この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

シャンプー選びのポイントとなる『シリコン』ですが、ノンシリコンシャンプーの登場により髪に良くないものという意見を耳にするようになりました。しかし、シリコンシャンプーがなぜ敬遠されるのか、メリットはないのか疑問に思う方もいると思います。そこで、シリコンシャンプーのメリットと選び方について調べました。

baseimage

シリコンシャンプーと薄毛は関係がある?

シリコンはシャンプーに配合されているポピュラーな成分です。シリコンシャンプーを使っているからといって、必ずしも薄毛になる、髪に良くないということはありません。

シリコンは体に悪くない

シリコンという響きから何となく体に悪いイメージを抱いている人もいると思います。また、DIYをしている方ならシーリング材の主成分としてシリコンが使われていることも知っているかもしれません。ですが、実際にはシリコンは軟膏や美容品にも使われる安全性の高い成分です。

シャンプーに使われるシリコンの成分名には多くの種類がありますが、4つ共通している表示名があります。

  • メチコン
  • シロキ
  • シリル
  • シラン

メチルエーテルジ『メチコン』やステアロキシトリメチル『シラン』のように、成分表記の中に4つのどれかが記載されているものがシリコンシャンプーです。

使い方次第

シリコンシャンプーが悪いと言われる主な理由は「毛穴が詰まる」というイメージがあるからではないでしょうか。たしかに、シャンプーの成分が毛穴に詰まると薄毛の要因となります。しかし、シリコンが毛穴をふさぐ根拠は確認されていません。

シャンプーの成分が毛穴に詰まる主な原因は、シャンプー後のすすぎ不足です。つまり、それがシリコンであってもノンシリコンシャンプーであっても、毛穴が詰まると薄毛の原因になるのです。

シリコンシャンプーのメリット・デメリット

シリコンシャンプーが自分の髪質やヘアケアの目的にあっているのかを見極めるためにも、メリットとデメリットを覚えておきましょう。

シリコンシャンプーのメリット

シリコンシャンプーは、髪の表面をコーティングすることができます。そのため、外部からの刺激によるダメージから髪を保護する効果があります。髪表面を覆うキューティクルが剥がれると、ドライヤーの熱や紫外線といった刺激が髪の内部に直接あたります。シリコンで髪表面をコーティングすることで、ダメージの軽減させることができます。

ほかにも、指通りを良くするメリットがあります。摩擦は髪のダメージの原因です。シリコンに覆われた髪は、髪同士の摩擦が少なくなり、シャンプー時のきしみや絡みといったトラブルが防げます。

シリコンシャンプーのデメリット

シャンプー後にヘアケアをしている場合、シリコンシャンプーによって髪の表面をコーティングされることでヘアケア成分が浸透しづらくなります。また、ヘアカラーを当てるときにも少しかかりにくくなるようです。

ほかに考えられるデメリットとしては、シリコンには髪のボリュームを抑える働きがあります。そのため、髪のボリュームをだしたいという方には向かないかもしれません。

また、ごくまれにシリコンに対してアレルギー反応がでる方もいます。シャンプーには防腐剤や着色料などの成分も含まれるので、一概にシリコンだけが悪いとはいえませんが、シリコンシャンプー使用後にかゆみや湿疹がでるのならノンシリコンシャンプーを試してみてください。

シリコンシャンプーの選び方

皮脂が少なく乾燥している頭皮と皮脂が多くベタつきやすい頭皮とでは、適しているシリコンシャンプーが異なります。それぞれどのように選べば良いのか説明します。

乾燥肌はアミノ酸系シャンプーがおすすめ

乾燥肌の方が洗浄力の高いシャンプーを使うと、必要な皮脂まで洗い流すかもしれません。皮脂は本来、外部のダメージから頭皮を守り水分の蒸発を防ぐ働きがあります。その皮脂が少なくなると、頭皮が敏感になり、少しの刺激に対しても、かゆみや発赤といった反応をするようになります。

乾燥肌の方にはアミノ酸系シャンプーが適しています。アミノ酸系シャンプーは、低刺激で洗い上がりがやさしく、フケやかゆみといったトラブルを抑えながら、汚れを適度に落とします。

脂性肌は薬用シャンプーがおすすめ

頭皮がベタつきやすい場合は、洗浄力の高い薬用シャンプーを試してください。脂性肌の方は、皮脂の分泌量が多くなっているため、不要な皮脂をしっかり落とす必要があります。ただし、ベタつかないように何度もシャンプーをしたり、強くゴシゴシ洗ったりするのは逆効果です。頭皮は皮脂が足りなくなると、乾燥を防ぐために普段より多くの皮脂を分泌します。

『薬用』や『医薬部外品』とかかれた薬用シャンプーは、フケやかゆみを予防する成分が含まれるため汚れを落としながら頭皮環境の改善を目指すことができます。

シャンプー以外の頭皮環境対策、薄毛対策

乾燥や抜け毛など頭皮環境が乱れているのなら毎日のシャンプーはもちろん、それ以外の対策も必要です。

生活習慣の改善

食生活の改善

まず、食生活から見直しましょう。食生活が乱れていると、髪に必要な栄養が不足し、髪が細く弱くなります。髪の主成分となるタンパク質はもちろん、髪が生えるのを助ける亜鉛やビタミンも大切です。栄養バランスのとれた食事を心がけ、その上でタンパク質・亜鉛・ビタミンを含む食材を取り入れてください。

禁酒・禁煙

アルコールの分解には、髪に必要な栄養が多く使われます。タバコも髪に必要な栄養を分解してしまうので、髪に届くはずの栄養を奪ってしまうことになります。いくら食事で髪に必要な栄養を摂取していたとしても、普段の飲酒・喫煙で栄養が不足するかもしれません。ストレスにならない程度に、徐々に量を減らしましょう。

有酸素運動

有酸素運動は全身の血行が良くし、薄毛の原因である頭皮の血行不良を防ぐことにつながります。また、運動はストレス解消にもなるのでホルモンバランスを整えることにも有効です。

ストレスの解消

ホルモンバランスの乱れは薄毛の原因となります。そして、ストレスはホルモンバランスが乱れる原因のひとつです。また、ストレスを受けると血管が収縮するため頭皮の血行不良にもつながります。趣味に取り組む、リラックスするといった時間を作るなど、自分にあった方法でストレスを発散してください。

改善の近道は頭髪治療専門のクリニックやドクターへの相談

自分の力で改善しにくい薄毛は、頭髪治療専門の医師に相談するのが一番です。抜け毛や薄毛に悩む方や薄毛治療の内容に興味がある方のために、専門クリニックでは担当スタッフによる無料カウンセリングを実施しています。どのような治療をするのか、自宅でできるヘアケアとはどのように違うのか、疑問や不安な点は確認しておきましょう。カウンセリング終了後に初診の予約をするか、治療を受けるか検討することができます。

メリット・デメリットをきちんと踏まえましょう

『シリコンシャンプーは毛穴に詰まる』というのは正しくありません。シリコンシャンプーでもノンシリコンシャンプーでも、シャンプー後のすすぎが不充分だと、その成分が毛穴に詰まる可能性があります。それにシリコンシャンプーには髪の表面をコーティングして熱などのダメージを軽減するというメリットがあります。大切なのはメリット・デメリットを理解して自分の髪にあったシャンプーを選ぶことです。

また、薄毛予防にはヘアケア商品だけではなく、食事や運動といった生活習慣の改善も必要です。薄毛に対して、自分のヘアケアだけでは効果が実感できないと感じたのなら頭髪治療専門クリニックの無料カウンセリングを利用することも検討しましょう。

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事