この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

朝起きて、枕にふと目をやると、細い抜け毛がびっしりとついている。シャンプーのあと、排水口のネットに黒々と抜け毛が引っかかっている。なんとなく、髪の毛のハリやコシも減ってきた気がする…。気になる抜け毛の原因は、頭皮の状態が悪くなっている点にあるかもしれません。このページでは、頭皮の健康と抜け毛の関係、さらに予防と対策にについてもお伝えします。

baseimage

正常な抜け毛と異常な抜け毛の違い

抜け毛には正常な抜け毛と異常な抜け毛があります。私たちの髪の毛は、古くなったものから自然に抜け落ちるようになっており、これを「ヘアサイクル」といいます。では、1日どれくらいの本数が正常な抜け毛と言えるのでしょうか。
一般的に、1日50〜100本程度は正常な抜け毛といわれており、抜け毛があるからといってすぐに病気を疑う必要はありません。

ヘアサイクルについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

髪の毛の成長を左右するヘアサイクルとは?

異常な抜け毛の特徴

では、異常な抜け毛はどのようなものなのでしょうか。具体的に1日何本からが異常な抜け毛だという定義はありません。ただ、枕元やシャンプー後の抜け毛が増えているときは心配ですよね。また、抜け毛の毛根に白いものが付着している、先が細くなっているというようなものは注意が必要です。

男性の抜け毛にはAGA(男性型脱毛症)の可能性も

抜け毛の原因はさまざまありますが、男性の場合はAGA(男性型脱毛症)の可能性が考えられます。 AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症していると言われています。 AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれている酵素が過剰に反応。その結果、髪の毛の成長を阻害するジヒドロテストロンが生成することによって抜け毛が引き起こされる症状です。

AGA(男性型脱毛症)について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

AGA について
AGAとは
AGAの原因

頭皮トラブルは抜け毛を招く

抜け毛のおもな原因として、頭皮の下に張りめぐらされた毛細血管から、頭髪を生み出す毛母細胞へ、栄養分がうまく行きわたらないことが挙げられます。毛穴から脂分(皮脂)が過剰に分泌されていたり、逆にカサカサに乾燥してふけが出やすくなっていたり、頭皮が炎症を起こして傷んでいたりすると、抜け毛が多くなりがちです。

また、シャンプーでの洗髪が甘かったり、逆にゴシゴシと洗いすぎていたり、洗浄成分のすすぎが不十分だったりすると、やはり頭皮にダメージが残ってしまい、抜け毛の原因になりかねません。

色からわかる頭皮の状態

頭皮が発毛に向いている状態かどうかは、見た目でもある程度わかります。特に、頭皮の色がバロメーターとなります。ここでは、頭皮の色を5つに分けて、頭皮環境と抜け毛の関係を説明します。

青白い頭皮

透明感があって青白い色の頭皮は、一般的に血行が良くて健康で、毛穴の皮脂や汚れも十分に落とされており、発毛環境として良好とされています。1つの毛穴から、複数本の毛髪が出ることもあります。

黄色っぽい頭

血行やリンパの循環があまり良くなく、皮脂が毛穴に詰まっていると、頭皮が黄色っぽく見えてきます。生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどが原因で、頭皮が黄色く変色しやすくなります。この場合、頭皮に棲みついている常在菌である真菌が、皮脂の影響で悪影響をもたらし、「脂漏性皮膚炎」などを引き起こす可能性があります。

茶色い頭皮

血行が良くないため、血液を通じて栄養分や酸素が十分に行きわたっておらず、しかも溜まった老廃物が静脈で排泄されないため、頭皮が茶色っぽく見えています。この場合も、発毛環境としては適しておらず、抜け毛を防ぐためには血行を改善させる必要があります。

ピンク色の頭皮

頭皮が乾燥して敏感になり、外からの刺激から守る抵抗力や防御機能が低下していると、頭皮がピンク色に近づきます。頭皮の内側でヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が減少し、潤いが失われて、頭皮が炎症を起こしつつある状態です。

赤色の頭皮

血行が悪くなっている、あるいは血流が止まって赤くなっている頭皮では、栄養分が頭髪に行きわたらず、抜け毛の増加につながりやすくなります。

また、強い紫外線を浴びたり、界面活性剤や防腐剤などが多く含まれている刺激の強いシャンプーやヘアケア剤、ブリーチ剤を使ったりして、頭皮に炎症ができている場合も赤くなります。

頭皮をケアして抜け毛対策をしよう

抜け毛を防ぐためには、今の頭皮の色を、できるだけ青白い健康的な状態に近づけることがカギとなります。まずは、頭皮にいい生活習慣を心掛けてみてはいかがでしょうか。

抜け毛対策(1)食生活を改善する

食事は脂っぽい物を控えめにして、発毛に必要なたんぱく質を積極的にとる「低脂肪・高たんぱく」を意識するのがおすすめです。

抜け毛対策(2)質の高い睡眠をとる

十分な睡眠を確保することも、頭皮の発毛環境を整えるのに求められる要素のひとつです。睡眠時間が長いだけでは十分とはいえず、深い眠りにあたる「ノンレム睡眠」時間を増やし、睡眠の「質」も高めるようにしましょう。ノンレム睡眠を増やすためには、睡眠前の刺激をできるだけ少なくすることが重要です。寝るまえにお酒を飲んだり、スマホを見たりするのはほどほどにしましょう。

抜け毛対策(3)適度な運動をする

ウォーキングなどの程良い運動を定期的に採り入れることで、頭皮の血行を促進させ、抜け毛を防ぐことができます。頭皮にいい生活習慣は、全身にもいい生活習慣だといえます。

抜け毛対策(4)頭皮マッサージをする

入浴時などのリラックスできる時間帯に、頭皮マッサージをすることも、ストレスを解消しつつ血行を促進させるのに効果的な習慣です。ただし、マッサージは頭皮が濡れていない洗髪前に行うのがおすすめです。なぜかというと、濡れた頭皮へのマッサージは頭皮にダメージを与えてしまうからです。

・後頸部(首の後ろ側)→後頭部
・耳の上側→頭頂部
・生え際(こめかみ)→頭頂部

上記の順に、両手の指の腹を使って優しくマッサージするようにしてください。何ヵ月か習慣的に続けると、抜け毛が増えにくい体質に変化していくはずです。

抜け毛対策(5)優しくシャンプーをする

シャンプーも、頭皮を優しくマッサージするように行うのが正しい方法で、爪を立てて、激しくかきむしるような洗い方はNGです。もちろん、シャンプーは洗髪のために行うものですが、抜け毛が気になる方は、髪ではなく「頭皮を洗う」ことを意識しましょう。

頭皮と抜け毛を改善するためのシャンプー選び

頭皮の健康状態と抜け毛を改善するためには、どのようなシャンプーを選べばよいでしょうか。頭皮環境によって、合うシャンプーはことなりますが、抜け毛を改善するためのシャンプーとして「アミノ酸系シャンプー」と「薬用シャンプースカルプD」をご紹介します。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸は人体の20%を占めているタンパク質を構成する物質です。頭皮や髪の毛はアミノ酸から構成されており、アミノ酸系シャンプーは人体の成分に近いものが使用されていることから、頭皮や髪の毛に優しいということができます。また、アミノ酸系シャンプーは、洗浄力はやや弱いと言われているものの、肌が弱い方も安心して使用することができます。

薬用シャンプースカルプD

スカルプDは抜け毛治療の専門クリニックが開発した頭皮ケアができるシャンプーです。スカルプDには、皮脂が多い方や乾燥肌の方など、さまざまな頭皮タイプに合わせた商品があるので、頭皮環境や抜け毛に悩んでいる方にもおすすめです。

シャンプー選びについて、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

シャンプーをしても頭がかゆい!その原因と今日からできるかゆみ対策

自宅で頭皮・抜け毛対策をしても変わらなければAGA(男性型脱毛症)専門クリニックへ

抜け毛の原因と頭皮環境の関係について説明してきました。今回、ご紹介した自宅でもできる頭皮と抜け毛対策をしても、変わりがなければ専門家に相談することをおすすめします。AGA(男性型脱毛症)専門クリニックでは、医師による診断と治療が可能です。

メンズヘルスクリニック東京には、無料カウンセリングもありますのでお気軽にお問合せください。

メンズヘルスクリニック東京_無料カウンセリング

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事