この記事の監修者

医療法人社団ウェルエイジング
Dクリニック東京 メンズ

事務長 加藤 知久 (かとう ともひさ)

髪に関する美容業界を経て、1999年にDクリニック名古屋の前身である錦クリニックに入職。入職当時より事務長としてクリニック運営に尽力してきた。日本における発毛治療分野の黎明期からこれまでの変遷を知る。
数年前に住まいを名古屋から東京近郊に移し、Dクリニックの中で最大規模を誇るDクリニック東京 メンズ の事務長として、スタッフ教育、業務改善、接遇強化に取り組み、毎日さまざまな髪のお悩みを持つ患者さまに真摯に向き合っている。

高温多湿となる梅雨の時期は、頭皮トラブルを招きやすいシーズンです。洗髪やブラッシングの度に、抜け毛の量がすごい…と悩む方も多いかもしれません。今回は、梅雨に抜け毛が増える原因と改善策をご紹介します。

baseimage

梅雨に抜け毛が増えるのはなぜ?

梅雨に抜け毛が増える原因として、次のようなものが挙げられます。自身にあてはまるものがないか、早速チェックしてみましょう。

高温多湿により頭皮環境が悪化

梅雨は気温と湿度の両方が上がり、非常に蒸し暑くなります。それによって、頭皮の皮脂量が増えたり、雑菌が繁殖しやすくなったりします。そうした皮脂が毛穴に詰まったり、雑菌により頭皮に炎症やかゆみ、ニキビが発生したりすることで頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えると考えられます。

整髪料が頭皮に付着しストレスに

梅雨時期は湿気により髪の毛がまとまりにくく、チリチリしてしまいがちです。特に髪に癖がある人は、スタイリングにとても苦労する季節でしょう。そんな季節だけに、どうしてもワックスやスプレーといった整髪料を多く使いがちです。また、雨に濡れて整髪料が地肌まで流れ出す機会も、ほかの季節より多いでしょう。そうして髪や頭皮に整髪料が長時間付着し続けたり、洗い残しがあったりすることで、頭皮に毛穴詰まりや炎症が起こり、抜け毛が促進されてしまうのです。

梅雨時期の抜け毛の対処方法

梅雨時期の抜け毛に対しては、どのように対処すればいいのでしょう。手軽にできる対処方法をいくつかご紹介します。

帽子や日傘で紫外線を避ける

紫外線は髪や頭皮にダメージを与える要因となりますので、外出時は帽子を被りましょう。ただし、できるだけ蒸れるのを避けたいので、汗をかいたらこまめに拭き取り、帽子は通気性の良い素材の物を選ぶようにしましょう。女性なら日傘も重宝します。

頭皮に塗れる日焼け止めを使う

紫外線にさらされる機会が多い人は、髪や頭皮に日焼け止めを塗りましょう。髪の毛や頭皮にサッと吹き付けられるスプレータイプの日焼け止めも発売されていますので、ドラッグストアやバラエティショップでチェックしてみましょう。

シャンプーで頭皮を清潔に保つ

皮脂の分泌過剰や雑菌の繁殖などで頭皮の環境が悪化しやすい梅雨の時期だからこそ、きちんと洗髪をして頭皮を清潔に保ちたいものです。とはいえ、あまり強く洗髪しては、かえって頭皮にダメージを与えかねません。1日1回でいいので、指の腹を使って優しく丁寧に洗い、整髪料やコンディショナーをしっかり洗い流しましょう。洗髪後は雑菌が繁殖しないよう、ドライヤーで乾かします。頭皮のダメージが気になる場合は、温風ではなく送風で乾かしましょう。

整髪料が頭皮につかないようにする

ワックスを使う際は、手のひらに適量を取り、なるべく地肌にふれないように髪の毛先につけましょう。ヘアスプレーもなるべく地肌に届かないよう、15〜20cmほど離して噴射するようにします。また、雨で濡れると地肌に整髪料が付着しやすく、空気中のほこりや汚れもつきやすいので、折りたたみ傘を携帯するなどして、なるべく濡れるのを避けましょう。

どの対処法もそれほど手間はかからないので、気になるものがあれば早めに取り入れてみましょう。梅雨の抜け毛が薄毛につながってしまいそうで心配という人は、早めに頭髪専門の外来を受診しましょう。

相談無料

AGAは一人で悩まないでください。
薄毛が気になりだしたら、お気軽にご相談ください

個人個人で髪の悩みはさまざまです。同じような症状でも原因や治療方法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずにクリニックにご相談ください。AGAは早めの治療が効果的です。

関連記事

最新記事