この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

AGA(男性型脱毛症)には、男性ホルモンである「テストステロン」が深く関わっていますが、テストステロン自体が薄毛の起因なわけではありません。薄毛のメカニズムを正しく知ることで、適切な対処をすることができます。ここでは、テストステロンと薄毛の関係について解説します。

baseimage

テストステロンとは?

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。おもに睾丸で作られ、ヒゲなどの体毛を濃くし、骨格や筋肉の強化、血液を生成するなど、男性特有のたくましい肉体を形成する役割を持ちます。また、集中力や難しい判断などに関係する「高次精神機能」にも影響を与えているといわれています。
テストステロンは、頭皮にとっては皮脂の分泌を促し、毛母細胞を活性化させる働きを持っています。

テストストロンとAGAの因果関係

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結び付き、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化することで起こります。本来、テストステロンには毛を太くする作用がありますが、ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すことで、髪が成長する時間を奪ってしまうのです。
人間の髪は、毛根にある「毛母細胞」が細胞分裂することで作られていきます。ですが、常に成長しているわけではなく、生産と休止のタイミングがあります。4~6年ほどの「成長期」で髪の毛が伸びていき、やがて毛母細胞の働きが弱まり、2~3週間ほどの「退行期」に入っていきます。そして、3~6ヵ月ほどの「休止期」になると、髪の毛の成長が完全に止まります。
ジヒドロテストステロンが成長期を短くすることで、AGAの症状が進行していくわけです。

AGAが発症するメカニズムを確認するとわかると思いますが、テストステロン自体は悪者ではありません。むしろ、テストステロンの減少は、男性の更年期障害を引き起こすといわれています。したがって、AGA治療でポイントになるのは、テストステロンと5αリダクターゼが結び付くことを阻害して、ジヒドロテストステロンの産生を抑えることです。

2つのAGA治療薬

AGAの治療薬には、おもに「プロペシア」(フィナステリド配合薬)と「ミノキシジル」の2つがあります。それぞれの特徴を見てみましょう。

プロペシアで5αリダクターゼを抑制

AGA治療薬といえば、有効成分フィナステリドを含んだプロペシアが一番に挙げられます。2005年にMSD株式会社がプロペシアという薬剤名で、厚生労働省から認可を受けました。
プロペシアの有効成分はフィナステリドとなります。フィナステリドの作用は、5αリダクターゼがテストステロンと結び付かないようにすること。これによって、ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑えることができます。
すでに特許期間を過ぎていることから、プロペシアと同様の成分を配合した「ファイザー」「サワイ」「トーワ」「クラシエ」といったジェネリック医薬品も発売されています。

ミノキシジルで血流を改善

ミノキシジルは、血管を拡張する降圧剤として開発された成分で、塗布する外用薬に用いられています。
毛髪には、成長期、退行期、休止期、そして再び成長期…というヘアサイクルがあります。通常、成長期は数年続きますが、AGAが発症すると、十分な成長期が確保できなくなってしまいます。
ミノキシジルは、毛包の細胞を活性化して小さくなった毛包を成長させるとされています。正常なヘアサイクルを取り戻すことで、健康な髪の毛を成長させます。また、元々ミノキシジルは血管拡張剤であるため、血流を改善する効果があります。血流が良くなれば、毛包に栄養分が行き届き、髪の成長に良い効果をもたらすと考えられます。

専門の医師の診察で早めの対策を

男性ホルモンであるテストステロンを減らせば、AGAにならないというわけではありません。
テストステロンが多くても、ジヒドロテストステロンに変化しなければ薄毛が進行することはなく、逆にテストステロンを減らしても、ジヒドロテストステロンへの変化が起こると薄毛症状が発症する場合があります。あくまでもテストステロンと5αリダクターゼとの結び付きを抑制することが重要で、その作用を妨げるフィナステリド配合薬を服用することで効果があるとされています。また、髪の毛の発毛効果が認められているミノキシジル配合薬(外用薬)を併用するのもいいでしょう。
進行を遅らせるには早めの対策が肝心です。抜け毛や薄毛が気になり始めたら、ぜひAGA治療の専門クリニックにご相談ください。専門の医師が進行度合いに応じて、患者様に治療内容を提示します。

メンズヘルスクリニック東京では、内服薬と外用薬を組み合わせた600以上のパターンから、一人ひとりに合わせたオリジナルの処方を行っています。。これらのパターンは、メンズヘルスクリニック東京をはじめとするヘアメディカルグループ全体で190万人を治療してきた実績から導き出されたものです(※)。
頭髪に関して不安をお持ちでしたら、メンズヘルスクリニック東京、あるいは頭髪を専門で扱うクリニックで診察を受けてみてはいかがでしょうか。

※1999年から2017年のヘアメディカルグループ延べ患者数

投稿:Dクリニック東京 メンズ

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事