書かれた商品を選べば、頭皮への負担が軽減できるでしょう。

頭皮が赤いときの対策(2)
頭皮を直射日光やアレルギー原因物質にさらさない

直射日光にそのまま当たると、いくら髪の毛がカバーしてくれるといっても、紫外線や熱の影響はゼロではありません。帽子や日傘を使う、日陰を歩くなど、なるべく直射日光に当たらないようにしましょう。

アレルギー原因物質も同様です。特に花粉は、髪の毛や頭皮に付着することで、長時間にわたり頭皮に接触する可能性があります。外出時は帽子をかぶり、帰宅後によく花粉を取り除きましょう。

頭皮が赤いときの対策(3)
生活環境を整える

生活環境が乱れて不摂生な生活を送っていると、睡眠不足や運動不足などの影響で体の代謝機能が低下します。そのため抵抗力が落ち、トラブルが起きやすくなります。「不摂生は万病のもと」と言いますが、もちろん頭皮も無関係ではありません。もちろん、ストレスも大敵です。

頭皮が赤いときの対策(4)
栄養バランスの良い食事を摂る

髪の毛を作るのは、毎日の食事から摂取する栄養です。栄養が偏ると、当然ながら健康的な髪の毛が育ちにくくなります。

髪の毛の主成分は、ケラチンという18種類のアミノ酸で構成されたタンパク質です。食事では、タンパク質を中心にビタミンやミネラルといった栄養を中心に、バランスよく摂取しましょう。

頭皮の赤い症状が改善されないときは、皮膚科や毛髪の専門クリニックで診察を

頭皮が赤いときの対策をさまざま説明しました。それでも頭皮の赤い症状が改善されないときは、皮膚炎や乾癬、白癬などを発症している可能性があります。この場合、ヘアケアの方法を変えたり生活環境を整えても、自然治癒は困難です。少しでも早く、皮膚科や毛髪の専門クリニックで診察と治療を受けましょう。

頭皮の赤い症状は薄毛や抜け毛につながる?

頭皮の赤い症状は、頭皮が何らかのトラブルを抱えているシグナルです。頭皮の健康が損なわれると、当然、発毛や育毛にも影響が出てくる可能性があり、薄毛や抜け毛のリスクが高まります。髪の毛を健やかに守るためにも、早期の対策をすることが賢明です。

当メンズクリニック東京の公式サイトでも、薄毛についてまとめたコラムがあります。よろしければそちらも併せてお読みください。

AGA・薄毛コラム

また、頭皮や髪の毛に関する不安や、専門のスタッフに相談することができる無料カウンセリングも行っております。治療についての具体的なご説明、ご相談もできますので、お気軽にお問い合わせください。

メンズヘルスクリニック東京 無料カウンセリング

頭皮の赤い症状は薄毛や抜け毛につながる?

(まとめ)

頭皮が赤い症状についての記事はいかがでしたか? 頭皮が赤いときは、頭皮トラブルのシグナルです。対策をほどこしても改善されない場合は、皮膚炎や乾癬、白癬などを発症している可能性があります。その場合は早めに皮膚科や毛髪の専門クリニックを受診されることです。放置しておけば、それが薄毛を促進してしまう可能性も考えられます。
適切な対応を心がけ、重症化して薄毛にならないように気をつけましょう。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事